物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > シャーシとは?主な種類とおすすめの管理方法を紹介【物流用語】

シャーシとは?主な種類とおすすめの管理方法を紹介【物流用語】

パレット
物流コラム

トレーラーにおけるシャーシとは

シャーシとは、枠組み、骨格という意味を持つフランス語を語源とする用語で、他にも「シャシ」「シャーシー」「シャシー」と呼ばれことがあります。様々な業界で使われる用語でありますが、主に自動車業界で使われております。ボディを載せる台(骨組み)のことで、自動車の構造の一部を指す。逆に言えばボディ以外の部分はシャーシと呼ぶことが出来ます。なお、近年の乗用車はボディとシャーシが一体型のモノコックが主流であるようです。
物流業界においての「シャーシ」が示すものは、海上コンテナや鉄道コンテナを陸上輸送する際に積載する車輪付きの台車を指すと考えられます。このシャーシにコンテナが積載された状態をトレーラーと呼びます。トレーラー(シャーシ)そのものに動力はなく、トラクターに牽引されることで貨物を運搬する車両として成立します。
物流事業者や現場などによっては、コンテナを積載したトレーラーを「オンシャーシ」と呼んだり、バン型トレーラー等を指して「シャーシ」と呼んでいるケース等もあります。

コンテナとは(シャーシとコンテナの違い)

コンテナとは、輸送や一時保管を円滑に進める為、サイズや強度などが規格化された貨物運搬用の容器のことをいいます。コンテナを活用する事による物流の合理化を〝コンテナリゼーション〟と呼びパレチゼーションと並んで、物流におけるユニットロード・システムです。
海上輸送のコンテナは国際標準化機構(ISO)により寸法、強度、外形などが規格化されており、20フィートと40フィートが主なサイズとなる。常温の貨物を積載するドライコンテナ、冷凍や冷蔵品を積載する冷却装置が取り付けられたリーファーコンテナ、液体を輸送するタンクコンテナなどが主流となります。
一方の鉄道貨物輸送で使用される鉄道コンテナは、15フィートや31フィートコンテナが主流となり、こちらも温度管理が可能な冷凍・冷蔵コンテナ、液体を輸送するタンクコンテナなどがある。
国際海上輸送や鉄道貨物輸送で長距離を運搬されてきたコンテナは、目的地のコンテナヤードやターミナルで一時蔵置され、その後トレーラー輸送により着荷主まで直接届けられるか、一端近隣のインランドデポや倉庫などで荷捌き等をした後に荷主まで届けられる。

トレーラーとは(シャーシとトレーラーの違い)

トレーラー(シャーシ)とはトラクターによって牽引される被牽引車を厳密には指します。動力性能を持つトラクターにより牽引される事により運行が可能となりますが、このトラクターと一体型となった〝運行出来る状態〟を指して、トレーラーと呼んでいるケースもあります。
前述のシャーシにコンテナを積載したものはコンテナトレーラーと呼ばれます。また通常のトラックの様にシャーシと荷台が一体型となったバン型のトレーラーもあります。
海上コンテナや鉄道貨物コンテナを陸上輸送する、コンテナトレーラーが主流でありますが、近年物流業界の人手不足等により、一度に大量輸送が可能となるバン型のセミトレーラーやフルトレーラーを活用した、大手物流事業者等による幹線輸送が活発化しています。

お問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

トレーラー・シャーシの種類

トレーラー(シャーシ)は大きくわけるとフルトレーラーとセミトレーラーがあります。セミトレーラーは一般的なトラクター(牽引車)とトレーラー(被牽引車)が連結された車両で、国内においては最も多い車両となります。フルトレーラーは荷台(荷室)を備えたトラクター(牽引車)がトレーラーを牽引する車両で、実質上2台分の荷台(荷室)が連結された形状から「ダブル連結トラック」とも呼ばれることがあります。
セミトレーラーの連結時の全長は18メートルが最大となっており、16.5メートルほどの車両が多くなっています。バン型、コンテナ用、タンク型、平床型、平床アオリ付、自動車運搬用等、貨物に応じた様々なタイプに分類されます。
バン型セミトレーラーは通常のバン型トラックと同じ形状のもので、トラックと同様にウイング式や冷凍・冷蔵仕様などもあります。コンテナ用セミトレーラーには、海上コンテナ40フィート用と20フィート用、更にその兼用があります。他にも鉄道貨物コンテナ用のセミトレーラー等があります。タンク型セミトレーラーには液体燃料輸送用やセメント等の粉粒体などのバルク輸送タイプがあり、一言でタンク式セミトレーラーと言ってもその形状は様々となります。平床式セミトレーラーは木材やコンクリート原料など建築系の現場で使用され、平床アオリ付セミトレーラーに関しても木材や建材、金属部品などの輸送に使用されています。街中でよく見かける自動車運搬用セミトレーラーは文字通り、乗用車の完成車や中古車などの運搬に使用されています。
  一方のフルトレーラーは、荷室を持つトラクター(牽引車)と被牽引車の連結した車両となります。フルトレーラーのトラクターは荷室が付いているため、単独でも普通のトラックのような作業を行える利点もあります。連結時の全長は21メートルまでとなっていたが、2019年1月に規制が緩和され、一部道路区間(東名高速道路等)では、連結時全長25メートルまでのフルトレーラーの走行が可能となっている。これを受けてバン型のいわゆる「ダブル連結トラック」の高速道路を中心とした運用が大手物流事業者を中心に盛んになっています。フルトレーラーには、セミトレーラー同様、バン型の他にもコンテナ用フルトレーラーなど様々なタイプがあります。

