物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > アソートとは?業界で異なる意味を解説【物流用語】

アソートとは?業界で異なる意味を解説【物流用語】

パレット
物流コラム

アソートとは

アソート(Assort)とは詰め合わせの意味でとなりますが、物流業界では倉庫、物流センターで、商品を入荷や出荷する際に指定された通りに仕分けを完了させ、組み合わせて梱包することを意味します。

アソートの「ソート」は「sort」=分類するという意味があり、そこに「as」と過去形を表す「ted」を付けることで「アソート」とされています。これらの言葉を組み合わせることで「分類した」という意味で使われています。

「アソート」は動詞の「assort」が元となり、名詞型が「assortment」、形容詞型が「assorted」になります。カタカナ語ではどれも「アソート」と表記されているのであらゆる形で使われます。実際の使われ方を見ると動詞も名詞もありますが、業界別にさまざまな意味で使い分けられています。

業界別のアソート

(1)物流業界

アソートという言葉はご紹介した通り、詰め合わせという意味ですが、物流業界では物流の「アソート作業」は、近年ネット通販などの物流現場での同梱作業として使われています。入荷した商品を指定された保管場所に分類を行い、出荷の際には指示されたピッキングオーダー通りに複数の商品を組み合わせ、最終的に梱包することがアソート作業にあたります。

(2)アパレル業界

アパレルでは商品の品ぞろえ、つまり商品構成を「アソート」と呼びます。ブランド、サイズ、デザイン、柄、色、素材、価格などを中心に、顧客のニーズにあった商品を選んでいき、どのようなアソートにしていくのかを決めます。

(3)スノーボード

さまざまな色やタイプを選ぶことができるスノーボードでは、ECサイトで購入する際、「ソールカラーはアソートとなります」と断り書きされていることが多くあります。この意味は、見本の写真と色が反転したソールで届ける可能性があるということとなります。ソールの基材を打ち抜いて、2色組み合わせてスノーボードのソールを作る場合、抜いたパーツを組み合わせて作ることがあるため、色が反転した2種類のソールが作ることができます。材料を無駄にしないためのソールの「アソート」となり、ユーザーにはどの色のボードが届けられるかわからないための断り書きとなります。

(4)お菓子業界

お菓子業界のアソートは商品の「詰め合わせ」という意味になります。複数のお菓子を多数集めて詰め合わせたもので、パックの中身は自社製品のみの場合や、他社の商品を仕入れて詰め合わせにすることもあります。お菓子業界ではアソートを形容詞として使って「アソートパック(詰め合わせの包み)」といったり、名詞形にして「アソートメント(詰め合わせ)」と呼ぶこともあります。

アソートピッキング

物流業界ではアソートとピッキングの関わりは深く、ピッキングリストや作業員が持つハンディターミナルなどに表示された商品名・数量を正しく集めないとアソート(荷揃え)することができません。アソートの前段階となるピッキングは大きく、「摘み取り方式」、「種まき方式」の2種類の手法に分けられています。

(1)「摘み取り方式」

発送先毎に、商品を集める方法です。「シングルピッキング」、「オーダーピッキング」とも呼ばれています。出荷する数は少なく、発送先が多く、多種多様な商品を出荷する場合に採用されるものです。少量多品種に最適です。

(2)「種まき方式」

第1仕分けとして、出荷する商品をバッチ単位などでまとめてピッキングしておきます。その後、荷さばき場などで発送先別に分ける(第2仕分け)、2段階でピッキングを行う方法です。「アソート式」とも呼ばれ、少ない納品先に対し、少ない品数を出荷する場合に有効です。第1仕分けで空いた時間にまとめて商品を取りに行くため、作業者は何度も商品保管エリアに行く必要がなく、移動距離と移動時間を短縮できます。

ピッキングの種類

ピッキング作業にはどのような種類があるのでしょうか。

(1)リストピッキング

出荷指示書・ピッキングリストを使った方法です。リスト等に記載されている商品名と数量を確認し、保管場所から商品を探し出すもので、最も基本的なピッキング方法となり、正確さと作業スピードはすべて作業者に依存することになります。そのため、最もミスを起こしやすい作業となるため、梱包前に検品確認作業が必要となります。

(2)デジタルピッキングシステム(DPS)

