コラム
IoTソリューション

COLUMN

   

コインパーキングの稼働率の平均は?計算方法や上げる条件も解説

コインパーキングの稼働率の平均は?
計算方法や上げる条件も解説

コインパーキングの稼働率の平均は?計算方法や上げる条件も解説

コインパーキングの稼働率の平均は20~30%

コインパーキング経営の利回りを高めるには、稼働率を上げることが大切です。コインパーキングの稼働率は、駐車時間をベースに考えるのが一般的です。

コインパーキングの稼働率は、以下の計算式で求めることができます。

コインパーキングの稼働率(%)=1日の駐車時間÷24時間×100

たとえば、1日の駐車時間が12時間の駐車スペースの稼働率は、12時間÷24時間×100=50%だとわかります。すべての駐車スペースの稼働率を平均することで、コインパーキング全体の稼働率(総稼働率)を求めることができます。

それでは、コインパーキングの稼働率の平均はいくらでしょうか。

立地によりますが、稼働率の平均は20~30%程度です。利回りを考える場合、コインパーキングの稼働率が40~50%程度あれば安心です。コインパーキング経営の利回りを高めるには、駐車スペースの利便性を高め、稼働率を上げることが大切です。

 

コインパーキングの稼働率を上げる4つの条件

駐車料金
コインパーキングの稼働率をアップさせるため、どのような取り組みをすればよいのでしょうか。コインパーキングの稼働率に関わる4つの条件を解説します。

お客様が入車しやすいレイアウト

コインパーキングの稼働率を上げるには、お客様が入車しやすいレイアウトを追求する必要があります。とくに重要なのが「出入口」です。出入口はなるべく広く取り、3.6メートル程度の幅を確保しましょう。

また、車室の幅は2.4~2.5メートル、奥行きは5メートル以上の幅が理想的です。お客様が駐車しやすいよう、ロック装置のないロックレスタイプのコインパーキングにするのも効果的です。

人目を引く看板

コインパーキングの「看板」も稼働率に大きく影響します。

コインパーキングの看板は、「遠くからでも駐車場の存在を認識しやすい」「見ただけで料金体系がわかる」の2点に注意し、お客様が見つけやすいデザインにしましょう。ただし、看板の変更には設備投資が必要なため、費用対効果の見極めが必要です。

合理的でわかりやすい料金体系

コインパーキングのトラブルで多いのが、「料金体系」に関するクレームです。コインパーキングの料金体系は、お客様がひと目で理解できるようなわかりやすいものに設定するのが最適です。

また、周辺に競合のコインパーキングがある場合、料金体系をチェックしましょう。他のコインパーキングよりも駐車料金が高い場合、お客様が利用してくれません。競合コインパーキングの動向もチェックしながら、料金相場に合わせた合理的な料金体系にすることも大切です。

違法駐車の対応などのスピード感

ゴミの不法投棄、違法駐車、車上荒らしといったトラブルが多発するコインパーキングは、お客様が気持ちよく利用できません。また、トラブルが発生したときの対応のスピード感も、お客様の印象を大きく左右します。

「定期的に巡回を行う」「遠隔監視システムを導入し、トラブル発生時に通知してもらう」など、お客様のアフターケアを意識した駐車場づくりが大切です。

IoT/ICTのお問い合わせはこちら

物流IoT、HACCP対応システム、温湿度管理やコインパーキング等の遠隔監視など
豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決します
ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

IoT/ICTのお問い合わせはこちら


 

ユーピーアールのサービスを導入するメリットとは

ユーピーアールではコインパーキングの遠隔監視サービスを提供しております。
ユーピーアールが提供するコインパーキング遠隔監視システムでは、点在する駐車場の状況(売上・満空状態・機器異常)をクラウドシステムで一括管理できます。無線はセキュアな閉域網を利用し、遠隔からの制御により、フラップ版操作、後精算処理等なども可能になります。また、売上状況を曜日別・車庫別・時間帯別に分析を行う統計計画面も兼ね備えております。

サービス導入によるメリットは以下のようなものが考えられます。

クラウド型で一括管理

クラウド型システムなので、点在した拠点の情報をリアルタイムに一括で管理可能です。機器の金額設定変更もクラウド経由で行うことができます。

レポートデータの取得

売上情報の履歴から、車庫×時間帯、曜日×時間帯等の売上分析をブラウザ上に表示可能です。

アラート設定

警告情報をリアルタイムに通知します。釣銭切れやビルバリの異常などの機器状態に加え、逃避の警告も通知します。

精算機器設置時設定もクラウドから

レポートデータや、TOP画面で見せたいデータ等それぞれの運用に合わせて自由に画面をカスタマイズいたします。

 

ユーピーアールが提供するサービスの導入事例

ユーピーアールのコインパーキング遠隔監視サービスを導入いただいた企業様の事例では以下のような効果がございました。

故障検知によるスピーディーな対応

これまで巡回でしか把握できなかったコインパーキングに利用される機器の故障がリモートで監視可能に。かつ、アラートによってこれまで以上にスピーディーな対応ができるようになったことで、顧客満足度の向上と車室稼働率アップが実現されました。

空満・売上分析による差別化と稼働傾向把握

自社のコインパーキング売上状況をリアルタイムに把握できることで近隣駐車場との差別化を実現。さらに、過去の空満・売上情報を基に、拠点毎の稼働傾向などを把握できるようになったため、それぞれに合わせた運用・戦略が立てられました。

巡回回数削減によるコストカット

巡回回数が激減したことで、J社様自身の負担が軽減。さらに、今後さらにコインパーキング事業を拡大した場合にかかるであろう人件費を未然に抑えられるシステムが導入できました。

不正・犯罪に対しての迅速な対応

精算機で起こる不正解除や車両の乗り捨てをすばやく検知できるようになり、顧客満足度やコインパーキングの稼働率が向上。不正・犯罪への防止効果に加えて、運営自体の質が高まりました。

【コインパーキング遠隔監視システムの導入事例】

 

ユーピーアールのサービス導入までの流れ

コインパーキングの遠隔監視システムを導入を検討される際には、お気軽にお問い合わせください。
【uprお問い合わせフォーム】
お問い合わせいただきまして、ユーピーアールの営業マンよりご連絡させていただきます。その際に貴社の運営する駐車場の状況(ゲート式、フラップ板式等、どのような精算機をご利用されているか)や貴社が実現したい内容などをお伝えください。
是非お気軽にお問い合わせ下さい!

 

コインパーキングの稼働率の平均を知り、稼働率を上げる工夫を

コインパーキングの車室の稼働率は、1日あたりの駐車時間を24時間で除算することで求められます。コインパーキングの稼働率の平均は、立地によりますが20~30%程度です。コインパーキングの稼働率は、駐車場経営の利回りに大きく影響します。

パーキングロットのデータを分析し、稼働率を平均よりも低い場合は、コインパーキングの稼働率を高める工夫が必要です。コインパーキングの稼働率に関わる条件は、「お客様が入車しやすいレイアウト」「人目を引く看板」「合理的でわかりやすい料金体系」「違法駐車の対応などのスピード感」の4つです。

コインパーキングの稼働率を分析し、稼働率を上げる取り組みをしましょう。

その他のコラム

HACCPの読み方や正式名称について

HACCPの読み方や正式名称について

詳しく見る

HACCP義務化の罰則について

HACCP義務化の罰則について

詳しく見る

HACCPのCCPとは?

HACCPのCCPとは?

詳しく見る

温度管理とは 食品衛生管理における重要性を解説

温度管理とは 食品衛生管理における重要性を解説

詳しく見る

HACCP(ハサップ)義務化を徹底解説

HACCP(ハサップ)義務化を徹底解説

詳しく見る

~SERVICE~ 関連サービスの御紹介

  • モノならなんでも追跡システム【なんつい】
  • IoT/M2Mプラットフォーム【UPR OCEAN】

サービス一覧

IoT/ICTのお問い合わせはこちら

物流IoT、HACCP対応システム、温湿度管理やコインパーキング等の遠隔監視など
豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決します
ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

IoT/ICTのお問い合わせはこちら

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

ご導入の流れ

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > IoTソリューション > IoTコラム > コインパーキングの稼働率の平均は?計算方法や上げる条件も解説