マテリアリティ | 物流機器・輸送機器のレンタル | upr

マテリアリティ(重要課題)

ユーピーアールの価値創造

当社は、「豊かな社会インフラの構築をDXで実現し、循環型社会に貢献する」ことを目指し、物流の川上から川下までのあらゆる課題解決に取り組みます。

※「中期経営計画2025」につきまして、詳細はこちらのページをご確認ください。

マテリアリティの特定プロセスについて

【検討体制】マテリアリティついて協議会メンバーと2021年2月から検討を行い、サステナブル推進チーム事務局にて取り纏め、中期経営計画2025 (ver.2)と連動させて繰り返し検討し特定しました。

当社におけるマテリアリティの特定

中期経営計画2025 (ver.2)と連動させ、4つのマテリアリティを特定しました。

マテリアリティ社会課題目指す姿主な取組みESG
地球環境にポジティブな
影響を与える事業活動
気候変動
環境問題
地球温暖化
地球環境への負担低軽減となる事業活動・環境配慮製品、サービスの拡充による顧客提供価値の極大化

・事業活動で排出するCO2排出量の把握
E
B
社会のインフラを
シェアする
物流クライシス
働き方改革
長時間労働
2024年問題
人手不足
少子高齢化社会
ホワイト物流
人権尊重
過重労働
持続可能な社会を実現するための製品・サービス・仕組みを提供することにより、社会課題の解決に貢献する・パレットの利活用による、手積み手降しなどの物流ドライバーの重労働、付帯業務の軽減

・アシストスーツ活用による作業時の負担軽減

・輸送用機器の共同利用によるエコシステムの構築

・先端技術を活用した効率化、自動化による顧客への価値提供

・事業戦略(M&A、アライアンスなどを含む)による事業領域の拡大
S
B
人間尊重多様性
女性活躍
ダイバーシティ
人的資本
従業員1人1人が活躍し、豊かな生活を過ごせる環境を整える・安全と健康に配慮した職場づくり

・多様な価値観の従業員が活躍できる環境づくり

・個々のキャリア志向に応じた成長機会の提供

・人材教育の強化
S
企業基盤の強化ガバナンス
企業リスク
企業基盤強化と社会的責任の両立による、長期的な企業価値向上・コーポレートガバナンスの強化
 ①取締役会の実効性向上のための取組み
 ②サクセッションプランの制定

・ステークホルダーエンゲージメントの向上
G
問い合わせ