シャーシの使用場所~トレーラー輸送について~

トレーラー輸送の長所は、大量輸送が可能であることに加えて、トラクターをトレーラー(シャーシ)から切り離せることにより、通常のトラック輸送で発生しがちな、荷役時間の拘束からドライバーを解放させることにあります。これにより輸送ダイヤの効率化が進むと共にドライバーの労働負担軽減や長時間労働の防止につながります。またコンテナトレーラーの場合も同様で、コンテナリゼーションによる利便性も加わりよりフレキシブルな輸送ダイヤの構築が可能となります。
例えば、輸入海上コンテナを荷主まで届け、コンテナを車両からおろし(荷役時間の待機がなく)すぐに別のコンテナを積載し輸送する事が可能となります。また、近距離のインランドデポまでのドレージ輸送などでは、1日に何往復もするシャトル輸送が可能となる。鉄道貨物コンテナの陸送においても同様の輸送効率化が可能となってきます。
また、中長距離輸送でのスイッチ輸送(中継輸送)が可能となる利便性があります。東西から来た2台の車両が中間地点であるスイッチポイントでトレーラー(シャーシ)を切り離し、それぞれのトレーラー(シャーシ)をチェンジし東西に戻る事で、ドライバーの日帰り運行が可能となります。さらに近年、トレーラー輸送におけるフェリーやRORO船の利用が加速しています。フェリーの発地でトレーラー(シャーシ)を切り離し、無人で海上輸送し、着地で別のドライバーが荷主まで届ける事が可能となる為、こちらもドライバーの労働負荷低減につながるソリューションです。

お問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

トレーラー輸送の課題(シャーシの利用課題)

トレーラー輸送の課題として、まず挙げられるのが、インフラ整備の遅れです。東京港の国際海上コンテナヤードでは、キャパシティを超えた運用により、道路網やコンテナヤードの拡充などのインフラ整備が追い付いていません。この為、搬入や受取りに長時間の待ち時間が発生しており、トレーラー輸送が本来持つ利便性が発揮できていない現状があります。また、高速道路などで行われるスイッチ輸送やフルトレーラーによる走行に関しても課題が残る部分があります。スイッチ輸送の中継地点は数が限られており、まだ一部での運用に止まっている。フルトレーラーの走行についても全国的に見れば一部の区間に限られていおります。
トレーラー輸送がされる物流の各ポイントにおいて、今後の更なるインフラ整備に期待がかかっています。
また現在、トラック車両のICT技術が進み、管理者はリアルタイムで車両の位置情報などを把握し、より効率的な運行管理等が可能となってきております。一方でトレーラー(シャーシ)は一端トラクターから切り離されてしまうと、電源供給やGPSなどの機能が持てなくなり、ICT技術等による管理から漏れてしまうといった課題も残ります。これにより、例えば数台のトラクターにて多くのトレーラー(シャーシ)を運用するケースで管理者が効率よく、ダイヤを組みにくいなどの課題が生まれます。また、現場レベルにおいても広大なヤードなどで牽引するトレーラー(シャーシ)をマニュアルで捜さなければならないケース、フェリーやRORO船輸送などでのトレーラー(シャーシ)の位置管理をより効率化する課題等があります。
また、トレーラー(シャーシ)は、様々なトラクターヘッドの牽引される為、その使用履歴や走行距離の管理が難しいです。この為、適切なメンテナンス時期の把握が難しいという課題も残ります。

まとめ

ドライバー不足の顕在化に加えて「働き方改革」や「ホワイト物流推進運動」など、様々な課題解決を迫られている物流業界。「大量輸送」や「中継輸送」「フェリーでの無人輸送」など様々な輸送に対応できるトレーラー輸送の推進が、課題の解決策として期待されています。インフラの更なる整備やICT技術の導入による効率的なトレーラー輸送に期待がかかっていると思われます。

 


お問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム