物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > フォワーダーとは【物流用語】

フォワーダーとは【物流用語】

パレット
物流コラム

フォワーダーとは

フォワーダーとは、自らは輸送手段を持たず、船舶・航空機・トラック・鉄道(JR)などを用いて、荷主と直接契約して貨物輸送を行う事業者のことです。自ら輸送手段を持って輸送する事業者はキャリアといいます。

法律上でフォワーダーは「利用運送事業者」と定義され、貨物利用運送事業法の規制を受け、下記の種類があります。

1)非船舶運航業者

自ら海上運送を行う船舶を運航しない貨物運送人。貨物の実運送人に対しては荷送人として貨物の運送を依頼します。

2)ブローカーなど

自己の名で運送契約の取り次ぎを行いますが、運送契約の当事者にならないため、荷主に対して運送人としての責任は負いません。

3)混載業者

荷主から通常の運賃や割引運賃で小口貨物を請負い、小口貨物を仕向地ごとにまとめて大口貨物として実運送人に引き渡します。

4)国際複合一貫運送業者

船、航空機、鉄道トラックなどの輸送手段を組み合わせ、運送契約を一本化したのが複合一貫輸送です。

5)インテグレーター

保有する航空機で運航することにより陸上輸送業者(トラック運送など)としての業務と航空輸送業者(航空会社)としての業務を統合、荷送人の住所から荷受人の住所までドアツードアの国際複合輸送を引き受けます。

従来フォワーダーとは運送取次、航空代理店業、海運仲介業などを指していましたが、現在は物流業務をトータルコーディネートする付加価値の高いサービスを提供することが求められるようになりました。