物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > パレットの標準サイズは?材質の種類も解説

パレットの標準サイズは?材質の種類も解説

パレット
物流コラム

パレットとは荷物を載せるための荷役台。物流を足元から支える縁の下の力持ちとして、パレットは物流現場の効率化に貢献してきました。スノコのような形状のデッキボードに荷物を載せ、「差し込み口」にフォークリフトのツメを差し込めば持ち上げることができ、荷役・運搬・保管の現場で日々使われています。

 

パレットの材質・種類

木製パレット

世界中で最も多く使用されているのが木製パレットです。他の素材と比較して価格が安く、比較的積荷がすべらない、補修が簡単なメリットがあります。

 金属パレット

金属製のパレットは鋼鉄やアルミ材が主流です。強度、耐久性、造形などの点が優れ、様々な形状のものがあります。

 プラスチックパレット

プラスチックパレットの素材はポリプロピレンとポリエチレンが主流となります。加工技術により、軽さと強度が両立しており、着色自由で、耐水性、衛生的という点で優れています。

 紙パレット

軽量な紙パレットは、造形が容易で短納期などの点が優れています。ワンウェイの輸送用として使用されることも多く、リサイクル面で優れています。

  

一般的にパレットは荷台タイプの平パレットのイメージが強いのですが、様々な種類のパレットがあります。

 

平パレット

上部構造物のない差込口をもつ、最も多く流通しているパレットとなります。

 ボックスパレット

3面または4面の側板(網目、格子状などを含む)を装着した立体的なパレット。取外し式、折畳み式、固定式のタイプがあります。部品などの工業製品を運搬されることが多く、近年では網目の側板を持ったボックスパレットを農産物の産地から加工工場まで輸送される事例が多くあります。

 ロールボックスパレット

車輪付きのボックスパレットがロールボックスパレットです。カゴ台車とも呼ばれています。物流センターからスーパーマーケットなど小売店までの輸送する際に多く利用され、店舗のバックヤードでロールボックスパレットに荷物を載せたまま保管することもあります。

 ポストパレット

支柱をもつパレットです。荷物を載せたまま運ぶことや段積みができ、パレットとラックの機能を併せ持ちます。

 シートパレット

特殊クラフトのシート(紙)を素材に用いたパレットです。木製パレットより安価なケースも多く食料品、化学品、医薬品、家電製品など、幅広く導入されています。

 サイロパレット

穀物用サイロのような形状をしたボックスパレットです。穀物や飼料など、紛粒体のものに使用され、密閉状の側面とふたをもち、下部に開閉装置があります。

 タンクパレット

液体状の物を輸送する際に用いるパレットです。金属枠にブロー成形容器が載り、工業危険物薬液の化学薬品や食品用溶液まで充填することができます。

 ポストパレット

支柱で組まれたパレットです。布のロールやフィルム等の輸送に適しています。

 

パレットのサイズの種類

日本のパレットは1970年、1100×1100×144mm T11型パレットがJISJapanese Industrial Standards)の「一貫輸送用平パレット」に規格化されました。その名の通り「イチイチ」と俗称される<標準サイズ>のT11型の使用率は日本全体のサプライチェーンの3割に過ぎません。業界によっては異なるサイズを標準パレットに位置付けていることもあり、日本国内では業種ごとに100種類くらいのサイズがあると言われています。

 

同じサイズのパレットを利用できないと、サプライチェーン上の工場・物流センターなど各プレイヤー別々に管理する必要があります。トラックへの積載枚数も異なり、自動倉庫やラックなどによる保管も最適化することはできません。

 

アジアを例によると、日本と同じT11型を標準パレットに定める韓国は約5050、中国はT12(1200×1000 mm)が最も多く出回る中国は標準サイズ以外が75%を示しています。欧州では1200×800 mmが欧州統一サイズとされ、オーストラリアでは1165×1165 mm1120×1120 mmが主に利用されています。日本のようにさまざまな業界に横串を通したプールパレットが普及していない国もあります。

 

物流を円滑に遂行するにはサプライチェーン全体を統合する必要があります。その最も端的な例、パレット積みのまま発地から着地まで同じパレットで輸送する「一貫パレチゼーション」です。各輸送機関の結節点においてフォークリフトで荷降ろしすることができるため、荷役作業の大幅削減を実現します。近年、問題となっているドライバー拘束時間圧縮にも大きく貢献し、ドライバー不足にも対応できます。段ボールから再利用可能な通い容器(折りたたみコンテナや鉄コンテナに切り替えることで、資材費の削減も期待されています。)

 

さらなるパレット化を進めるには、パレットサイズの統一化が求められています。現状では農産品の生産者団体が用いる段ボール等の輸送容器サイズがパレット化を想定されていないため、パレット積載時にデッドスペースが生じ、積載効率の低下を招いていることもあり、集出荷施設の集約化やマテハン機器の更新等の時機を捉えて、段ボール等の輸送容器のサイズをパレットに合ったものに対応させていく必要があります。

 

農林水産省・経済産業省・国土交通省の3省が平成30年度の推進した農産品物流対策関係省庁連絡会議の報告書では、「パレット化による省力化の推進」として、以下のように記されています。

 

パレット化による省力化の推進

パレット化の推進にあたっては、回収管理の問題と、積載効率の低下による問題が大きな障害となっているが、このうち前者については、RFID 等の情報機能を有するパレットレンタルシステムにより、ワンウェイ利用の実現と適切な回収管理を実現することで、普及・拡大を図る。

積載効率の低下については、容積勝ち商品と重量勝ち商品の適切な組み合わせや、段ボール等の輸送容器のサイズの見直しまで立ち入った改善を図ることで、可能な限り積載効率の低下を抑制するとともに、パレット化による荷役時間の短縮やこれに伴うコスト削減(手荷役を継続した場合の将来的なコスト上昇も含む)の効果を明確化し、各関係主体による適切なコスト負担のあり方について合意形成を図る。

 

まとめ

手積み手卸しの荷役作業から解放される、ホワイト物流の切り札ともいえるパレットですが、国内で5億枚が流通していると言われています

 

生産と消費のニーズを経済原則に即しながら、最適な状態に調和させ、結びつけていくのが物流の役目です。生産工場で生産された商品が倉庫あるいは配送センターへ、さらに卸業へと流れる過程にあって切れ目をなくし、工程間をつなぐ技術でもあります。

 

そのつなぎの媒体となるのがパレットです。今後、東南アジア、ASEANで国をまたがった一貫パレチゼーションが進むと言われています。