物流コラム

INFORMATION

リーファーコンテナの特徴・種類・用途【物流用語】

パレット
物流コラム

リーファーコンテナとは?

リーファーコンテナ(Reefer Container)とは、コンテナ内部に備え付けられた冷却装置により、内部の温度調整を可能とするコンテナです。
近年、温度管理を必要とする輸送の需要が高まりを見せています。リーファーコンテナは冷凍・冷蔵に特化した輸送容器として、海上輸送で使われています。
リーファーコンテナを用いて冷凍・冷蔵貨物を輸送することをリーファー輸送と言います。果実、 野菜、 肉、 魚介類などの生鮮品や化学品、 医薬品など、荷物に応じた一定の温度管理のもとで、安全に貨物を運ぶことができます。

国土交通省では国産農水産物の輸出競争力強化を図るために港湾管理者などへの支援を通じて、リーファーコンテナ用の電源供給設備等の整備を促進しています。これらインフラ整備からリーファーコンテナがより利用しやすくなる環境が整い、日本の農林水産物・食品の輸出量増加が期待されています。

リーファーコンテナの特徴・種類

リーファーコンテナは海上コンテナとして活用され、20フィートと40フィートのサイズが基本となります。冷蔵ユニットを装備し、冷蔵庫と同じようなしくみで冷媒ガスと熱交換器から冷たい空気をコンテナ内送り込みます。一般的なリーファーコンテナで-30℃~+30℃の一定温度に保つことができ、荷物に適した温度のままで輸送することができます。

それに対して、多く流通するドライコンテナは安価で使用できますが、コンテナ内の温度管理をすることはできません。

リーファーコンテナには温度を調節する以外にも、貨物温度を最適に保つための特殊な技術が使われています。そのひとつが「CA(Controlled Atmosphere) コンテナ」です。コンテナ内に窒素ガスを充填し、酸素濃度と二酸化炭素濃度を調整することで、青果物などの鮮度保存期間を延長することができます。適切な酸素と二酸化炭素の濃度を維持することで、貨物の品質を保ち、一定の低酸素環境下で青果物の呼吸代謝を抑制することができます。
また、「鮮度保持電場装置使用コンテナ」コンテナ壁面に設置した専用シートと電源ユニットを接続することで、コンテナ内に特殊な電場状態を作り出すことができます。食品中の水分子同士の結合を抑制し、0℃以下でも水が凍らない過冷却状態を作り出すことができ、長期間の鮮度維持が可能となります。

リーファーコンテナのメリット・デメリット

メリット

リーファーコンテナは日本政府が進めるコールドチェーンの拡大を推し進めるためのツールとして、生鮮品を大量に輸出することが可能となるものです。ヤマトグループの国際クール宅急便では運べない、大量のロット品の貨物などを鮮度保持したまま海上輸送で輸送することができます。
また、輸送時間がネックとなってこれまで送品できなかった地域にも、リーファーコンテナを使うことで、流通させることができ、またコンテナのまま、倉庫などで一時保管もできます。冷凍冷蔵倉庫の一部としても活用することができます。
そして、リーファーコンテナの最大のメリットは大量の貨物を輸送することで、低コスト輸送を実現できることです。コンテナ単位で積み替えなしで輸送すれば、海上と陸送などの輸送モードにも対応でき、積替えなしのリレー輸送で効率的なモーダルシフトが可能となります。

デメリット

一方でリーファーコンテナは冷却装置と断熱材の厚みがある分、 ドライコンテナより内寸が狭くなり、低容量となります。
また、コンテナ内を冷却するための電源が必要となります。リーファーコンテナを活用する場合には電源の確保も考慮しなければなりません。加えて、冷却装置が常時稼働するため、騒音が発生してしまいます。リーファーコンテナは壁内に断熱材を入れる関係上、床の強度が低くなる場合があります。

船便や港で取り扱われることが多いため、潮風に吹かれると冷却装置などの部品が傷みやすい面もあります。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

リーファーコンテナの用途について

リーファーコンテナは食品を中心に、以下の貨物輸送に使われます。

(1)冷凍・冷蔵食品

冷凍・冷蔵食品の輸送に最適なのがリーファーコンテナです。冷凍食品は生産から流通まで、一貫して-18℃以下の低温を保って取り扱われるもので、 冷蔵食品(チルド食品)は食品別に最適な温度帯が設定され、通常は0~+10℃の温度帯で流通していることが多くあります。日本のコールドチェーンの技術はアジア各国でニーズが多くありますが、その足元を支えるのがリーファーコンテナとなります。

(2)生鮮食品

青果(野菜・果物)、鮮魚、精肉などの食材が生鮮食品です。これらを総称して生鮮三品とも呼ばれますが、鮮度を保ったまま輸送することで、商品価値が保たれるため。リーファーコンテナでの輸送が適しています。

(3)一定温度で保管が必要なワイン

ワインは高温に置かれると品質が劣化し、商品価値を失われてしまうことがあります。高額で取引されることもあるワインは、商品価値を保つために温度管理された輸送が必要になります。

(4)生花

生花の輸送にも温度管理のできるリーファーコンテナは適しています。輸送中にしおれてしまったり枯れてしまったりしないよう、低温の状態を保つ必要があるためです。

(5)医薬品

医薬品は保管温度が指定されているものがあり、輸送中の厳密な温度管理は欠かすことができません。以前は途上国にまで運ぶことができなかった薬などもリーファーコンテナによって大量輸送が可能となりました。

(6)その他

高温条件下に置かれると変形・変質の可能性がある特殊なフィルム、変色してしまう恐れのある美術品などは、温度管理輸送が求められます。こういった場合にもリーファーコンテナが使われています。

まとめ

海上輸送で低温輸送を可能とするのがリーファーコンテナです。長い輸送リードタイムから選択肢に上がらなかった海上輸送においても、低コストで運ぶことができることは大きなメリットです。輸送の安全度を高められ、今後さらにリーファーコンテナが活かされるシーンが増えていくと見られています。

また、リーファーコンテナには極低温専用・冷凍冷蔵兼用・冷蔵専用の3タイプがあり、輸送する貨物や必要な温度に合わせて選ぶことができますので、ドライコンテナで運べなかった貨物の輸送を行う際に検討すると良いでしょう。

 


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > リーファーコンテナの特徴・種類・用途【物流用語】