物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > シュリンク包装とは【物流用語】

シュリンク包装とは【物流用語】

パレット
物流コラム

シュリンク包装とは

シュリンク包装とは、熱収縮性プラスチックフィルム(シュリンクフィルム)で加熱収縮させて密着させる包装の方法です。カップ麺、CD、ゲームソフトなど、透明フィルムの袋に入れる、またはフィルムで覆い、専用の包装機で加熱するとフィルムが縮み、商品を密封加工することができます。

1個単位で包む「ユニットシュリンク包装」、複数商品に対応する「マルチシュリンク包装」のほか、パレット全体の荷崩れ防止を目的とする「パレットシュリンク包装」などがあります。

シュリンク包装は商品への異物混入を防止するセキュリティ面、商品を密封することでゴミが入ることを防ぐ清潔感のほか、商品の形状や大きさに関係なく、複数アイテムを包装できるメリットがあります。流通・物流用途以外では、精密機械などを屋外に長期保管する際に錆や紫外線からの保護、養生シートの代わりとしても使われています。

フィルム素材には、主にポリエチレン(PS)、ポリスチレンテレフタレート(PET)などが使用されています。

ポリスチレンは、コストが安価で一般飲料、食品、トイレタリー等を中心に採用されています。穏やかな収縮特性を活かした収縮性があり、ミシン目剥離性などが良好など、汎用性が高い一方で、素材強度が低く、熱や油などへの耐性が弱く、劣化しやすいデメリットもあります。

ポリスチレンテレフタレートは、耐熱性、耐摩耗性、耐内容物適正に優れ、ホット飲料、芳香剤、鍋焼き用蓋材などに使用されています。高い強度、薄膜化となりますが、収縮仕上り性、ミシン目剥離性が悪く、汎用性は低くなります。

近年、ハイブリッドスチレンはPSとPETそれぞれの特性を兼ね備えたハイブリッドスチレン(HYBRID)も採用されるようになりました。ミシン目開封性、収縮仕上り性、耐内容物適性、耐熱性、腰強度、光沢、寸法安定性が向上するなどのメリットがあります。