物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > エアーキャップとは?その種類と使用時のポイントを解説

エアーキャップとは?その種類と使用時のポイントを解説

パレット
物流コラム

エアーキャップとは?荷物を衝撃から守る気泡緩衝材

エアーキャップ(気泡緩衝材)とは、「プチプチ」「エア・バック」とも呼ばれ、商品を安心安全に輸送するうえで欠かせない梱包材の一種です。

緩衝材のなかでも、表面に直径7mm~32mmほどの気泡がついているものをエアーキャップと呼びます。エアーキャップは気泡の空気圧が衝撃を吸収し、クッションのような役割を果たして、お客さまの大切な荷物を守るのが特長です。

エアーキャップは食器、電化製品、CDやDVDなど、主に衝撃に弱い荷物を運ぶ際に使われています。

エアーキャップの粒径ごとの用途の違い

エアーキャップの気泡の粒径には、メーカーによって7mm~32mmまでさまざまなものがあります。もっともよく使われているのが、粒径7mmや粒径10mmのエアーキャップです。

気泡が小さなエアーキャップは、衝撃を吸収するだけでなく、しなやかに折り曲げることができます。「軽量物の梱包材に使う」「お菓子の保護剤に使う」など、さまざまな使い方が可能です。

一方、粒径20mmや粒径32mmの気泡が大きいエアーキャップは、箱の隙間を埋める充填剤として使われます。

エアーキャップの材質ごとの用途の違い

エアーキャップには、2層構造・3層構造の2種類があります。一般的な荷物の輸送に使われるのが、2層構造のエアーキャップです。

2層構造のエアーキャップには裏表があり、表面にのみ気泡がついています。屈曲性が高いため、折り曲げて使うことができ、さまざまな使い方が可能です。気泡のある面を外側にするか、内側にするかでも、利便性や内部の保護力が変わってきます。

一方、3層構造のエアーキャップは、高い強度を持っているのが特長です。3層構造のエアーキャップは、気泡があるシートを挟み込むような構造をしており、表裏どちらもフラットなフィルムになっています。表裏を気にせず、繰り返し使えるのが特長です。

 

エアーキャップのメリットとデメリットを比較

エアーキャップ(気泡緩衝材)には向き不向きがあります。安心安全に荷物を届けるためには、商品に合った緩衝材を使うことが大切です。

ここでは、他の梱包材と比較しつつ、エアーキャップを使うメリット・デメリットを解説します。

エアーキャップの利点は衝撃に強い点

エアーキャップは内部に空気が入った気泡が表面を覆っているため、非常にクッション性が高く、衝撃に強いのがメリットです。

貨物輸送に使われる代表的な緩衝材に、紙の緩衝材、シート状の発泡ポリエチレンを使ったミラーマット、発泡スチロールなどがあります。エアーキャップはこうした緩衝材よりも衝撃を吸収する力が強く、小型で壊れやすい割れ物・精密機器の輸送に最適です。

エアーキャップは箱の充填剤にも使える

エアーキャップは商品を保護する緩衝材としてだけでなく、箱の隙間を埋める充填剤にも使えます。とくに気泡を両側から挟み込んだ3層構造のエアーキャップは、厚みや強度があり、箱の充填剤や商品のかさ上げに使えます。

箱の充填剤としては、新聞紙(更紙)や詰め紙が使われるのが一般的ですが、エアーキャップは軽量なため、箱の隙間に詰めてもほとんど重量が変化しません。

また、新聞紙(更紙)や詰め紙は防水性が低く、食品などを運ぶ際にはあまり適していませんが、エアーキャップはどんな商品にも使えます。発泡スチロール製やコーンスターチ製の「バラ緩衝材」と同様、箱の隙間を埋めるのに適した緩衝材です。

透明性が高く、商品が見える点には注意が必要

一方、エアーキャップは無色透明のポリエチレンシートでできているため、梱包した商品が外から見える点に注意が必要です。中の商品が見えてもよい場合には問題ありませんが、商品によっては透明性の低い緩衝材が向いたケースもあります。

その場合、着色された発泡スチロールを使ったミラーマットや、シート状に折り曲げられる巻きダンボールなどを梱包材に使いましょう。

エアーキャップは耐衝撃性に優れ、箱の充填剤にも使える優秀な梱包材です。お客さまの手元へ安心安全に商品を届けるため、商品の特性に合わせて梱包材を選ぶことが大切です。

お問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

エアーキャップを使用するときの2つのポイント

陶器の梱包

 
エアーキャップの多くは、片方の表面に気泡がある2層構造です。エアーキャップを商品梱包に使うときは、平らな面と凸面の使い分けに注意しましょう。

凸面を内側にして梱包したほうがよいケース

エアーキャップの凸面を内側に、平らな面を外側にして梱包したほうがよい商品として、たとえば次のようなものがあります。

  • ・小さな箱に入れるもの
  • ・曲面が多いものや、球体のもの
  • ・瓶やガラス製品

 
小型の電化製品やおもちゃなど、小さな箱に入れるものは、凸面を内側にして梱包するのがおすすめです。

平らな面を外側にすると、箱詰めしやすくなります。また、曲面が多いものや球体のものも、気泡を曲面にフィットさせるように梱包することで、より耐衝撃性が高まります。

同様にして、衝撃に弱い瓶やガラス製品も、曲面に合わせるようにエアーキャップを二重三重に梱包し、衝撃から守りましょう。

凸面を外側にして梱包したほうがよいケース

一方、凸面を外側にして梱包したほうがよい商品として、たとえば次のようなものがあります。

  • ・細かい突起があるもの
  • ・表面が金属加工されたもの
  • ・紙やポスター

 
コンピューター部品など、表面に細かい突起が多い商品は、エアーキャップの凸面を外側にして梱包しましょう。

凸面を内側にすると、突起物が気泡に穴を開け、クッション性を弱めてしまう可能性があります。

また、鏡やメッキ加工品など、表面が金属加工されたものは、凸面を内側にすると気泡部分の丸い跡が残ってしまいます。同様に、紙やポスターも跡が残ってしまうため、凸面を内側にするのはNGです。エアーキャップの表裏に注意し、商品梱包を行いましょう。

 

エアーキャップの強みや特性を理解しよう

エアーキャップはクッション性が高く、衝撃に強い気泡緩衝材です。また、箱の隙間に詰めたり、商品のかさ上げを行ったりと、充填剤としても使えます。

商品梱包にエアーキャップを使うときは、平らな面と凸面の使い分けに注意しましょう。凸面を内側にして梱包するのは、「小さな箱に入れるもの」「曲面が多いものや、球体のもの」「瓶やガラス製品」といった商品です。

一方、「細かい突起があるもの」「表面が金属加工されたもの」「紙やポスター」といった商品は、凸面を外側にして梱包しましょう。エアーキャップの強みや特性を理解し、商品に合った梱包材を選ぶことが大切です。

 


お問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム