物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > フィーダーとは?輸送時の問題点も解説【物流用語】

フィーダーとは?輸送時の問題点も解説【物流用語】

パレット
物流コラム

フィーダーとは?主要港から地方港への2次輸送

物流業界における「フィーダー輸送(Feeder Transport)」とは、主要港から地方港へと2次輸送、3次輸送(近距離の小口輸送)を行うことを意味します。主要港とは、基幹航路に接続し、ハブの役割を果たす港のことです。代表的な主要港は以下の通りです。

 
代表的な主要港の例

主要港
中国 香港、上海
台湾 高雄
韓国 釜山、光陽
シンガポール シンガポール
マレーシア タンジュンペラパス、ポートクラン
インド ナバシェバ
オマーン サラーラ
日本 阪神港、京浜港(国際コンテナ戦略港湾)

 
日本では、「国際コンテナ戦略港湾」に指定された阪神港、京浜港の2つが、フィーダー航路のハブの役割を果たしています。

フィーダー輸送の「フィーダー(Feeder)」とは、英語で「支流」「支線」といった意味を持つ言葉です。文字通り、基幹航路に接続した主要港から、基幹航路の支線の役割を果たす地方港へと輸送を行うのが、フィーダー輸送の大きな特長です。

「フィーダー輸送」と「ドレージ輸送」の違い

フィーダー輸送とよく似ているのが、「ドレージ輸送」という言葉です。フィーダー輸送もドレージ輸送も、基幹航路に接続した主要港から、生産地や消費地に近い地方港へ荷物を運ぶ点では同じです。

しかし、この2つは輸送手段が違います。

フィーダー輸送 主要港から地方港へ、「小型コンテナ船」で輸送を行う
ドレージ輸送 主要港から地方港へ、「トレーラー」で輸送を行う

 
ドレージ輸送では、陸上のトレーラーが主な輸送手段です。そのため、ドレージ輸送は主要港から地方港への輸送だけでなく、主要港から内陸部への集配陸送もふくみます。

フィーダー輸送とドレージ輸送の輸送手段の違いに注意しましょう。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

フィーダー輸送の仕組みと役割

日本内航海運組合総連合会の調べによると、平成30年度(2018年)のフィーダーコンテナの輸送量は909,298TEU(20フィートコンテナの数)で、前年比5%の増加でした。[注1]日本の物流業界でも、フィーダー輸送は大きな役割を果たしています。

ここでは、フィーダー輸送の仕組みや役割について解説します。

「内航フィーダー輸送」と「国際フィーダー輸送」の違い

フィーダー輸送には、「内航フィーダー輸送」と「国際フィーダー輸送」の2種類があります。

まず、内航フィーダー輸送は「国内中継輸送」とも呼ばれ、国内の主要港から地方港へ2次輸送を行うことを意味します。

一方、国際フィーダー輸送は国をまたぐ国際輸送を指す言葉です。国や地域によっては、大型コンテナ船が入港できないケースがあります。その際、主要港で貨物の積替え(トランシップ)を実施し、艀や内航船で地方港に輸送するのが国際フィーダー輸送です。

フィーダー輸送の4つのステップ

フィーダー輸送の流れは次の通りです。

  • 1.荷主が、基幹航路を往来するメガキャリア(大規模事業者)に対し、貨物輸送を依頼する
  • 2.メガキャリアが、主要港と地方港を往来するフィーダー船の運行会社に対し、貨物輸送を依頼する
  • 3.フィーダー船の運行会社が、主要港で荷物を受け取り、地方港まで輸送を行う
  • 4.同時に、積替えの際に発生した空コンテナの回収を行う

 
フィーダー船の運行会社は、基幹航路を行き来するメガキャリアと連携してフィーダー輸送を行います。そのため、運行スケジュールは母船にぴったり合わせます。

また、積み替え次の空コンテナを回収するのも、フィーダー船の大切な役割です。

フィーダー輸送は内航・外航の「支流」の役割を果たす

フィーダー輸送は、文字通り内航・外航の「支流」の役割を果たします。海上輸送では輸送効率を高めるため、大型コンテナ船を使うのが一般的です。

しかし、基幹航路に接続し、港湾機能が整った主要港なら大型コンテナ船が寄港できますが、地方港ではそうもいきません。

荷役機器が十分でなかったり、港の水深が浅かったりと、大型船が寄港できない地方港もあります。前述したように、国や地域によっては、そもそも大型コンテナ船が寄港可能な港がないケースもあります。

そこで、付近の主要港に立ち寄り、艀や内航船への積替え(トランシップ)を行うことで、地方港への輸送が可能になります。フィーダー船による2次輸送、3次輸送は、物流において欠かせない役割を果たしています。

[注1]日本内航海運組合総連合会:平成30年度 内航船によるフィーダーコンテナ輸送 調査結果報告書[pdf]

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

フィーダー輸送の2つの問題点

 
物流にとって欠かせないフィーダー輸送ですが、課題も存在します。ここでは、フィーダー輸送が抱える2つの問題点を紹介します。

リードタイムが長くなる

フィーダー輸送の問題点の1つが、荷物が届くまでのリードタイムが長くなる点です。

フィーダー輸送では、主要港と主要港を結ぶ基幹航路ではなく、主要港から地方港への積替え輸送(トランシップ)を行います。荷役作業や積み下ろし作業、メガキャリア(大規模事業者)の母船を待つ時間など、フィーダー輸送は通常の海上輸送よりも時間がかかります。

フィーダー輸送を実施する際は、リードタイムの長期化に注意が必要です。

コストがかかり、価格競争力に影響を与える可能性がある

フィーダー輸送は、コンテナの積み下ろしにともなう荷役費やターミナル料金など、さまざまなコストがかかります。また、コンテナを倉庫に運ぶショートドレイ(横持ち)コストも注意が必要です。

フィーダー輸送のコストが運賃に反映されれば、価格競争力が低下する可能性があります。そのためには、ターミナル作業やショートドレイを効率化するなど、コストダウンに向けた取り組みが必要です。

生産性向上に取り組むことで、コストダウンが実現するだけでなく、荷物が届くまでのリードタイムの短縮にもつながります。

 

フィーダー輸送の仕組みや問題点を理解しよう

フィーダー輸送とは、基幹航路に接続された主要港から、生産地・消費地に近い地方港へ2次輸送や3次輸送を行うことです。

フィーダー輸送は小型コンテナ船などで海上輸送を行うのが一般的ですが、トレーラーなどを使い、主要港から内陸部への集配陸送を行う場合は「ドレージ輸送」と呼びます。

フィーダー輸送は日本の物流で欠かせない役割を担っていますが、「リードタイムが長くなる」「コストがかかる」といった問題点があります。ターミナル作業やショートドレイを効率化するなど、現場の生産性向上に向けて取り組むことで、リードタイムを短縮し、コストカットを実現できます。

 


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら