物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > LCLとは?FCLの違いと使い分けるポイントを紹介【物流用語】

LCLとは?FCLの違いと使い分けるポイントを紹介【物流用語】

パレット
物流コラム

LCLとは

LCLとはLess Than Container Loadの略。荷主がコンテナ輸送を利用する場合、コンテナ単位(20フィートまたは40フィートコンテナ)で貨物がまとまるかどうかで、積載方法が異なります。その際、コンテナ一本分を満たせない小口貨物に対し、複数荷主の貨物を混載してコンテナ内の空間をシェアするのがLCLです。荷主等が船会社指定のコンテナフレートステーション(CFS;保税蔵置場) に持ち込み、仕向地別に他の貨物と混載されることから、「CFS貨物」とも呼ばれることもあります。

20フィートコンテナは幅約2.3m×縦約6m×高さ約2.4m(高さ)、40フィートコンテナは幅約2.3m×縦約12m×高さ約2.4m(ハイキューブコンテナは高さ2.7m)。重さの上限は20ftコンテナで約20t、40ftコンテナで約25tとなります。

LCLは混載のため、輸出の際は船積み前に貨物を1か所に集めてコンテナに詰め、輸入であれば荷下ろし後にコンテナを開けて積載貨物を仕分けする作業が必要です。その後の通関、貨物の受け渡しもCFSで行われ、その後、仕向地に運ぶためトラック等に積み替えられます。

また、LCLは他の荷主とコンテナを共有することから、貨物に関しての制限があります。冷蔵または冷凍などの温度管理が必要な貨物、穀物・原材料等のバラのままの貨物、臭いがある貨物など、他の相積貨物と一緒にコンテナに積むと悪い影響が出るものは適応外となるため注意が必要です。

LCLとFCLとの違い

コンテナに混載で貨物を運ぶLCLに対し、荷主がコンテナを1本丸々借り切る輸送形態としてFCL(Full Container Load)があります。FCLは「フルコン」、「CY貨物」とも呼ばれます。

FCLは基本的にコンテナを途中で開けることなく、指定する場所までそのまま輸送することができます。コンテナへの詰め込み作業(バンニング)を行った後、コンテナはコンテナヤード(CY)で輸出入の通関、貨物の受け渡しが行われます。貨物量が少ない場合はバンニングの際、しっかりとコンテナ内に固定して輸送中の損傷に注意を払う必要があります。

LCL貨物、FCL貨物とも、港湾施設に搬入される場合とCFS(コンテナフレイトステーション)に搬入される場合があります。港湾施設の場合は、海貨業者の保税蔵置場に運ばれてきた貨物は通関後にCFSへと搬入されます。CFSに直接運ばれてきた貨物は、通関を行った後でコンテナヤードに搬入されます。

LCLは着荷港のCFSで一旦コンテナをあけて、積載されている荷物の仕分けを行い、仕向け地によってトラックなどに積み替えていきます。そこで留意してほしい点として、国や港によってはCFSがきちんと整備されておらず、仕分け中の荷物の破損や紛失などのリスクが発生します。

FCLとLCLを迷うような場合はこうした点も考慮の上、検討が必要です

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

LCLのメリット・デメリット

LCLのメリットは輸送量が少ない小口貨物で、船便などの輸送手段で低コストでの輸送が可能となる点です。

デメリットは前記の通り、貨物の性質によっては運べないことがあります。輸送後も国や港によってはCFSがきちんと整備されていないケースも多く、仕分け中に発生する荷物破損や紛失などのリスクもあります。

また輸送する時期によって、貨物の扱いが変わることもあります。例えば、現地での長期休暇のあとには貨物が滞留し、ごった返します。そのような時に貨物の扱いが乱暴になり破損の可能性が高まることもあります。このように輸入者に届くまで一貫して破損のリスクがあります。

