IoT活用による安心・安全の見える化

IoT Solution

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > サステナビリティ > S(社会) > IoT活用による安心・安全の見える化

安心・安全・衛生への意識が高まるなか、食品や医薬品等をはじめとする、あらゆるモノの適切な状態管理が一層重視されています。
当社はレンタルパレットの紛失問題を解決するため、追跡や遠隔監視の技術を培ってきました。これらのノウハウを応用し、食の安全やトレーサビリティを守るソリューションを提供することで、廃棄ロスなどをはじめとする社会課題の解決を目指しています。

食の安全を守るUPR HACCP

HACCPとは?

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point:危害分析重要管理点)とは、食品等事業者自らが、食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握し、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程において、危害要因を除去又は低減するために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。
2018年6月に食品の製造・加工・調理・販売などを行う全事業者に対してHACCPを義務化する「改正食品衛生法改正案」が可決され、HACCPに沿った衛生管理が2021年6月より完全義務化されました。

「UPR HACCP」で衛生管理をサポート

レストラン、総菜やお菓子などの小売店、ホテルなどの宴会場、アミューズメント施設、介護・給食現場など、食に関わるすべての事業者に対し、衛生管理計画の策定、計画に基づく日々の衛生管理実施、実施結果の記録といった、より高品質・衛生的な管理体制の実現が求められています。しかしながら現場では人手不足の中、HACCP対応の作業量の多さや複雑さが課題となっていました。

当社は一般飲食店・外食事業者の衛生管理をサポートし、衛生管理計画の効率的・効果的な実施を可能にするシステム「UPR HACCP」を開発、提供しています。

「UPR HACCP」の特徴
  • 標準テンプレートを用い、必要なチェック項目を記録・保存することで、簡単に衛生管理のスタートが可能
  • シンプルで少ない操作ステップや見やすい画面設計で、タブレットやスマホから操作が可能
  • 紙媒体への記録をせずに済み、担当者同士の非接触化を推進
  • 店舗管理者向け機能が充実
関連ページ

トレーサビリティ向上 Improving Traceability

トレーサビリティとは?

トレーサビリティとは、製品やサービスが製造され、消費されまでのプロセスを追跡する品質管理方法です。製造業をはじめ、自動車、電子部品、医薬品、食品などさまざまな業界で、生産管理や品質管理の効率化のために行われています。

例えば高額医薬品を取り扱う際、製品の性質によっては常時適切な状態管理が求められる場合があります。そのような製品を輸送・保管する際は温度などの状態を観測する機器が取り付けられます。機器に通信機能がない場合は、事後的にログから状態変化の有無を確認しますが、リアルタイムな把握ができずに異常値に近づいた際の対応が遅れてしまい、医薬品廃棄ロスにつながるという課題が発生していました。これは医療機関のコスト増や、ひいては社会保険料の上昇にもつながる恐れがあります。

「なんつい」でモノの状態を見える化

当社の開発した「なんつい」(なんでも追跡ソリューション)は、輸送品をはじめとするあらゆるモノや施設・設備に取り付けることで、位置情報(現在地および移動履歴)・温湿度・衝撃の有無を、Web上でリアルタイムに把握できるIoT端末です。
あらかじめ設定した異常値観測時には自動的にアラートを発信することで、ユーザーが異常にいち早く気づき、適切な対応を講じることができます。これにより、対象物の状態・品質保全を可能とし、廃棄ロスの未然防止につなげることができます。

「なんつい」は、高額医薬品や病理検体の温度管理輸送のほか、輸送用トラックの動態管理、コンテナシャーシの所在位置管理、生鮮食料品の鮮度管理輸送などにも活用されています。

なんつい「NAX-02G」
関連ページ