カーシェアリング

Car sharing solution

人、街、社会に優しい交通を実現すること 所有から利用へ。
超小型電動自動車のシェアリングを推進する。

現在uprは豊田市で実施している超小型電気自動車(EV)を利用したカーシェアリング「Ha:mo RIDE 豊田」の運営を行っています。
豊田市では豊田市内に約50か所のステーションを設置し1人乗り電気自動車P・COM約120台を使用したワンウェイカーシェアリングを行っております。
電気自動車の電力は地域産の再生可能エネルギーを使用しております。

Registered cars登録車両

120

諸 元
名称 P・COM
乗車定員 1名
種別 原付ミニカー
最高速度 60km/h
1充電走行距離 50km程度(jco8類似モード走行による)

Registered users登録者

会員登録者数

6,180

利用回数

3,840回/月

(2018年度平均)

SDGsとよた再エネチャレンジ
  • 再生可能エネルギーの地産地消

    ラグビーワールドカップ2019™の開催にあわせて、豊⽥スタジアム、スカイホール豊⽥、とよたエコフルタウンに地域産の再⽣可能エネルギーを供給。

  • 環境価値(CO₂フリー)の地産地消

    地域産の再⽣可能エネルギーの「CO₂フリーの価値」を「グリーン電⼒証書」として⺠間事業者が購⼊することで、⾃動⾞の製造時や⾛⾏時などのCO₂の排出量を削減。

  • 市民参加による環境行動の促進

    次世代⾃動⾞を利⽤して、とよたエコフルタウンなどに訪れる市⺠に対し、とよたエコポイント等を付与することで環境⾏動を促進。

Green Power再生可能エネルギーの活用

100%再生可能エネルギーを使用

「Ha:mo RIDE 豊田」で運用している超小型電気自動車(EV)の年間使用電力は、「グリーン電力証書」システム(※1)を活用した、100%再生可能エネルギーです。

※1 風力、太陽光、バイオマス(生物資源)などの自然エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を、証書発行事業者が第三者認証機関(一般財団法人日本品質保証機構)の認証を得て、「グリーン電力証書」という形で取引する仕組みです。当社は証書発行事業者の一つである日本自然エネルギー株式会社より、「グリーン電力証書」の発行を受けています。

環境にもお財布にも優しいクルマ、僕も乗ってみたい!

TOPページへ戻る