物流コラム

INFORMATION

エアーキャップとは?その種類と使用時のポイントを解説

パレット
物流コラム

エアーキャップとは?荷物を衝撃から守る気泡緩衝材

エアーキャップ(気泡緩衝材)とは、「プチプチ」「エア・バック」とも呼ばれ、商品を安心安全に輸送するうえで欠かせない梱包材の一種です。

緩衝材のなかでも、表面に直径7mm~32mmほどの気泡がついているものをエアーキャップと呼びます。エアーキャップは気泡の空気圧が衝撃を吸収し、クッションのような役割を果たして、お客さまの大切な荷物を守るのが特長です。

エアーキャップは食器、電化製品、CDやDVDなど、主に衝撃に弱い荷物を運ぶ際に使われています。

エアーキャップの粒径ごとの用途の違い

エアーキャップの気泡の粒径には、メーカーによって7mm~32mmまでさまざまなものがあります。もっともよく使われているのが、粒径7mmや粒径10mmのエアーキャップです。

気泡が小さなエアーキャップは、衝撃を吸収するだけでなく、しなやかに折り曲げることができます。「軽量物の梱包材に使う」「お菓子の保護剤に使う」など、さまざまな使い方が可能です。

一方、粒径20mmや粒径32mmの気泡が大きいエアーキャップは、箱の隙間を埋める充填剤として使われます。

エアーキャップの材質ごとの用途の違い

エアーキャップには、2層構造・3層構造の2種類があります。一般的な荷物の輸送に使われるのが、2層構造のエアーキャップです。

2層構造のエアーキャップには裏表があり、表面にのみ気泡がついています。屈曲性が高いため、折り曲げて使うことができ、さまざまな使い方が可能です。気泡のある面を外側にするか、内側にするかでも、利便性や内部の保護力が変わってきます。

一方、3層構造のエアーキャップは、高い強度を持っているのが特長です。3層構造のエアーキャップは、気泡があるシートを挟み込むような構造をしており、表裏どちらもフラットなフィルムになっています。表裏を気にせず、繰り返し使えるのが特長です。

 

エアーキャップのメリットとデメリットを比較

エアーキャップ(気泡緩衝材)には向き不向きがあります。安心安全に荷物を届けるためには、商品に合った緩衝材を使うことが大切です。

ここでは、他の梱包材と比較しつつ、エアーキャップを使うメリット・デメリットを解説します。

エアーキャップの利点は衝撃に強い点

エアーキャップは内部に空気が入った気泡が表面を覆っているため、非常にクッション性が高く、衝撃に強いのがメリットです。

貨物輸送に使われる代表的な緩衝材に、紙の緩衝材、シート状の発泡ポリエチレンを使ったミラーマット、発泡スチロールなどがあります。エアーキャップはこうした緩衝材よりも衝撃を吸収する力が強く、小型で壊れやすい割れ物・精密機器の輸送に最適です。

エアーキャップは箱の充填剤にも使える

エアーキャップは商品を保護する緩衝材としてだけでなく、箱の隙間を埋める充填剤にも使えます。とくに気泡を両側から挟み込んだ3層構造のエアーキャップは、厚みや強度があり、箱の充填剤や商品のかさ上げに使えます。

箱の充填剤としては、新聞紙(更紙)や詰め紙が使われるのが一般的ですが、エアーキャップは軽量なため、箱の隙間に詰めてもほとんど重量が変化しません。

また、新聞紙(更紙)や詰め紙は防水性が低く、食品などを運ぶ際にはあまり適していませんが、エアーキャップはどんな商品にも使えます。発泡スチロール製やコーンスターチ製の「バラ緩衝材」と同様、箱の隙間を埋めるのに適した緩衝材です。

透明性が高く、商品が見える点には注意が必要

一方、エアーキャップは無色透明のポリエチレンシートでできているため、梱包した商品が外から見える点に注意が必要です。中の商品が見えてもよい場合には問題ありませんが、商品によっては透明性の低い緩衝材が向いたケースもあります。

その場合、着色された発泡スチロールを使ったミラーマットや、シート状に折り曲げられる巻きダンボールなどを梱包材に使いましょう。

エアーキャップは耐衝撃性に優れ、箱の充填剤にも使える優秀な梱包材です。お客さまの手元へ安心安全に商品を届けるため、商品の特性に合わせて梱包材を選ぶことが大切です。

物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

エアーキャップを使用するときの2つのポイント

陶器の梱包

 
エアーキャップの多くは、片方の表面に気泡がある2層構造です。エアーキャップを商品梱包に使うときは、平らな面と凸面の使い分けに注意しましょう。

凸面を内側にして梱包したほうがよいケース

エアーキャップの凸面を内側に、平らな面を外側にして梱包したほうがよい商品として、たとえば次のようなものがあります。

  • ・小さな箱に入れるもの
  • ・曲面が多いものや、球体のもの
  • ・瓶やガラス製品

 
小型の電化製品やおもちゃなど、小さな箱に入れるものは、凸面を内側にして梱包するのがおすすめです。

平らな面を外側にすると、箱詰めしやすくなります。また、曲面が多いものや球体のものも、気泡を曲面にフィットさせるように梱包することで、より耐衝撃性が高まります。

同様にして、衝撃に弱い瓶やガラス製品も、曲面に合わせるようにエアーキャップを二重三重に梱包し、衝撃から守りましょう。

凸面を外側にして梱包したほうがよいケース

一方、凸面を外側にして梱包したほうがよい商品として、たとえば次のようなものがあります。

  • ・細かい突起があるもの
  • ・表面が金属加工されたもの
  • ・紙やポスター

 
コンピューター部品など、表面に細かい突起が多い商品は、エアーキャップの凸面を外側にして梱包しましょう。

凸面を内側にすると、突起物が気泡に穴を開け、クッション性を弱めてしまう可能性があります。

また、鏡やメッキ加工品など、表面が金属加工されたものは、凸面を内側にすると気泡部分の丸い跡が残ってしまいます。同様に、紙やポスターも跡が残ってしまうため、凸面を内側にするのはNGです。エアーキャップの表裏に注意し、商品梱包を行いましょう。

 

エアーキャップの強みや特性を理解しよう

エアーキャップはクッション性が高く、衝撃に強い気泡緩衝材です。また、箱の隙間に詰めたり、商品のかさ上げを行ったりと、充填剤としても使えます。

商品梱包にエアーキャップを使うときは、平らな面と凸面の使い分けに注意しましょう。凸面を内側にして梱包するのは、「小さな箱に入れるもの」「曲面が多いものや、球体のもの」「瓶やガラス製品」といった商品です。

一方、「細かい突起があるもの」「表面が金属加工されたもの」「紙やポスター」といった商品は、凸面を外側にして梱包しましょう。エアーキャップの強みや特性を理解し、商品に合った梱包材を選ぶことが大切です。

 


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

エアーキャップとは?その種類と使用時のポイントを解説の関連商品をチェックする

11型プラスチックパレット(四方差片面)
11型プラスチックパレット(四方差片面)
【仕様】四方差片面使用 【サイズ】11型 1100L×1100W×150H(mm) 【耐荷重】作業時1t(静置時4段積まで可) 【材質】PE(ポリエチレン樹脂)
11型プラスチックパレット(二方差両面)
11型プラスチックパレット(二方差両面)
【仕様】二方差両面使用 【サイズ】11型 1100L×1100W×144H(mm) 【耐荷重】作業時1t(静置時4段積まで可) 【材質】PP(ポリプロピレン樹脂)
サポーター収納図
サポーター収納図
アングルクロスサポーター
アングルクロスサポーター
荷傷みを嫌う貨物の段積に最適 20セット単位でのレンタルとなります。
サポーター
サポーター
荷傷みを嫌う貨物の段積に最適 11・12型及び14型は25セット単位、25型は30セット単位でのレンタルとなります。
カゴ車(カゴ台車)
カゴ車(カゴ台車)
年末などの繁忙期をはじめ急な需要にレンタルで対応できます。足りなくなった時にお気軽にご連絡ください。 オプションとして、中間棚、前面ゲートもあります。
ネスティングトップ
ネスティングトップ
ネスティングラックの最上段に設置し使用
逆ネスティングラック
逆ネスティングラック
トップ不要で積載効率がさらにアップ 2段使用
ネスティングラック
ネスティングラック
移動できるラック。スペースの有効活用に最適 3段使用
12型プラスチックパレット(二方差両面)
12型プラスチックパレット(二方差両面)
【仕様】二方差両面使用 【サイズ】12型 1000L×1200W×130H(mm) 【耐荷重】作業時1t(静置時4段積まで可) 【材質】PE(ポリエチレン樹脂)
12型プラスチックパレット(四方差片面)
12型プラスチックパレット(四方差片面)
【仕様】四方差片面使用 【サイズ】12型 1000L×1200W×150H(mm) 【耐荷重】作業時1t(静置時4段積まで可) 【材質】PE(ポリエチレン樹脂)
13型プラスチックパレット(四方差両面)
13型プラスチックパレット(四方差両面)
【仕様】四方差両面使用 【サイズ】13型 1100L×1300W×132H(mm) 【耐荷重】作業時1t(静置時4段積まで可) 【材質】PP(ポリプロピレン樹脂)

販売商品一覧

物流ボックス「ダンカーゴ」
物流ボックス「ダンカーゴ」
ダンカーゴは、商品や原料の輸送時に使用されている樹脂製パレットに置くだけで囲いとフタができる輸送・保管ボックスです。
空調服
空調服
ファンが搭載されている作業着「空調服」のご紹介です。 作業着の中に空気を送り込むため、熱中症対策をしながら作業に専念することが出来ます。
大型冷風機(業務用) HaiLan ハイラン
大型冷風機(業務用) HaiLan ハイラン
「水が蒸発するときに熱を奪う」という気化熱の原理を利用したエコタイプの大型冷風機
ストレッチフィルム包装機(ストレッチ包装機)
ストレッチフィルム包装機(ストレッチ包装機)
シーケンサ制御でタッチパネル搭載の多機能型。プレストレッチ仕様ECOモデル。
吸音性能に優れた「REMUTE(リミュート)」
吸音性能に優れた「REMUTE(リミュート)」
打ち合わせによる環境音を吸収し職場環境を過ごしやすい状態に保ちます。
手すり付き作業足場台 (作業用踏み台)
手すり付き作業足場台 (作業用踏み台)
トラックの洗車や高所作業用の足場等様々な用途でご利用いただいています。
手動搬送システム 真空バランサー「Jumbo」
手動搬送システム 真空バランサー「Jumbo」
真空吸着式手動搬送システムは重労働から解放されることで従業員のやる気と生産性を向上します。
段ボールパレット
段ボールパレット
最近エコの視点から需要が伸びているパレットが、段ボールパレットです。 最新の商品は耐水性を高めた物やさらに軽くそして簡単に組み立て可能な物も開発されています。
地震対策製品
地震対策製品
工場や倉庫、あらゆる現場で対応する商品です。 地震による設備や棚、設置物の倒壊や転倒を防ぐためにできるだけ簡単に設置できる商品を紹介いたします。
プラスチックパレット
プラスチックパレット
軽量で扱いやすく、耐水性に優れたパレット。 長く使い続けられるので、高いコストパフォーマンスを 誇ります。
木製パレット
木製パレット
滑りにくさ、価格の低さが魅力。 地球環境に配慮した木材を利用しております。
パレットサポート
パレットサポート
袋物などの形がアンバランスな貨物の段積みに最適です。商品を痛めずに、空間を有効活用していただけます。

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > エアーキャップとは?その種類と使用時のポイントを解説