物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > ユニットロードシステムとは

ユニットロードシステムとは

パレット
物流コラム

ユニットロードとは、さまざまな荷姿の貨物をパレットやコンテナなどの輸送をシステム化して、重量または体積にとりまとめて輸送する方式です。
1つの単位にユニット化することで、輸送、保管などで効率化が実現します。ユニット化で使用される物流機器として、
パレットによるパレチゼーション、コンテナによるコンテナリゼーションなどがあげられます。

ユニットロードのメリットとデメリット

ユニットロードシステムのメリット・デメリットには、次のような事項が挙げられます。

メリット
日本のユニットロードは1100×1100mm(T11)のパレットを基本としていますが、荷役の機械化・合理化による作業能率の向上と省力化、積卸しの迅速化、コンテナやパレットを使うことにより荷痛みの防止、車両回転の向上などがメリットとなります。コスト面では、包装の簡素化による包装費が削減されます。

また、コンテナ内は密閉構造のため、輸送過程で内容品が外部からの水漏れ被害を受けることがほとんどありません。

デメリット
デメリットとしては荷役機器が必要となる点です。作業に対応した施設・設備が必要となり、コンテナやパレットの管理コストが発生します。小ロットの貨物の場合には、コンテナやパレットの質量やサイズにより、輸送コストが割高になってしまう場合がある点が挙げられます。

UPRのレンタルパレットサービスについて

サイズはJIS11型から14型、仕様はプラスチックパレットや木製パレット、保管効率を上げるネスティングラック、カゴ車など多種多様なレンタルアイテムを取り揃えお客様の様々なニーズにお応えします。

全国13ヶ所の営業所で地域密着型のきめ細かいサービスをご提供。また、パレットの保管基地であるデポを全国170ヶ所に配備し、急な需要にも、整備された良質なパレットをご提供致します。弊社デポとご利用先が近いとレンタル時、返却時の輸送コスト削減にも繋がります。