商品が保管されている棚にデジタル表示器を装着し、表示器の指示に従って商品を取っていくのがピッキングシステムです。表示器によって異なりますが、該当する間口にライトで位置を作業者に知らせ、必要個数が表示されるため、商品知識のない作業に慣れていない人でも簡単に作業ができます。これにより、ピッキングミスの減少、作業スピードの短縮、ペーパーレスが実現します。

(3)バーコード

出荷指示情報がバーコード化されたピッキングリストをハンディターミナルで読み取った後で、指示通りにピッキングを行います。WMS(倉庫管理システム)などと連携し、作業者のハンディターミナルを用いて商品を読み込んでいくことにより、異なる商品や数量をピックアップしてしまった場合、アラーム音やバイブ等で通知される、ピッキングミスの減少につながります。

(4)音声認識システム

ピッキングリストの代わりに、ヘッドセットからの音声の受け答えを行い、商品のピッキングを行う方法です。ピッキングリストやハンディターミナルなどを手にする必要がなく、ハンズフリーのピッキング作業が実現します。

(5)カートピッキング

商品を積載するための専用カートを用いてピッキングする方法です。カートに搭載されている端末にピッキングする商品の情報が写真などで表示されるため、それに従ってピッキングを行います。

(6)RFID

商品の保管されている棚に、RFIDタグが入っている商品内容を表示した品番表を取り付け、作業者が商品を取ろうと棚間口に手を近づけるとRFIDタグを読み取り、正しい商品かをチェックすることができます。

アソート注文とは

物流でも商品を発注する際に「アソート注文」が行う場合があります。アソート注文は「指定できない詰め合わせ」を意味するもので、ランダムに組み合わせた注文にすることで、仕入価格を安くすることができます。

例えば、赤、白、青、緑のTシャツを100枚発注する場合、「ランダムに色を組み合わせて100枚」とする注文方法です。詳細まで指定できないのが難点となりますが、卸業者や小売店にはランダムにすることで安く仕入れることができるメリットもあります。

アソートとランダム注文の違い

アソート注文のお菓子業界の項目でご紹介した通り、「ランダムに色を組み合わせて詰め合わせる」ことから、ランダムとアソートが混在するように見えますが、アソートとランダムは言葉の持つ意味が異なるため混合しないようにしましょう。

アソートは前に紹介した通り、「詰め合わせ」「取り揃える」という意味です。しかし、ランダムは「無作為・任意であること」を指す名・動詞となります。アトランダムに抽出するのがランダムとなりますので、違いを理解して使い分けができるようにしておきましょう。

物流のピッキング作業をアシストする機器

ピッキング作業は物流センターの中で最も大きな負荷と時間を要する作業です。この作業を外部の機器で支援することで、物流生産性向上につながります。いろいろなメーカーから、ピッキング作業支援の機器が販売されています。

その最も代表的な例が「デジタルピッキングシステム」。記事中でも紹介した通り、デジタル表示器を利用してピッキングするための作業支援システムです。商品が保管されている棚にデジタル表示器を取り付け、作業者はランプが光った表示機まで移動して、表示機の指示に従って商品を取り出します。これにより商品を知らなくとも表示器の指示に従って正確にピッキングができるようになります。

また、Amazonが導入したことで脚光を浴びたのが、商品棚を移動させる自走式ロボットです。作業者が待機するピッキングステーションに搬送されてきて、商品のピッキング作業が完了します。日本国内では2016年12月に初導入され、全世界25カ所で100万台以上が稼働しています。このロボットは国内外でも多数製品化されています。

ユーピーアールでは、RFIDタグ付きの「スマートパレット」(https://www.upr-net.co.jp/case/smartpallet)も導入が急増中です。その他、「アングルクロスサポーター」、「サポーター」、「カゴ車」、「ネスティングトップ」、「ネスティングラック」などのレンタル商品(https://www.upr-net.co.jp/products_type/other)も多数ご用意しております。お気軽にご相談ください。

まとめ

EC市場拡大に伴い、商品数の増加、注文内容も細分化が進むようになり、ピッキング作業後のアソートはさらに重要なウェイトを占めるようになりました。ミスなく、正しく、短時間に行うことで物流生産性にも直結します。庫内の物流改善を進める際には、絶対見落としできないポイントとなるでしょう。