LCLでは別途割増料がかかるサイズとしての目安は、長尺貨物で約3m以上、背高貨物約2.2m以上、重量貨物は約2t以上で。基本的にコンテナ内で段積みが可能である点が前提となります。貨物の梱包状態や形状によって段積みできない場合も割増料が発生します。

また、LCLはコンテナの中から貨物を取り出す作業(デバンニング)が必要となるため、FCLに比べて2日程度遅くなります。

FCLのメリットとデメリット

貨物を集めたり、仕分けたりする必要がなく、LCLより税関への輸入申告を早く、リードタイムを短くすることができます。基本的に輸送中はコンテナを開けることがないため、盗難の危険や貨物に損傷が及ぶ可能性が少なくなります。

デメリットとしては、貨物の量がある程度必要となることです。コンテナ1本分の貨物が埋まらない場合は、LCLより割高になるケースもあります。FCLは通関後、コンテナごとに指定する倉庫などに輸送する際に「ドレー」という専用トラックで運びます。トラックが港から指定場所までの往復のコストがドレー料金としてかかります。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

LCLとFCLの使い分けるコツ

LCLとFCLは、料金と運ぶ貨物によって使い分ける必要があります。

LCLは重量または体積の大きい方に基づき、RT(Revenue Ton=m3)単位で計算します。どんなに小さい貨物でも1m3もしくは1tと見なされます。例えば、金属製の貨物ならコンパクトでも重量で計算され、布団のようなものであれば、体積に基づいて計算されることが多くあります。LCLの場合、コンテナに貨物を積み下ろしするコスト(CFSチャージ)もかかります。

FCLは1コンテナ単位で計算されます。誤解されることが多いのですが、20フィートコンテナの費用は、40フィートコンテナの半額ではなく、場合によっては、40フィートコンテナの9割のコストがかかることもあります。FCLはコンテナ専用のトラックでの陸上輸送(ドレー)にコストとして、港から・倉庫・港までのラウンド料金が必要となります。つまり持ってくるときの費用だけではなく、帰るときの費用も必要です。

具体的には、以下の荷物量を超える場合、FCLを利用するメリットが大きくなります。
・20フィートコンテナ:5~7m2を超えるとき
・40フィートコンテナ:8~10m2を超えるとき
しかし、輸送する品物や利用するコンテナの種類によってコストが変わるため、事前の確認を欠かせません。

また、貿易取引の世界共通のルールとなるインコタームズにおいて、注意が必要な場合があります。輸出者が輸出側の国内輸送費用と海上運賃までしか負担しないCIF (Cost Insurance and Freight=運賃保険料込み条件)の場合、輸出者がLCLで輸送すると、CFSチャージは輸入地側の港の費用は輸入者にCFSチャージがかかります。売買契約時にはこれらを十分に考慮に入れておく必要があります。

貨物の物量は、貨物単体(段ボール等)の容積×合計個数で算出しますが、パレットに積み込む場合はその分の容積も必要となります。20フィートコンテナのデッドスペース一つの判断基準として、12m3前後を目安となります。

ただし、貨物の分岐は、単純に貨物の物量だけではなく、貨物ダメージ、迅速な引きとり、輸入国側のCFSチャージ等もあわせ考えます。一般的には、FCL(コンテナ輸送)にした方が、貨物へのダメージは少なく、かつ迅速に貨物を引き取れます。

輸入国側のCFSチャージやTHCなどもとも合わせて考えます。CFSチャージは、LCL(コンテナ未満)で配送した場合にかかる費用です。他方、THCは、コンテナ単位で発生する費用です。

まとめ

少ない貨物量を海外送品する場合、低コストとなるのがLCLです。しかし、コンテナで運ぶほどでもない小口貨物の場合、FCLの方が安い場合があります。コストを計算したうえで選択することが賢明です。また同じ貨物を輸出する場合、仕向地の港によって、LCLとFCLのどちらが最適なのか、変わることがあります。

 


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら