在庫管理をIoT化
uprのアクティブRFIDタグ

uprのアクティブRFIDタグを導入することによって
在庫管理・棚卸工数削減・資産の最適化に役立ちます

Product製品概要

uprのアクティブRFIDタグ
導入によって

  • 目視不要

    タグ自体が電波を発信するアクティブ型なので通信距離が長く、タグに近づく必要無く目視不要で情報を取得します。

  • 在庫確認自動化

    人的工数不要で瞬時にタグの情報を読み取り、リアルタイムの在庫情報が分かります。

  • 使用状況把握

    タグには振動センサ内蔵なので振動データを基に使用状況が把握出来ます。

在庫管理・棚卸工数削減・資産の最適化に役立ちます!

uprのアクティブRFIDタグ
の特長

市場流通数40万個

サイズ
H82×W42×D30mm
重量
約100g
防水対応
IPx7
使用範囲
-25℃?+60℃

What RFIDRFIDとは

=電波を用いて非接触でデータ
読み書きするテクノロジー

パッシブ型

バッテリーを持たずリーダーなど外部からの電波を動力源として稼働するものはパッシブ型と呼ばれます。
バッテリーレスなので価格は抑えられますが通信距離が短い事(数cm~数m)が特徴です。
ICチップ非内蔵であるバーコードやQRコードも物品管理には用いられますが、情報の伝達方法に大きな違いがあります。

アクティブ型 UPRのアクティブRFIDタグ

あまり知られていませんがRFIDには自らバッテリーを持ち電波を発信するアクティブ型もあります。アクティブ型は、パッシブ式に比べ通信距離が長い事(数十~数百m)、またセンサーなども内蔵する事が可能です。
物品に装着されたタグは離れたところまで情報を送信出来るので、人が直接読み取りに行く必要がありません。

uprのアクティブRFID パッシブRFID バーコード QRコード
読取距離 最大300m 数十cm?数m ?数十cm ?数十cm
複数同時読取 最大5万個
耐久性 IPx7 ×
通信上での遮薇特性(障害物・汚れ等の影響) × ×
コスト
移動体認識 × ×
自動読取 × ×

RFIDの比較:パッシブ/アクティブ

Systemシステムの主要機器

機材 アクティブRFIDタグ リーダー リピータ
機材 920MHz帯特定小電力無線局
ARIB STD-T108
国際標準化された周波数を利用しているため、日本以外の国々でもシステムの運用が可能。
920MHz帯特定小電力無線局
ARIB STD-T108
スマートパレット専用リーダー
920MHz帯特定小電力無線局
ARIB STD-T108
スマートパレット用リピータ
機材 82mm x 42mm x30mm 280mm x 280mm x 130mm
※アンテナ除く
※アンテナサイズ約200mm
H28mm x W105mm xD180mm
※アンテナ除く
※アンテナサイズ約205mm
重量 約100g 約3kg 約200g
機能 防水機能
10年間の長寿命バッテリー
通信モジュール装着可能
読取圏内最大300m
アクティブRFIDタグの電波をリーダーへ
中継送信する(読取り範囲を補完)

Diagramシステム構成図

取得したデータはリーダーからモバイル回線を使いクラウドへ送られます。
インターネット回線を使い、お手元のPCなどでいつでもご確認いただけます。

Flow導入の流れ

STEP.1導入検討(無償)

  • 1お問合せ

    まずはお気軽にお申込み下さい。導入のご相談は無償です。

  • 2利用方法のご提案

    ご利用状況やケースに合わせた利用方法のご提案をさせて頂きます。

  • 3テスト運用・評価

    ご提案した運用方法を実際にテスト導入して頂き検討・評価をして頂きます。

STEP.2本運用(販売のみ)

  • 1利用方法確定

    テスト運用で試して頂き実際に行う運用方法をご確定頂きます。

  • 2ご契約

    利用方法が決まりましたら本運用へ向けたご契約となります。

  • 3本運用開始

    契約が完了次第本運用の開始となります。テストから導入までスムーズに行えます。

お問い合わせはこちら