物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > CFSとは?CYの違いやLCLの関係も解説【物流用語】

CFSとは?CYの違いやLCLの関係も解説【物流用語】

パレット
物流コラム

CFSとは

CFSはContainer Freight Stationの略。貨物量がコンテナ1本単位に満たない複数の荷主の小口貨物を混載(合積み)する施設を指します。小口貨物の集積、保管、蔵置する輸出入貨物の荷捌き場所として活用されます。

CFSはコンテナターミナル近くに位置し、複数荷主の荷物を一本のコンテナに仕上げる、または一本のコンテナから荷主ごとに貨物を仕分ける、といった2つの役割があります。具体的にはCFSで輸出用コンテナへの貨物バンニング(積み込み)や、輸入されたコンテナからデバンニング(取り出し)の作業が行われます。

コンテナ1本分に満たない複数の荷主を混載するため、貨物をまとめるのが後述するレスザンコントロール貨物〈LCL〉です。船社、NVOCC(輸送手段を持たず、不特定荷主の貨物を輸送する輸送事業者)に委託する際、貨物の受け渡しまでの流れは以下のようになります。

(1)荷主は船社、NVOCCに予約を行います
(2)予約完了後、船社、NVOCCは、荷主に荷物を搬入するCFSを伝えます。
(3)荷主は指定されたCFSに対して、自社便または他社便で荷物を搬入します。
(4)CFSでは、荷主から届いた貨物に対して輸出申告を行います。
(5)CFSで輸出許可が下りた貨物のバンニングを行います。
(6)バンニング終了後の一本のコンテナをCYに運びます。
(7)CYオペレーターにより、船に積み込まれます。

輸入において、CFSの役割は輸出と逆の動きとなります。コンテナ内の貨物をデバンニングして、荷主単位により仕分けます。

(1)コンテナ船が到着したら、CYオペレーターがCYに貨物が下ろします。
(2)荷役港湾業者がCYからCFSまで、コンテナを搬送します。
(3)CFSでは、コンテナ到着後に貨物のデバンニングを行います。
(4)荷主ごとに貨物を仕分け、NACCS(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System)で貨物搬入の処理を行います。
(5)通関業者は、予備申告から「本申告」に切り替えて輸入許可を取得します。
(6)輸入許可を受けた貨物は、混載便トラックなどに詰められて、各地へ配送されていきます。

LCLとFCLの違いとは

CFSは貿易でよく使われる用語となりますが、「LCL」という用語も多用されますが、このふたつは密接な関係があるために、同じ意味だと誤解されているケースがよくありますので混同しないようにしてください。

LCLはLess than Container Loadの略で、コンテナ1本に満たない小口貨物を指します。CFSに持ち込まれてから、仕向地別に他の貨物と混載され、コンテナ単位に仕立てられ、輸送されていきます。仕向地では同様に、CFSまたはデポにおいて、コンテナからのデバンニングを経て荷渡しされます。

LCLの反対語でコンテナ1本分を満たした貨物をFCL(Full Container Load)と呼びます。運賃は、FCLが1コンテナ単位となりますが、LCLでは重量または体積の大きい方に基づいて計算されます。

FCLとLCLは、輸送形態、輸送する貨物の量や貨物の特性に応じて使い分けられます。精密機器のような、厳格な取り扱いを必要な貨物では、コンテナ1本を借り切るFCLを選択するケースもあります。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

LCLのメリットとデメリット

メリット

輸送量(主に少ない貨物)によって運賃が安く、小口貨物を輸送する際にはコストを抑えることができます。

デメリット

LCLは、コンテナ内での段積みが前提です。荷主の要望や、貨物の梱包状態や形状によっては段積みが不可となってしまい、別途割増料がかかります。
コンテナでの輸送中、他の貨物に接触して破損するリスクがあります。輸送後、国や港によって、CFSがきちんと整備されていないこともあり、仕分け中の貨物破損や紛失などのリスクがあります。

