物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > ピッキングミスの防止 物流作業の効率化

ピッキングミスの防止 物流作業の効率化

パレット
物流コラム

ピッキングミスが発生する原因

ピッキングとは倉庫に保管した商品を迅速に受注数量分の商品を取り出す作業です。求められるのは正確さとスピードとなりますが、ピッキングミスが発生することで誤出荷につながってしまう重要なパートとなります。誤出荷率は限りなくゼロに近づけないと、発荷主・着荷主の双方の信頼関係に悪影響を及ぼしかねません。

ピッキングミスの発生は、作業自体を人に依存していることが多くの要因となっているようです。マテハン設備導入に踏み出せない企業の物流現場では、人によりアナログ作業が中心となり、繁忙期には人員増加で対応する手段があります。

しかし、商品アイテム数増加や、決められた出荷時間に対応するなど、キャパシティがオーバーに達した場合にヒューマンミスは発生します。例えば、パッケージが酷似している商品の見間違い、品番の見落としなど、人が携わっている以上はミス率ゼロにするのは非常に困難です。

ピッキングミスを特定

ヒューマンエラーを減らす対策として
・ピッキングリストの品番などを太文字または色分けして強調する
・類似商品の取り間違いが発生しないように棚の配置を変える
・検品を強化、複数パートで複数回チェックを行う
などが挙げられますが、人間が目視に頼る作業では完全にミスを防止することは困難でしょう。

そこで、何が原因でピッキングミスが発生しているのかを分析、原因を特定して、分析する必要があります。根本原因を見つけだし、解決の糸口が見えないと物流改善に進むことができないからです。

トヨタ自動車ではトラブルに直面した時、「5回のWhy(なぜ)」を繰り返し考えています。「なぜこうなるんだ」と考え、すぐに思いつく答えを結論とはせず、真の原因を探ることを目的としています。1つの不具合には5つ以上の原因があるといわれ、実際には5回では足りないことが多いでようです。

以上を踏まえ、以下のような項目で、ミスが発生することはありませんか。
・タイミング
・誤出荷となる商品
・担当者
・時間帯

上記で原因を特定できなかった場合、現場目線でWhyを5回以上考え、社内で再検討を行う必要があります。

ピッキングミスの防止策・改善策

ピッキングミスを削減するには、ハンディターミナル、デジタル表示器を活用するデジタルピッキングシステム、ピッキングカート、音声によるピッキングシステム、ラックを自動的に運んでくれるロボットなど、作業生産性を向上させてくれる機器は多数あります。

本稿ではそれらマテハン機器を使用しない、アナログによる改善でピッキングミスを防止する方法をご紹介してみましょう。

1)作業ルールを標準化

庫内作業をマニュアル化してみます。担当者によるその場での判断や好き嫌いではなく、作業の内容が統一するルールを策定してみます。誰が担当しても同じように「標準化」を推進すると、新人や応援に駆け付けた人でもベテランと同じような動きをすることができます。属人化した作業から標準化への流れは非常に重要です。

2)格納の正確性を向上

入庫時に間違った棚に商品を格納してしまうと、その後のピッキングで正しいものを摘み取ることができません。入庫・格納時でも作業のルール化、標準化を徹底します。

3)ロケーションの改善

ロケーションナンバーは住所と同じ、商品のあり場所を特定する重要な道しるべとなります。ロケーションを示すラックの文字の大きさ、棚番の位置に何かしらの問題があると、ミスの原因になりかねません。遠くからでもはっきり見えるような位置に棚番を貼付するなど、しっかり判読できるように文字の大きさも工夫すると良いでしょう。
また、見た目が酷似している商品が近い棚に保管されているある場合、ミス発生率が高くなります。トラブルを遠ざけるという観点からも、類似商品のロケーションを物理的に離しておくことをお勧めします。

4)倉庫内を清潔に保つ

庫内が常に整理され、清掃が行き届いている環境を心掛けましょう。特にフリーロケーションで保管する場合は、不要なものが置いてあるために置いた場所を忘れてしまうこともあるようです。動線が長くなることを防ぐためにも、いらないものは保管スペースに置かず、見通しのよう空間にするようにしましょう。

5)情報共有を徹底

月間・週間目標やロケーション変更、注意事項、新商品情報など、情報共有したいことは1か所にまとめてホワイトボードなどで書いておくとよいでしょう。ただし、あまり更新がない場合は人の目には“同じ風景”に見えてしまいがちです。新たな情報を更新するとともに、絵や写真などで注意喚起するような仕組みも重要となります。

6)モチベーションアップを図る

定期的に勉強会を実施している倉庫があります。社員が講師になるのはなく、パートさんからパートさんに仕事に対する考え方や具体的なやり方などを伝えることで、熱心に話を聞かれ、モチベーションアップにつながるようです。また人前で発表するとなる時にはパートさんは企業のことを褒めてくれる副産物もあります。モチベーションを上げ、従業員のやる気を出させることで、誤出荷削減へとつながります。

ピッキング作業にさまざまな魅力があります。ピッキングは1人で黙々と行う作業するため、接客業のような対人関係の仕事が苦手な人には働きやすい職場環境といえるのではないでしょうか。また、ピッキング成果は数値で表すことができるため、作業効率をゲーム感覚で楽しく取り組めることもできます。

従業員が仕事を楽しく真剣に取り組み、ピッキング作業の正確性が向上すると、誤配が減りクレーム対応で発生する作業はなくなります。このムダな時間がなくなることで、職場環境も向上していきます。

ピッキングミスを減らすことは生産性向上が図れるばかりでなく、企業としての信頼につながります。