物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > リーチ式フォークリフトとカウンター式フォークリフトの違いは?

リーチ式フォークリフトとカウンター式フォークリフトの違いは?

パレット
物流コラム

リーチ式フォークリフトとは

フォークリフトは荷物やパレットを載せて移動させたり、パレットの荷姿のまま上段に重ねて保管するために使われる荷役機械です。走行可能な車体前方に装着されたフォーク(ツメ)を、荷物下部やパレットに差し込んで楊高させてから運搬することができます。
大きく2種類に分類されるフォークリフトのひとつとなる「リーチ式フォークリフト」は、オペレータが立ったまま乗車・操作することができます。リーチには「手を伸ばす」といった意味がある通り、フォークリフトのツメ部分を伸び縮みさせて、荷物を移動させることができます。倉庫では高い位置のラック(棚)に格納されている荷物を出し入れしたりする際によく用いられています。
リーチ式フォークリフトの使用範囲は、倉庫をはじめとする屋内での使用されることが大多数を占め、バッテリー式で駆動するため、排気ガスを排出しません。また、タイヤの約90度回転し、最小回転半径が小さいために小回りが利き、リーチ式フォークリフトのみが稼働する倉庫内では通路幅を狭くするなど、効率的なレイアウトを配置することができます。

リーチ式フォークリフトはバッテリー式駆動のため、エンジン式よりもパワーがなく、稼働時間も短くなり、充電時間が必要なこともリーチ式フォークリフトのマイナス面です、使い続けるとバッテリー液が蒸発するため、こまめな補充が不可欠です。特に、暑い季節はその間隔が短くなります。
また、リーチ式フォークリフトは大きいタイプのモデルでは3tクラスまでしかないため、重い荷物を大量に運ぶ場合は効率が悪くなってしまいます。

カウンター式フォークリフトとは

「カウンター式フォークリフト」は、着座式でハンドルを操作して作業するタイプのフォークリフトです。カウンターとは「反対」という意味で、後方部の鉄の重り(ウェイト)で車体のバランスをとり、前方のツメに重量物を積載しても車体が前のめりになることなく、安定した状態で荷物を運ぶことができます。

リーチ式フォークリフトがスリムで見た目がすらっとしているのに対し、カウンター式フォークリフトはズッシリとした安定感が特徴で、屋内外のさまざまなシーンで活躍しています。
カウンター式フォークリフトは車体寸法が大きいため、小回りが利きにくい一面がありますが、転倒安定度と車体強度が高いうえ、走行速度やフォークの上昇速度が速く、安全性と作業効率が高いことがメリットとなります。

座った状態での運転や足のペダルでアクセル、ブレーキを操作したりするため、カウンター式フォークリフトは乗用車の運転に近いものがあります。乗用車よりも小回りが利くため、乗用車と全く同じという訳にはいきませんが、普段、車の運転をしている方であれば割と違和感なく運転できるはずです。ただし、一般的に後輪操舵となり、ハンドルの旋回方向と車両の挙動(内輪差、外輪差)が自動車とは逆となりますので注意が必要です。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

フォークリフトの操作には資格が必要

リーチ式フォークリフト、カウンター式フォークリフトには、労働安全衛生法で定められた「技能講習修了証技能講習修了証」が必要です。フォークリフト免許とも言われる資格ですが、技能講習を修了する必要があります。
本免許を取得すれば、リーチ式、カウンター式などフォークリフトの規模や種類に関係なく、運転が可能となります。ただし、フォークリフトで公道を走る場合は道路交通法に則った大型特殊自動車免許などが必要となりますので、ご留意ください。

受講資格は18歳以上で年齢の上限はありません。技能講習を受けるには大型特殊免許保持者なら講習時間11時間、普通・大型免許保持及び1t未満フォークリフト3ヶ月以上経験者なら講習時間11時間、・普通免許保持者は講習時間31時間、すべての免許がなく、現場経験もない場合は講習時間35時間となります。最短2日間、最大5日間で合格率が98%以上の取得しやすい資格といえるでしょう。

技能講習には学科講習と実技講習とがあります。操作はカウンター式フォークリフトよりもリーチ式フォークリフトのほうが難しいとされ、車の運転に慣れている人はカウンター式フォークリフトのほうが直感的に動かしやすい傾向があります。なお、最大荷重1t未満のフォークリフトに限っては、各事業者が実施する「特別教育受講」によって運転が許可されます。

フォークリフトの資格を取得することによって、工場や倉庫など、働く会社の幅が広がります。資格手当を設けている職場もあり、近年では女性も多く進出されています。

まとめ

リーチ式フォークリフト、カウンター式フォークリフトとも、それぞれの特徴を把握したうえで、荷物の積み込みや移動など、タイプに合ったシーンで作業を進めることが重要です。適切な場面を選んで効率よく作業を進めることが必要です。

ドライバー不足が叫ばれている物流業界ですが、倉庫内で従事する労働力不足も深刻な問題です。フォークリフトは荷役省力化のためのツールとして、物流に限らず、製造現場、建設現場、小売店のバックヤードでも活躍しています。

弊社UPRでは、物流で利用されるパレットのレンタル事業を中心に、物流ソリューションをご提供しています。物流現場で従事する人の動作をアシストする「サポートジャケット」をはじめ、物流現場でのお困りごとがありましましたらお問い合わせください。

 


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら