物流コラム

INFORMATION

カゴ台車・ロールボックスパレットの種類とは?特徴やメリット・デメリットを紹介

パレット
物流コラム

柵で3方を囲まれた”かご形状”のキャスター付きパレットが「カゴ車」「ロールボックスパレット」です。カゴ台車、カーゴ台車、カーゴテナーとも呼ばれています。

食品を扱う物流センターではラック(棚)代用品として、カゴ車・ロールボックスパレットに商品を保管することができ、ピッキング作業後は商品をカートンや折りたたみコンテナに積載したまま、おアワーゲート(車両後部に装着して使用する昇降機)を介してトラックに積むことができます。トラックからの荷下ろし後、店舗のバックヤードまで積替えなしで搬送できるため、収納と運搬を一台でこなすことが可能です。

カゴ台車・ロールボックスパレットとは

カゴ台車・ロールボックスパレットとは、網状または格子状のスチール製の枠で覆われた、カゴ状の容器にキャスター(車輪)を装着した運搬用の台車を指します。一般の台車と異なり、荷物を高く積み重ねることができるため、荷崩れせず安定した状態で搬送ができます。

物流センター、倉庫への仕分け場で積載され、一時保管を経てトラックへの積み込み、店舗までの搬送シーンで多く使われています。店舗到着後もバックヤードまでキャスターを使って移動、保管され、店内でカゴ台車のまま陳列することも多数あります。

カゴ台車・ロールボックスパレットの種類

ゴ台車・ロールボックスパレットの形状には、左右に開く扉が付いている「観音扉タイプ」、3方向を格子または網状に囲われた「標準タイプ」、折りたたみができる「L字タイプ」「I字タイプ」があります。また、材質や折りたたみ方法、間口の仕様など、いくつかの種類があります。

左右に開く扉が付いているタイプ

四方を格子または網状に囲われ、左右に開く扉が装着する「観音扉タイプ」では、背の高い荷物、大きな荷姿の荷物も入れることができます。搬送中は扉を閉めるため、荷崩れの可能性が低くなり、安定した輸送が可能となります。

また、セキュリティタイプとして、鍵を掛けることや上部も格子などで覆われているものもあります。

方向を格子または網状に囲われたタイプ

3方向を格子または網状に囲われた「標準タイプ」は、段ボールなどを重ねて運ぶ際によく使用されます。貨物の荷積みや下ろす際には便利ですが、搬送中に段差や坂などがあった場合には、格子のない側面から荷物が崩れてしまうこともあります。

L字折りたたみタイプ

カゴ台車・ロールボックスパレットは折りたたみ方でタイプが異なります。

「L字折りたたみタイプ」は荷物を載せていない状態、つまりトラックの非積載時に移動や倉庫などで保管中、L字型に折りたたむことができます。底板を持ち上げ、右側の側面を折りたたむことでL字型になりますので、コンパクトに保管できます。

I字折りたたみタイプ

また、「I字折りたたみタイプ」はL字折りたたみ型と同じ機構となりますが、底板を持ち上げ側面を左右ともたたむことでI字型となるタイプです。使用しない時は、L字タイプの折りたたみ時より小さくなるため、保管効率がより高まります。取り回しが楽で連結する場合の利便性

カゴ台車・ロールボックスパレットのサイズ

カゴ台車・ロールボックスパレットは、形状や保管効率、天板の素材やサイズ感などさまざまなタイプがあります。どのような荷姿の貨物を運ぶのか、貨物性質や用途に合わせて適切なサイズを選択するとよいでしょう。

・幅1100×奥行800×高さ1700mm
このサイズはJIS Z 0610で規定されているタイプで、もっとも流通しています。

ほかに、以下のようなタイプもあります。
・幅950×奥行800×高さ1700mm

・幅800×奥行600×高さ1700mm

・幅850×奥行650×高さ1570mm

高さを優先するのか、奥行きを優先するのか、積載する貨物で選ぶと良いでしょう。積載重量は最大500㎏までの仕様が多くなりますが、JISでは300㎏、1t,1.5t、2tまで規定されています。耐荷重ぎりぎりの重量で使用を続けると、キャスターや底板が傷むのが早くなるばかりか、人手で搬送することも考える際の負担もありますので、荷物の重量には余裕をもっての使用をおすすめします。

カゴ台車・ロールボックスパレットのメリット

ロールボックスパレットは、台車(移動)とパレット(保管)の機能を合わせ持つ物流機器です。

荷崩れしにくい

柵で覆われているため、積み重ねた商品を荷崩れせずに搬送することができます。

軽い力で搬送できる

キャスター(車輪)付きのため、本体を押す・引く作業は重量が大幅に軽減され、重量によっては女性の作業員でも運ぶことができます。

大量積載できる

底板(鉄)上に中間棚を設置すれば、任意の段数を確保でき、重い商品は下の段にまとめることで安定します。また、保冷カバーでロールボックスパレットを覆えば、外気にさらされることなく輸送できます。

折りたたみができる

一般的なカゴ車・ロールボックスパレットでは①サイドバーを外し、②底板を上げる、③サイドフレームをたたむことで、折りたたみが完了します。使用しない際にはL字型の形状の約1/4になるため、まとめてネスティングすれば、省スペースで保管できます。トラックの荷室でも同様、折りたたむことで収納率がアップします。

カゴ台車・ロールボックスパレットのデメリット

荷役作業など、物流現場で大きな省力化をもたらすカゴ台車・ロールボックスパレットですが、一定の条件や制約も見られます。具体的にデメリットを見てみましょう。

トラックへの積み込み

一番の大きな制約は倉庫からトラックへの積み込みです。トラックにテールゲートリフターやテールゲート昇降装置などがトラックに積載されていない場合、人力で持ち上げるのは非常に困難です。逆にトラックからの積み下ろしの際も、昇降装置が必要となります。

また、物流センター側にトラックの荷台とセンター床の高低差を調整する「ドックレベラー」を導入することで積み込みに対応できますが、設備コストが増加します。これらコスト的な面が最大のデメリットと言えるでしょう。

積載効率

また、カゴ台車・ロールボックスパレットに荷物を載せた状態でトラックに積み込む際、段ボールや袋に入った荷物の手積み(バラ積み)比べると、積載効率が低下してしまいます。車両に積載できる台数は決まっており、車両への積載効率低下という面も発生することもデメリットとなるでしょう。

積載が適していない貨物

カゴ台車・ロールボックスパレットへの積載が適していない貨物があります。例えば袋状のものや積み重ねることができないものではムダな上部空間が発生してしまいます。

近年、労働災害が多数発生しており、その約4割がモノの下敷きとなる事故でした。カゴ台車・ロールボックスパレットに限定していませんが、キャスター付きとはいえ、重量物を引っ張る、押すという動きは慣れが必要です。新人スタッフの教育プログラムに加えて見ると良いでしょう。

最適なカゴ台車・ロールボックスパレットを選ぶポイント

カゴ台車・ロールボックスパレットを選ぶポイントは、積載する貨物の荷姿や重量だけではなく、保管効率・運搬効率を考慮することも大切です。天板の材質をはじめとする機能性とメンテナンス性も重視すると良いでしょう。

保管効率・運搬効率を考慮する

カゴ台車・ロールボックスパレットは、運搬と収納の一台二役をこなすツールです。一般的によく流通されているのはL字型折りたたみタイプです。同タイプは運搬中の荷物の落下を防ぐ扉付き、使用しないときは底板を上げ、側面を閉じることができます。L字型に3方向が囲まれている時よりもスペースをあけることができます。

折りたたみ時の保管効率で選ぶ場合は、I字型タイプを選択肢に入れるとよいでしょう。使用しないときは底板を上げて左右の側面を閉じることができ、倉庫などで保管する際にスペースを圧縮することができます。

天板の材質が環境に合っているかを確認する

天板の材質で、機種を選ぶこともあります。天板の材質は大きく分けて、ステンレス製、プラスチック製の2種類あります。

ステンレス製の天板は耐水性、防錆性に優れています。そのため、湿度や水、汚れなどに強いことが特徴で、過酷な現場で使用される食品などの運搬に向いています。

プラスチック製の特徴は軽量で静か、サビに強く耐候性能に優れています。搬送の際、比較的楽に運べ、重いものや固いものなど、音が響きやすいものに適しています。逆にステンレス製のカゴ台車・ロールボックスパレットより耐久性は落ちるため、日常的に運搬をするようなシーンではコストパフォーマンス的にもステンレス製品を選んだ方が無難です。搬送時の騒音を和らげることもプラスチック製のメリットとなります。

カゴ台車・ロールボックスパレットの点検方法

カゴ台車は丈夫に作られていますが、動かしながら使うものなので傷や歪みは多くなります。特にキャスター周りは安全に直結する重要な部分ですので、定期的な点検されたほうが良いでしょう。

点検のポイントとして、
・キャスターがぐらついていないか
・キャスターのストッパーはしっかり機能しているか
・キャスターのゴムが摩耗してないか

キャスターの多くはボルトで固定されているため、交換することができます。点検で不具合が発覚した場合、安全のためすぐにキャスター交換されることをオススメします。

UPRのレンタルパレットサービスについて

サイズはJIS11型から14型、仕様はプラスチックパレットや木製パレット、保管効率を上げるネスティングラック、カゴ車など多種多様なレンタルアイテムを取り揃えお客様の様々なニーズにお応えします。

全国13ヶ所の営業所で地域密着型のきめ細かいサービスをご提供。また、パレットの保管基地であるデポを全国170ヶ所に配備し、急な需要にも、整備された良質なパレットをご提供致します。弊社デポとご利用先が近いとレンタル時、返却時の輸送コスト削減にも繋がります。

まとめ

カゴ台車・ロールボックスパレットは、収納と運搬をこなす一台二役の役割を持つ物流機器です。

倉庫からトラックを経由して、別の倉庫や店舗などに到着するまでの全行程において、カゴ台車・ロールボックスに荷物を載せたまま、運搬することができます。倉庫内や店舗内での保管用機器としても利用することができるほか、店舗内での運搬・品出しにも使用できます。

運輸・倉庫・食品関連業を中心に多くの現場で活躍していますので、導入を検討してみるのはいかがでしょうか。


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > カゴ台車・ロールボックスパレットの種類とは?特徴やメリット・デメリットを紹介