物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > 検品の重要性とは?企業が抱える検品の問題点と対策方法を紹介

検品の重要性とは?企業が抱える検品の問題点と対策方法を紹介

パレット
物流コラム

検品の基礎知識

検品とは、主に納品された商品を入庫する際、商品の品質・数量・性能・規格などが発注時の取り決めを満たしているかを確認する作業です。「商品が破損・汚損している」「数量が多い・不足している」など、発注内容と現品が異なる場合、自社の事業に損害が生じる可能性があります。

また、検品を行わずに次の物流工程へ商品を出荷した場合、取引先をめぐって責任の所在問題に発展したり、一般消費者からのクレームの原因となったりするケースも少なくありません。

入荷から流通加工、梱包・出荷までの物流のなかで、「検品」は非常に重要な工程です。そのため、検品作業を自動化・効率化するために在庫管理システム(WMS)を導入したり、人間の目よりも精度の高い検品用のロボットやドローンを導入したりと、物流倉庫や物流センターはさまざまな取り組みをおこなっています。

実際の検品作業の流れ

実際には、検品作業はどのような流れでおこなっているのでしょうか。物流倉庫や物流センターの検品作業は、「入荷検品」と「出荷検品」の2つに分けられます。

まず、入荷検品とは商品の入庫をおこなうときの検品作業です。届いた現品と納品書の内容を確認し、品質・数量・性能・規格のチェックや、見た目でわかる汚損や破損などの初期不良がないかを確認するのが入荷検品の流れです。

検品作業をおこなうのは、厳密には入荷時だけではありません。商品の出荷をおこなうときに実施するのが「出荷検品」です。出荷検品も入荷検品と同様、現品と注文書の内容に相違がないのかを確認し、汚損や破損、傷、痛みの有無をチェックします。

こうした検品作業は手間がかかり、目視と手作業では現場のスタッフの業務負担が増加するため、在庫管理システム(WMS)や、バーコードやハンディスキャナーなどのICT環境を整備している物流倉庫がほとんどです。

検品の重要性

なぜ、物流プロセスのなかでも検品作業がとくに重要なのでしょうか。検品作業が重要な理由は、「欠品の防止」と「誤出荷の防止」の2つです。

原材料などを受け入れたときに検品をおこなわないと、商品の数量や品質が発注内容と一致しているかどうかがわかりません。とくに数量が異なる場合、原材料の流通加工などをおこなうときに欠品が生じ、納品遅延などの損害が発生するリスクがあります。

そのため、入庫前には必ず検品作業をおこない、数量をはじめとして納品書との相違がないかをチェックします。また、商品を企業や消費者に向けて出荷するとき、検品作業をおこなわなければ破損や初期不良に気づくことができません。

注文書と異なる商品を出荷してしまった場合、取引先の信頼関係を損なう原因にもなりかねないため、必ず出荷検品をおこなう必要があります。そのため、企業は物流プロセスのなかでも検品を重要視し、検品作業の効率化や検品精度の向上のため、さまざな施策をおこなっています。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

企業が抱える検品の問題点

一方、企業が検品作業に取り組むとき、直面しやすい問題や課題があります。検品作業の問題点は、「ヒューマンエラー対策」「固定費削減」の2点です。

ヒューマンエラーにどう対策するか

検品作業において企業が直面するのが、検品スタッフのヒューマンエラーの問題です。

検品作業を目視や手作業でおこなう場合、人間である以上どうしても人的ミスが発生します。検品作業で人的ミスが多発すれば、入庫や出庫の際に破損や初期不良に気づくことができず、入荷検品や出荷検品の本来の目的を果たせません。

そのため、検品スタッフの教育や採用研修、検品作業のマニュアル化など、ヒューマンエラーの件数を防ぐための抜本的な対策が物流倉庫には求められます。

固定費をどう削減するか

検品スタッフを自社で雇用している場合、企業の悩みのタネとなるのが固定人件費の問題です。検品作業の精度を高めるには、十分な人数の検品スタッフを配置し、複数の人数が同一商品の検品をおこなう二重チェック体制をとることが求められます。

しかし、検品作業の精度と比例して、検品スタッフの給与や採用コストも増加し、人件費が高騰します。また、検品作業の効率化や自動化のため、在庫管理システム(WMS)や、バーコードやハンディスキャナーなどのICT環境を整備する場合、設備投資も必要です。

物流倉庫や物流センターは、検品作業の精度と、人件費や設備費とのコストバランスが求められます。

検品の問題点を解消するには

前項で述べた検品作業の問題点を解消するには、どのような施策が必要なのでしょうか。検品作業のコストダウンや精度アップにつながるのが、「物流アウトソーシング」です。物流アウトソーシングのメリットを2つ紹介します。

検品ミスが減少する

物流アウトソーシングを利用すれば、専門的な教育を受けたプロの検品スタッフに検品作業を依頼できます。また、物流アウトソーシング企業は、入荷時のダブルチェックの徹底や、バーコードやハンディスキャナーなどのICTの活用など、検品ミスを減らすためのノウハウを蓄積しており、企業全体でヒューマンエラー対策を徹底しています。

そのため、自社で検品スタッフを雇用するよりも、効果的に検品ミスを減らせます。入荷時や出荷時の破損・初期不良にすばやく気づくことができ、顧客や消費者からの信頼を高めることにもつながります。

固定費を削減できる

物流アウトソーシングのもう1つのメリットが、人件費や設備費の削減です。

物流アウトソーシングの費用構造は、基本料金に加えて、商品の保管・入庫・梱包・発送にかかった費用を請求する「従量課金制」が一般的です。物流倉庫や物流センターでは、繁忙期によって入荷量や出荷量に大きな差が生まれるケースが少なくありません。

自社で検品スタッフを雇用する場合、繁忙期に対応するために余裕を持って人員を確保せざるをえず、閑散期に人員が余ってしまうリスクがあります。従量課金制の物流アウトソーシングなら、繁忙期や閑散期にかかわらず、検品作業にかかった分だけの料金が発生するため、固定費削減が可能です。

「検品」の重要性を知り、検品作業の効率化や精度アップを

入荷時や出荷時の破損・初期不良をチェックする「検品」は、物流プロセスのなかでも非常に重要な工程です。検品作業の精度を高めるため、二重チェック体制の実施や、バーコードやハンディスキャナーなどのICTの導入など、物流倉庫や物流センターはさまざまな取り組みをしています。

しかし、自社スタッフで検品作業をおこなうと、「ヒューマンエラー対策のむずかしさ」「人件費や設備費のコストバランス」といった問題が発生します。検品ミスを減らし、固定費を削減するなら、外部の検品スタッフを活用する物流アウトソーシングがおすすめです。物流における「検品」の重要性を知り、検品作業の効率化や精度アップに取り組みましょう。

木製パレットのレンタルはこちら
プラスチックパレットのレンタルはこちら
スマートパレットはこちら
保管器具のレンタルはこちら


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら