物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > 在庫管理の必要性とメリットを解説

在庫管理の必要性とメリットを解説

パレット
物流コラム

在庫管理とは

保管機能の重要な要素に在庫管理が挙げられます。在庫管理の目的は、在庫回転率の向上と在庫を中心としたモノの流れをコントロールすることと同時に、仕入れや売上など、企業経営に直結する企業を支える土台ともなります。

製造業でいうなら、在庫は部品・原材料、仕掛品、完成品など、現金化される前の状態です。現金へ変わることを待っているものを管理することが在庫管理といえます。

在庫管理が必要な理由

在庫管理は一般的に、必要な資材や商品を、必要な量を、必要な場所へ、必要なときに供給できるよう、企業の身の丈にあった水準で維持するための活動を指します。在庫管理を英語で訳すと(Inventory control)となります。

在庫は「棚卸資産」と呼ばれ、企業総資産の10%程度を占めることもよくあります。これを適切に管理していないと、市場競争で勝ち抜けないとまで言われています。

税法上、在庫を抱えることは現金を持つことと同じに見なされ、所有している分の法人税が課されます。将来現金化されるものと見なされるため、現金と同じ扱いとなるのです。売れ方が鈍い商品や全く売れない商品、長期滞留している商品群は、回転率の悪い不良在庫を持ったまま、決算まで放置された場合、換金資産として無駄な税金を払うことになります。

欠品して販売機会を逃さないようにストックすればいい、と軽く考えるのではなく、仕入時も保管時にもすべてコストがかかります。在庫管理を徹底しないと生き残れないという危機感を持つことも必要です。適切な計画を立て、計画に基づき実施し、結果をチェック、評価を行うことが在庫管理の基本とも言えます。

企業内外からの視点で見て、在庫管理を綿密な計画を元に行うことの重要性がわかります。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

在庫管理のメリット

(1)生産性が向上する

在庫管理を徹底することで生産性が向上します。ムダな時間が減るため、納期短縮につながり、競争力にもつながります。

(2)過剰在庫が減少

過剰在庫が起こるのは在庫そのものをよく理解していないからです。在庫管理をすることで余剰・過剰な在庫は減少します。

(3)スペースができる

在庫管理の手法として、保管場所を決める方法があります。商品が数カ所に保管されているより、ロケーションを1つにまとめることで、デッドスペースだった倉庫内の複数保管スペースは有効活用することができます。

(4)欠品の減少

保管場所を明確化させることで、探しているものが、他のもので埋まることを防ぎます。生産性の向上にも繋がります。

(5)品質の安定

在庫の劣化は、仕入れの段階ですでに始まっています。長期保管となると、食品以外の商品でも消費期限を越えた不良在庫となることもあります。在庫管理を行い、先入れ先出しを徹底することで、保管する商品の劣化などを防ぐことができます。

(6)残業代の削減

生産性の向上により、ムダな作業が発生することが減ります。

(7)今後の需要予測ができる

在庫を細かく回すことで、市場の動きに敏感になり、需要の予測を元に発注をすれば、計画的に生産を進めることができます。

在庫管理の流れ

在庫管理をいざ始めようと思って、なにから始めるべきなのか、どうすればよいのでしょうか。
ここでは正しい在庫管理の方法についてご説明します。

(1) 商品や原材料の仕入・検品・受入

(2) 店頭に出せない分はバックヤードで管理・棚卸

(3) 販売・受注・出庫

(4) 在庫を店頭に回す

(5) 在庫が少なくなったら追加仕入

在庫管理を単純化すると上記5ステップの繰り返しとなります(返品処理を行う現場もあります)。この過程で何かしらのトラブルが発生する場合は、在庫管理が正常化されていないためです。

在庫管理をする際にまず大事なことはルールです。ロケーション管理を行い、保管場所を決めることで、入庫や出荷の際の生産性を格段に向上します。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

在庫管理を支援するシステム

WMS(倉庫管理システム)を導入することで、ヒューマンエラーのリスクを大幅に削減し、在庫管理は格段にレベルが上がります。棚卸しの簡略化やロケーション表示により商品を探したり、場所に迷うことが少なくなり、日の浅いパート作業員でもスムーズに業務を遂行することができます。

WMS導入で、在庫の保管場所を明確にすることから始まり、継続的に入出荷の記録をしていく仕組みをつくっていくことで正確な在庫管理が実現します。現場では作業ミスを減らせる・生産性が向上する・ペーパーレス化などのメリットも生まれます。

「基幹系システムを入れているからWMSはいらない」という声もよく聞かれます。すでに導入されている基幹系システムの在庫管理機能を活用するためですが、短いリードタイムの出荷をはじめ、物流コストを抑えるためにも庫内作業に特化したWMS導入はメリットがあります。

例えば、NECのWMS「EXPLANNER/Lg」は、流通・物流業をはじめ、製造業、プロセス業など数多くの導入実績があります。新規荷主獲得時のシステム構築に際し、カスタマイズ対応ではなく、パッケージで用意されるパラメータ設定で対応することで業務にフィットするとしています。

また、各種レンタルパレットを提供するユーピーアール株式会社では「パレットがなくなる」「パレットの管理の仕方が分からない」など、物流に欠かすことができないパレットに関するお客様の課題から最適化をご提案しています。一貫パレチゼーション、パレットプールシステムといった物流システムまで、パレット事業のプロとしてユーピーアールがワンストップでご提供しています。

まとめ

在庫管理をシステム化するWMSを導入することで、多くのメリットがあることはご紹介しましたが、デメリットを挙げるとすれば、やはり導入コストの問題が挙げられるでしょう。初期コストやこれまでと異なるフローとなるため、業務効率も一時的に低下することもありますが、庫内環境を整え、在庫管理をしっかり行うメリットは非常に高くなります。

 


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら