スマートパレット導入事例

CASE STUDY

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > スマートパレット > 導入事例 > 【食品製造】拠点間輸送パレットの受払管理、棚卸に活用

【食品製造】拠点間輸送パレットの受払管理、棚卸に活用

導入商品
スマートパレット

荷動きが激しいパレットでも、
オペレーションレスで拠点内入出ロスなく
自動把握、機材棚卸の省力化に繋がった。

当初のお悩み

【日々の入出庫が多く、帳簿による管理が杜撰に・・・】

●日々の入出庫が多く、パレットの帳簿管理運用に限界を感じていた
●繁忙時期は特に帳簿更新遅れや不備など管理が杜撰になりがちだった
●パレット棚卸を実施する機会が殆どなく、実数差異に気づけないまま運用していた

導入後の主な効果

【実数管理の自動化により、利用回転が向上】

●日々のパレット受払、実数情報が自動収集され、帳簿数と差異が発見し易くなり、
  早期に確認・対処が取り組めるようになった
●拠点間の流通状況が可視化され機材返却意識が高まり、結果利用回転向上に繋がった
●棚卸においても積載製品カウントに注力できるようになり、トータル時間が短縮された

  • 管理・実数差異の早期発見
  • 停滞期間短縮・回転向上
  • 機材実数確認
    棚卸作業の省力化

その他事例

鋼製パレットにアクティブRFIDタグを搭載し、工場から物流センター、建設現場までの一貫した製品輸送を自動管理

詳しく見る

カゴ車の入出庫を自動管理し、運用効率の向上と引っ越し荷物の保管状況可視化を実現

詳しく見る

パレットの動きを監視し、正確な輸配送と某市場内の作業効率化を実現

詳しく見る

スマートパレット導入事例