物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > 船荷証券(B/L:Bill of Lading)とは【物流用語】

船荷証券(B/L:Bill of Lading)とは【物流用語】

パレット
物流コラム

船荷証券(B/L)とは?

船荷証券(Bill of Lading:B/L)は、貿易における船積書類のひとつで、荷送り人と船会社が備品運送契約を結んだことを証明する証拠書類として、船会社が輸出者の貨物を受け取ったときに発行されます。海上輸送を行う際に、最も重要な書類とされています。通常、「B/L(ビーエル)」と呼ばれています。

船荷証券の表面に記載されている事項と裏面約款が「運送契約の内容」となり、運送人の責任と義務が記載されています。内容に関して国際条約として成立しており、国内法では商法の特別法して、国際海上物品運送法が制定されています。

船荷証券は、親会社の受取証、貨物の引換証、有価証券、流通証券としての性質を持ちます。記載された貨物を化体(権利を有する証券の形で表すこと)するため、多数の関係者を経て、国際輸送を確実に遂行することができます。

船荷証券(B/L)の役割について

船荷証券を発行するのは、輸出地の船会社です。タイミングや立場によって役割が変わってきます。

1)有価証券

船荷証券を持つ人が貨物の所有者だというわけではありません。あくまでも輸送人に対する貨物引渡請求権という債権を有価証券化したものです。船荷証券を持っている人は、「貨物を自分に引き渡してください」を証明できる書類となります。

2)貨物の受取証

船会社が貨物を受け取った際に船荷証券は発行されます。船会社が貨物を受け取ったことを示す受取証の役割があります。

3)運送契約書

船会社と荷主やフォワーダーから見た場合、船会社と荷主(またはフォワーダー)との間で運送契約が交わされていることを示す運送契約書の役割があります。

4)貨物引取証

貨物の受取人から見た場合、貨物の輸入港で貨物を引き取る際に必要な貨物引取証となります。

船荷証券(B/L)に記載する内容

発行する船会社によって書式は異なりますが、主要項目はほぼ共通の記載内容となっています。
① 船会社名
② 船荷証券番号(B/L No.)
③ 荷送人(Shipper)
④ 荷受人(Consignee)
⑤ 着荷通知先(Notify Party)
⑥ 荷受地(Place of receipt)
⑦ 本船名(Ocean Vessel)
⑧ 船積港(Port of Loading)
⑨ 荷揚げ港(Port of Discharge)
⑩ 荷渡し地(Place of Delivery)
⑪ 商品明細(Description of Goods)
⑫ B/Lの発行枚数
⑬ B/Lの発行地場所と発行日(Place and Date of B/L issue)
⑭ 運送人船会社のサイン(Signature)
⑮ 船積み年月日と本船の署名(Laden on Board the Vessel)

船荷証券にスペルミスなどがあった場合、修正は輸出地の船会社だけが行うことができるため、輸入者側で間違いを見つけたときは、少し時間がかかります。スムーズな貿易取引のためにも、じっくり内容を確認するようにしましょう。

■船荷証券(B/L)の種類

船荷証券は船積み方法、貨物の状態、荷受人の表示などにより区分されています。
1)オリジナルB/L
船荷証券はオリジナルの原本を、売り手と買い手の間で貿易取引に用います。オリジナルは3部発行され、原本を輸出者から輸入者にクーリエ便などで郵送します。1度に3部送るのではなく、空便で分割して送ることで船荷証券の紛失リスクを防ぐことができます。
2)サレンダードB/L (Surrendered B/L)
船会社が輸出地で、輸出者から回収した船荷証券を指します。輸出者のコピーには「Surrendered(元地回収)」と表示されています。オリジナルは輸出地で船会社に提出済みとなるため、輸入者は輸入地でなしサレンダードB/L で貨物を引き取ることができます。貨物の到着が書類より早い場合や近隣国からの輸入貨物引取りに利用されます。
3)Sea Waybill
海上運送状または海上貨物運送状がSea Waybillです。船会社が荷主に対して発行する貨物受取書であり、運送契約の証拠書類とるため、有価証券ではありません。単位Waybillとも呼ばれています。
Sea Waybillを使って貨物を輸送すると、輸入者側の商品代金の有無は関係なく、輸入者によって貨物が港で引き出すことができます。オリジナルB/LやサレンダードB/Lと比べて、Sea Waybillが発行されたら貨物が取り出せるため、リードタイム削減のメリットはあるのですが、輸出者側に代金回収リスクが生じます。
そのため、Sea Waybillは輸出者と輸入者の間で長く取引があり、信用がある場合や子会社・グループ会社間で信用が確保されている場合に利用されています。