物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > ドッグレベラーとは【物流用語】

ドッグレベラーとは【物流用語】

パレット
物流コラム

ドッグレベラーとは

ドックレベラーとはプラットホームとトラックの荷台などの高低差を調節する装置のこと。同装置を導入することで、トラックの荷台やコンテナへ台車やリフトを使って荷積み荷下ろしができるようになり、効率的な作業をすることができる。働き方改革の一環として作業の効率化が求められている現在、物流センターやトラックターミナルには欠かせない装置となっている。
また、ドッグレベラーを導入することで作業者の墜落・転落を防止することにもなり、作業者の安全面からも導入される場合が多い。ただし、傾斜によるリスクは残る。

ドッグレベラーの種類

ドックレベラーの種類としては、上げ下げする際の機能として「油圧式」「エアー式」「機械式」がある。それぞれにメリットがある。

油圧式ドッグレベラー

油圧式は耐久性に優れており、使用頻度の高い作業に適している。しかし、オイルメンテナンスなどの必要がある。

エアー式ドッグレベラー

エアー式は重量物の作業に適している。油圧式に比べてオイルメンテナンスの必要がない。

機械式ドッグレベラー

機械式は低コストでの導入が可能だが、耐久性が他よりも低くなっている。

簡易式ドッグレベラー

単純にプラットホームとトラックの荷台の間に置くだけの「簡易式」もある。最も低コストでの導入が可能だが、作業のたびに設置する必要がある。

ドッグレベラーの選び方

どのドッグレベラーを導入するかは荷物の種類と作業頻度によって変わってくる。重量物の荷物ならエアー式を考慮するべきで、使用頻度が高いなら油圧式。低コストでの導入を考えているならば、機械式か簡易式を選ぶべきだろう。
さらに、油圧式や機械式の場合、定期的なメンテナンスも必要となる。社内でメンテナンスが可能かどうかを確認して置く必要もある。また、プラットホーム形状によっても選択肢が変わる。
荷物の重量に見合わないドッグレベラーを選択した場合、作業者の安全を損なう可能性があり、ドッグレベラーの選択には注意が必要。また、ドッグレベラーの使用中に誤ってトラックが発車する場合を想定した対策なども必要となる。