物流コラム

INFORMATION

折畳みコンテナの魅力

パレット
物流コラム

物流現場の「通い箱」として活躍する一方で、折りたたみが可能なため、未使用時には保管スペースや返送時の輸送コストを削減できる輸送容器が折畳みコンテナです。コンテナというと船や飛行機などの国際貨物輸送用として思われがちですが、さまざまなユーザーの用途に対応できます。

折畳みコンテナ・ボックス」の魅力・メリットについて

折畳みコンテナは主要部分を折りたたみ、分解ができるプラスチック製コンテナ=略称「オリコン」といいます。循環型ボックスとして、工場間や物流センター間、物流センターから店舗までを行き来する通い箱として用いられているほか、物流センター内では荷物をピッキングしてから段ボールに梱包するまでの容器としても活用されています。

積み重ねができるため、保管効率向上も実現します。未使用時に折りたたむことで、保管スペースを約1/4にまで縮小でき、帰り便トラックの荷室確保にも有効です。

段ボールのように段積みしても箱が潰れず、リターナブル使用ができるため、環境負荷や荷受け側の段ボール排出負荷を軽減します。

農作業だけではなく日常生活でも大活躍する

農作業では収穫した作物を保存するためのケースとしても普及していますが、実は日常生活でも幅広く使われています。子どものおもちゃ、衣類の収納から、丸洗いできるため食品や調味料入れにも最適。カラーも豊富に用意されているため、用途別に使い分けられることもできます。

また、縦に置くことで棚代わりに使え、簡易のイスやテーブルとしても活用できます。おしゃれなデザインも増え、インテ
リアアイテムとしても人気があります。

折畳みコンテナの選び方

内容量は10リットルから100リットルを超えるものまで、材質もオールプラスチック製、ラベルの糊残りの低減や剥がし易さを考慮したラベル剥離台及びシボ面を採用したものまで、幅広くラインナップはされています。

JR貨物の5トンコンテナ(19D形)を模して、エンジの特注色に白文字でJR貨物のロゴマークをあしらったもの、自衛隊カラーを採用した無骨なミリタリーデザインのコンテナ(50リットル)など、マニア向けも多数販売されています。

また、ふたの有り無し、取っ手付きでスムーズに持ち運びできるタイプもあり、キッチン周りからアウトドアまで使うことができそうです。

記事まとめ

物流現場だけではなく、今や家庭やアウトドアなど、さまざまな現場でオリコンが活躍するようになりました。物流発の便利アイテムとして、オリコンはこれからも進化していきそうです。