RFID

RFID RFIDとは

電波を用いて非接触でデータを読み書きするテクノロジー

RFID技術

Radio

無線

Frequency

周波数

IDentification

識別

Passive パッシブ型

バッテリーを持たずリーダーなど外部からの電波を動力源として稼働するものはパッシブ型と呼ばれます。
バッテリーレスなので価格は抑えられますが通信距離が短い事(数cm~数m)が特徴です。
ICチップ非内蔵であるバーコードやQRコードも物品管理には用いられますが、情報の伝達方法に大きな違いがあります。

Active アクティブ型

uprの
DXタグ

あまり知られていませんがRFIDには自らバッテリーを持ち電波を発信するアクティブ型もあります。アクティブ型は、パッシブ式に比べ通信距離が長い事(数十~数百m)、またセンサーなども内蔵する事が可能です。
物品に装着されたタグは離れたところまで情報を送信出来るので、人が直接読み取りに行く必要がありません。

 
読取距離
複数同時読取
耐久性
信号送信遮蔽特性障害物の影響
コスト
移動体認識
自動読み取り
電池作動
位置情報
その他
uprのDXタグ
最大300m
最大5万個
IPX7
最長10年使用
充電・取替不要
屋内外
温度・振動センサ内蔵
パッシブRFID
数十cm〜数m
-
-
タグ自体の価格は安価
バーコード
~数十cm
1つずつ (読取機次第)
-
-
×
×
-
-
様々な製品にすでに
記載されている
QRコード
~数十cm
1つずつ (読取機次第)
-
-
×
×
-
-
スマホで読み取り可能
LPWA
~数十km
-
×
屋内外 WiFi AP使用時
規格によっては
通信が有料
GPS
GPS電波範囲
-
×
屋外
屋内では読み取り困難

※弊社調べ

RFIDの比較

HFパッシブ 通信距離

情報の読み込みには近接する必要がある。
リーダーやスキャナーが高額

  • タグ単体の費用は安価。交通系ICや入退出管理に用いられるICカードに多い
  • 通信距離は数cm〜数十cmほど。

UHFパッシブ 通信距離

読み取り距離は少し伸びるが、読み取り精度はやや不安

  • タグ単体の費用は100円前後。ハンディリーダーでは長くて数m読めるが、張り付ける商品によっては数cm程度しか読めないことがある。またハンディリーダーによっては高額になる。
  • ゲートリーダーでは、貼付する商品によっては1mを確実に読むことができるが、出力をあげるとたまに5m以上離れたものまで読むことがある。ゲートリーダーも高額なものが多い。

自動認識だから、ミスや読み取り漏れを防ぐ!

uprのDXタグ 通信距離

読み取り距離は最大300m、長持ちして費用も長期的に見ると安価

  • タグの費用はパッシブよりも高価。しかし電池寿命最長10年を実現したため交換回数の削減につながる。
  • 通信距離が長く(最大300m)、1つのリーダーで同時個体認識約5万個を実現している。
  • 通信帯域は920MHzを採用し、WI-Fi等で使用される2.4GHzや5GHzと干渉を防ぐ。

System

System システムの主要機器

 
機材
通信規格
サイズ
重量
機能
DXタグ

920MHz帯特定小電力無線局

ARIB STD-T108

82mm x 35mm x 18mm
約55g

防水機能

最長10年間の長寿命バッテリー
【標準使用時】

DXリピータ(中継機)

920MHz帯特定小電力無線局

ARIB STD-T108

99mm x 57mm x 28mm
約70g

DXタグの電波をリーダーへ中継送信する(読取り範囲を補完)

限定したエリア内の数量管理を実現

リーダー

920MHz帯特定小電力無線局

ARIB STD-T108

280mm x 280mm x 130mm ※アンテナ除く
※アンテナサイズ約200mm
約3kg

通信モジュール装着可能

読取圏内最大300m

システム構成図

取得したデータはリーダーからモバイル回線を使いクラウドへ送られます。
インターネット回線を使い、お手元のPCなどでいつでもご確認いただけます。