パレットPALLET

パレット管理アウトソーシング

「パレットがなくなる」「パレットの管理の仕方が分からない」... お客様のお悩みをお聞かせください。 一貫型パレチゼーションやパレットプールシステムといった物流システムまで、 パレット事業のプロとしてuprが工場や流通センターなど 各所を巡るパレットの流れを一括で集約。 お客様のパレット管理の課題を解決し、手間を軽減します。

特徴

① パレット管理

uprはパレットのレンタル事業を主体に、パレットの設計、製造、販売、補修及びリサイク ル事業などを行なってきたパレットのスペシャリストです。これまで蓄積してきたノウハウ を駆使し、アウトソーシングを総合的にご提案します。

② パレットの追跡システム

パレットの紛失対策には、なんでも追跡システム「なんつい」を駆使して、流出原因の解明を図ります。

なんついの紹介ページ

メリット

① コストカット

弊社ノウハウを複合的にご提案し、コスト削減を図ります。 全体的な物流資材の効率的利用を可能にします。

② 管理精度の向上

なんでも追跡システム「なんつい」を駆使して流出等を改善。
コスト削減及び管理精度向上を図ります。

③ 経費の安定

豊富な商品ラインナップにより、不安定な資材調達に関する 経費の低廉化と安定を実現します

④ 人材の有効活用

管理・運用を社外に任せることで、物流資材の管理に携わっていた 人的資源の有効活用が可能となります。

アクティブRFIDを利用したパレット管理

アクティブRFIDパレット管理システム「スマートパレット®」

これまでパッシブタグやバーコードによる物流機材、パレットの管理の管理が試みられてきました。しかし、タグの通信距離が2~3mと短いうえに、電波を正確にキャッチすることができませんでした。そこで、ユーピーアールがNTTと共同開発した「スマートパレット®」によりそれらの管理ができるようにいたしました。

② アクティブRFID

「スマートパレット®」アクティブRFIDを利用しており

☑読取圏内⇒最大300m

☑同時個体認識⇒50,000個

☑読み取り率⇒100%

☑タグ電池寿命⇒10年

☑タグ識別ゲート設置不要

☑リーダー単体でデータ通信

と言った特徴があります。

スマートパレットの紹介ページ

メリット

①管理作業の負荷低減

アクティブRFIDを装着したパレットまたは搬送機器などの循環機材の所在・状況がWeb上で確認でき、機材不足に伴う物流停滞を未然に抑止し、円滑な物流運用をサポートいたします。

② 管理精度の向上

パレットまたは搬送機器などの循環機材の「拠点からの出庫時間」と「拠点への入庫時間」が記録され、人手を介さずに入出庫(受払い)が確認可能になるため、人によるミスが無くなり管理精度が向上します。

③ 全体での合理化

リアルタイムにパレット等の物流機材が「どこの拠点」に「何台ある」のかが、リアルタイムに確認ができるため、普段のパレット利用においても滞留抑制、紛失抑止、調達コスト削減等が可能になります。

④ パッシブ型RFIDとの比較

◯パッシブ型の通信距離は約2~3m

⇔アクティブ型の通信距離は約300m


◯パッシブ型はゲートやハンディターミナル等の専用機器を利用し、設置工事も必要な場合あり

⇔アクティブ型は専用リーダーのACアダプタ接続のみ


◯パッシブ型はヒューマンオペレーションを要する場合あり

⇔アクティブ型は受信圏内で自動読み取り


◯比較的狭い範囲を手動で識別するパッシブ型

⇔中・広域を自動で総数識別するアクティブ型

パレット管理のアウトソーシングフロー