また、時期によっても貨物の扱いが変わることもあります。現地の長期休暇後には貨物がCFSで滞留することがあります。そのようなタイミングでは貨物の扱いが乱暴になることもあり、破損の危険性が高まることもあります。

LCLでは目安となりますが、約3m以上の長尺貨物、約2.2m以上の背高貨物では約2t以上の重量貨物の場合、別途割増料が加算されることがあります。

FCLのメリットとデメリット

メリット

複数荷主からの貨物を集める、仕分けなどの必要がないため、LCLより税関への輸入申告を早く完了することとでリードタイムが短くなります。加えて、輸送途中でコンテナを開梱しないため、貨物への損傷リスクが低くなります。

デメリット

貨物の量がある程度必要で、貨物量が確保できなければ割高になってしまいます。またFCLの場合は通関後、コンテナごとに指定する倉庫などに運びますが、「ドレー」という専用のトラックで運びます。ドレーの料金はトラックが港から指定場所までの往復料金(ラウンド料金)がかかります。

LCLの料金体系は体積の大きい方、または重量に基づいて計算されます。どんなに小さい貨物でも1m3もしくは1tと見なされますので、金属製の貨物の場合はコンパクトでも重量で計算されたり、家具などは体積に応じて計算されることがよくあります。

また、FCLでは1コンテナ単位で計算されます。FCLはコンテナ専用のトラック輸送にコストが必要となります。

LCLで輸送するべきかいなか、貨物の物量の他、輸入国側で発生する「CFSチャージ」の観点で判断することも重要です。CFSチャージは、貨物をLCL形態で輸送する際、デバン作業などの費用として請求されるものです。目安として1m3あたり4000円課金されることが多く、FCLで運んだ方が安くなるケースもあります。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

コンテナターミナルでよく使われる用語

ではここで、CYでよく使われる用語についてご説明します。

ゲート

ターミナルの出入り口。荷主と船会社との輸送責任の分岐点で、コンテナを搬出入するときはここで必要書類の受け渡しなどが行われます。

空コンテナ

バンニング前もしくはデバン後で中身がカラのコンテナ。空バンとも呼ばれます。

ガントリークレーン(Gantry Crane)

コンテナを本船に積み卸しするときに用いる大型のクレーン。

ストラドルキャリア(Straddle Carrier)

コンテナを両輪の間に抱えて運搬する機器です。CYヤード内でのコンテナの移動、トレーラへのコンテナの積み付けを行います。

バース(Berth)

コンテナ船を岸壁に係留する部分です。

マーシャリングヤード(Marshalling Yard)

積下ろしするコンテナを一時保管するエリアです。

エプロン(Apron)

岸壁とマーシャリングヤードの間に位置し、ガントリークレーンでコンテナの積下ろしを行います。

ECD(Empty Container Depot)

空コンテナの置き場

シャーシ

コンテナを載せるトラックの台車。コンテナ専用トレーラを指すこともあります。

ドレー(Drayage)

コンテナをトレーラで輸送すること。

EIR(Equipment Interchange Receipt)

コンテナをターミナルに搬出入する際、荷主とオペレーターとの間でコンテナの状態を確認しあう受渡証を指します。

上屋(うわや)

貨物の積下ろしや一時保管時に使用される屋根つきの場所。

まとめ

CFSは海運輸送で非常に重要な地位を示す場所。少ない貨物を輸出する場合、LCLの方がコスト安となりますが、一方で小口貨物でもFCLの方が安いということがあります。ケースバイケースで貨物形状や特性などによっては別途割増料金がかかることもあるため、注意が必要となります。輸送する物量からコンテナ単位か、それ未満か迷った場合は、前述のCFSチャージを加算して決めたほうが良いでしょう。

輸送形態で迷ったときは輸入国側のCFSチャージのほか、貨物の物量、損傷防止、引き取りのリードタイムなども考慮したほうがよいでしょう。

 


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら