物流コラム

INFORMATION

ウィング車とは?種類やメリット・デメリットを解説【物流用語】

パレット
物流コラム

ウィング車とは?

ウイング車とは、バン型車の荷室側面から天井部分まで一体的に跳ね上げて、側面から積み下ろしを容易にする方式のトラックです。フォークリフトによるパレット荷役ができる省力化車両のひとつです。荷台部分の側面が鳥の翼のように跳ね上がるため、ウイング車と呼ばれています。

ウイング車のウイングボディは、荷台部分はアルミの箱で覆われているため、走行時の荷崩れ面、雨風など外部からの汚れや損傷から荷物を守ることができ、長距離輸送にも適しています。

従来のバンボディでは荷台の後方部からの積み下ろしとなりますが、荷物の出し入れの順番が決められたり、荷室奥まで荷物を詰め込むと荷下ろしに時間がかかってしまいがちですが、ウイング車の合理的な面が高く評価されています。多数の架装メーカーが参入し、年々販売台数を伸ばしています。日本自動車工業会発表の普通トラック市場動向調査(2018年度)では、ウイングボディが運輸業で最も高い40%となり、冷蔵車や冷凍車、保冷車にも採用されるようになりました。

ウイングボディの開き方には3つのタイプがあります。積み荷の種類、積み方や倉庫の大きさの違いによって使い分けられています。

(1)フレキシブルオープンタイプ

ウイングのオープン方向や角度を柔軟に変更できます。ウイングの開き方の細かい調整が可能なため、トラックバースや倉庫の屋根などに制限がある時に用いられます。

(2)ターンオーバータイプ

片側のウイングが中心線を超え大きく開くことができるタイプです。ウイングが最も広い角度(およそ160度)で開くため、クレーンなどによる積み下ろしに適しています。

(3)上昇開閉タイプ

開口を大きくとるため、天井が上昇するアルミウイングです。天井が上昇することで高さに余裕ができるため、荷台の高さいっぱいまで荷物を積むことができます。

他のトラックとの違い

一般的なトラックは、荷台後方の開閉扉から荷物を出し入れする形式で、「パネルバン車」「アルミバン車」「ドライバン車」などと呼ばれています。開口部が後方のみの場合、荷物の積み下ろしはどうしても作業性が低下します。

しかし、ウイング車はパネルがオープンになりますので、荷物の出し入れの際の使い勝手の利便性は高くなります。また、ウイング車は工場や倉庫から大きな倉庫など、長距離輸送に使われることが多く、輸送する荷物の特長や積載量、出荷先・入荷先の拠点の形状、積み込みなどを考慮して、効率性を判断して選択するとよいでしょう。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

ウイング車のメリットとは

ウイング車の最大のメリットは、両サイドがオープンになることです。荷物の積載方法が通常トラックの「箱型」とは大きく異なりますので、作業効率が大幅に向上するのです。

箱型トラックで荷物を積み込む際は、トラックバースに後退で接車して、荷台後ろの開閉扉のみの作業となります。車両積み込みの際、フォークリフトは利用し難いたいのですが、ウイング車なら側面からフォークリフトを使った荷物の積み下ろしができ、開閉扉から入れることが困難な形状やサイズの荷物でも積載することが可能です。また、ウイング車の荷室は密閉した空間となりますので、積み荷の汚れや破損、盗難の防止ができます。

このようにウイング車では、フォークリフトを用いた荷役作業で大きな効果を得ることができます。もちろん、パレット積みにも対応しているため、手積み手下しによる作業から解放されます。作業効率は格段に向上し、高い輸送品質と荷役性を両立させたボディタイプだと言えます。物流業界の労働力不足解決への大きなカギとなります。

また、物流用途以外では、トラックが乗り入れられる場所では、簡易的な野外ステージとして使うことが可能です。荷室がステージとして早変わりしますので、音響設備を搭載することでコンサートを行うことができます。

ウイング車のデメリットとは

ウイング車は車体の側面が開放するため、積み下ろしの際、車両上部に空間が必要となります。バースの高さが足りない場所などでの作業は不可能となり、荷物の積み込みはトラックバースから少し離れた場所でフォークリフトを用いた作業場スペースが必要となります。

またウイング車は荷物の積み降ろしの際に、誤作動や誤操作で思わぬ事故を引き起こしてしまう可能性も秘めています。ウイングを開けている状態で走行してしまい、天井などに接触させてしまう事故が多発しています。対策としてエンジン停止状態のみ、ウイングを操作可能とする安全装置が装着される車両が増えてくるようになりました。

またウイング車はモーターや油圧装置など、開閉機構を搭載するため、車両重量は大きくなります。

車両重量増は燃費低下につながるばかりか、トラックの最大積載量も減少してしまいます。架装を施す分、車両価格も上がってしまうことがデメリットとなります。荷役作業の生産性向上と加算されるコストをはかりにかけて、導入を検討するのがよいでしょう。

ウイング車を扱う際の注意点

ウイングの開閉の動力は手動・油圧・電動モーターなどで行うタイプがありますが、長く安全に使うために特に気をつけたい注意点が2つあります。

(1)定期的なメンテナンス

ウイング開閉の正常な動作、荷台部分の防塵・防水性について、定期的なチェックやメンテンナンスを欠かすことができません。
ウイングの開閉は油圧と電動モーターで作動するため、油圧機構周りをチェックします。また、日常の動作確認や自然降下などのチェックも必要です。50㎝跳ね上げたウイングを、10分後に10㎝以上自然下降しないかを確認します。その場合、油圧系に空気が混ざっている、油漏れがあるなど、異常が発生している可能性が考えられます。

防塵・防水性のチェックの際は、センターシートが破れていないか、ウイング等の開口部のシールゴムが切れていないかなど。少々の破損や切れ目から、埃や水が混入する可能性がありますので、発見したらすぐに交換しておきましょう。

(2)ウイングの開閉時や積載時に注意を払う

トラック停車後、ウイングの開閉時に建物などの障害物に接触することはないかを目視で確認します。
接触の有無だけではなく、開いたウイングが照明など、熱のあるものに近くなりすぎないかも注意しましょう。高熱によってウイングが溶けたり、変形してしまう恐れがあります。
また、左右同時にウイングを開放すると、モーターに過剰な負荷がかかるため、故障の原因につながります。

荷物を積載する積む際、重量を前後・左右でバランスよく配置する必要があります。荷物が片方に集中したまま運転した場合、タイヤの片減りだけではなく、横転事故や車両の破損につながる可能性がありますのでご注意ください。

まとめ

いかがでしょうか。ウイング車は物流業界で課題となっている労働力不足を解決する糸口にもなるツールです。車両積み下ろしはドライバーに依存するケースが多く、これが物流業界の長時間労働の課題のひとつとなっています。

フォークリフトを使って、作業を簡素化できることで、ドライバーの成り手が少ない現状を打破することもできるのではないでしょうか。

弊社UPRでは、さまざまなツールを用いて、物流現場の省力化、最適化をご提案しています。もし、ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > ウィング車とは?種類やメリット・デメリットを解説【物流用語】