物流コラム

INFORMATION

パレットラックとネステナーの違いとは?特徴や相場、設置例を紹介

パレット
物流コラム

パレットラックとは、パレットを載せる用途のラック(棚)を指します。1段に500kgから最大3500kgまでの重量を載せることが可能な重量棚として、パレット運用をされている倉庫、工場で多く導入されている保管機器です。

フォークリフトを用いて荷役を行う倉庫、物流センターでは一般的で、主にプラスチックパレットの収納を行います。荷物積載面には合板やスチール製の棚板をボルト締めで行うため、組立てや段増し、分解、移動が容易にできます。

倉庫の高さを活かした保管効率を向上させたい場合、パレットラックのほかネステナーも導入する現場も多数あります。その違いは積載する重量の耐荷重となります。

パレットラックとネステナーの違いとは?

パレットラックとネステナーはスチール製で、ともにパレットを積載、フォークリフトを用いて収納を行います。大きな違いはラックに積載したパレットの耐荷重となります。

パレットラックとネステナーの特徴

パレットラックとネステナーはパレットに貨物を載せた状態のまま、つまり安全な状態で保管することができます。荷物の破損や落下事故などを防ぐことができる物流機器で、保管効率向上のために多くの現場で使われています。

それでは、具体的にパレットラックとネステナーの違いを見てみましょう。

パレットラックの特徴

パレットラックは一段(1間口)あたり、1t~3.5tのパレット積みの荷物を積載することができます。積載面サイズは一般的なパレット約2枚分の大きさとなります。

限られた床面スペースを有効に利用でき、保管物の荷崩れ破損を防ぎ、積層タイプを採用すれば、倉庫の上部空間を有効活用できます。

パレットラックはトラス(二本の柱を筋交いでつないだ面状の部材)、ビーム(棚の梁にあたる部分の部材)、デッキチャンネル(前のビームと奥のビームを渡す形で取り付ける梁)の3つの部材で構成されます。

一般的なパレットラックは1間口に2枚のパレットが保管できるよう設計されています。例えば、幅1100mmパレット(T11)を使用する場合、2枚の合計幅である2200mmにフォークリフト操作のためのクリアランス300mmを加えた内寸幅2500mmのパレットラックが最適サイズで、幅1200mmのパレットを利用する場合は、内寸幅2700mmが最適サイズとなります。

ビーム幅が約半分のサイズ(半間口)もあり、1間口あたり1枚のパレットを保管します。倉庫内の柱を避けて、効率的にレイアウトすることができ、間口の幅は1100mmパレットで内寸幅1300が一般的です。

ネステナーの特徴

ネステナーは一段(1間口)あたり、1tのパレット積みの荷物を積載することができます。積載面サイズはほぼパレット1枚分の大きさとなり、設置レイアウトの自由度はパレットラックより柔軟にできます。

ネステナーは倉庫の限られたスペースを有効活用でき、サイズは保管する荷物の荷姿で決まります。例えば幅1100mmのパレットに対し、高さ1500~1600mmの荷物を扱う現場では、内寸W1250×D1150×H1700のネステナーを選びます。

ネステナーは2~4段ほど上に積み重ねることができ、保管効率を向上させることができます。固定ラックとは異なり、床へのアンカー固定する必要がなく、レイアウトを自由に変えることができます。使用しない時は5~8段ほどの多段積み(ネスティング)に保管することで、ムダな設置スペースを取りません。

パレットラックとネステナーの高さ

パレットラックとネステナーは、倉庫の天井高や使用するフォークリフトにより、最大何段積みにして使用するかによって高さが決まります。

パレットラックの場合、パレット仕様や倉庫形状により、間口、奥行、高さを自由に設計でき、大型物流不動産の標準天井高となる最大5.5mを上回る、支柱を最大6mまで対応可能です。

またネステナーの最大積み重ね段数は4段程度となりますが、2m超えるような背の高いネステナーの場合は積み重ね可能数が少なくなり、1m以下の背の低いネステナーの場合は高く(4段積みなど)なることが一般的です。

パレットラック・ネステナーがおすすめのケース

パレットラック・ネステナーは、倉庫の限られた有効面積をフル活用する際に有効です。保管物があふれ、新たに倉庫を借りる必要が生じた場合に導入されることが多数あります。

パレットラックがおすすめのケース

フォークリフトを使用する倉庫の一般的な保管設備として、管理効率が格段に向上します。積載面に合板やスチール製の棚板を配置することで一般的なスチールラックよりも強度の高い物品棚として利用することも可能です。

ネステナーがおすすめのケース

レイアウト変更が楽に行え、組み立てや設置の必要がないため、手軽に使えるのがネステナーです。天井がある程度高い倉庫において、保管効率を向上したいとお考えの際にオススメします。

パレットラックを配置するメリットとは?

パレットラックに格納したパレット上の貨物出し入れが容易になり、荷役の時間効率が向上する
整然と収納することにより管理効率向上と棚段の高さ位置を自由に調整できるため、様々な荷姿に対応できるようになります。

またパレットラックは、段の高さを自由に調整できます。1段目と2段目は、保管物に合わせて高さを設定できるため、保管効率が向上します。取り扱いの荷物が変更した場合でも、パレットラックのままで対応できます。

ネステナーはレンタルがおすすめ

3PL業者様は、荷主様との契約の更新期間によって、一定期間しかネステナーを使用しないこともよくあると聞きます。そういったケースも含め、ネステナーは一時的な物流波動に対応できる、レンタルで使用することがオススメです。

パレットラックは設置工事が必要ですが、ネステナーは設置・解体工事が必要なく、フォークリフトによる移動で手軽に設置・撤去ができますのでレンタルサービスのニーズが高まっています。物量に大きな変動があった場合、気軽に返却することも可能です、

また、レンタルの場合、初期コストも抑えられ、導入のハードルを下げることができることも大きなメリットです。

パレットラックの選定方法

パレットラックを選定する際、以下4点をご確認ください。
■保管物
保管物の荷姿の寸法と質量をお確かめ下さい。パレットサイズとパレット収納す枚数を確認します
■ラック寸法
クリアランスを含め、間口有効寸法を選定します。1段にパレットが2枚並ぶ様に選定してください
■全高
間口寸法と積載荷重でビームを選定します。建物有効高さ内かをお確かめください
■通路幅・揚程
パレットが1100×1100mm、質量500kg、荷高900mm、パレットを6枚収納する場合。

レンタルから導入までの流れ

【ご相談】
uprの物流機器レンタルは、簡単STEPで開始可能です。まずはお気軽にご相談下さい。お問い合わせは担当営業、または各営業所へご連絡ください。お客様に最適なレンタルシステムをご提案します。
【お見積り】
費用:商品、数量、期間によって異なりますため、まずはご相談ください。
期間:10日間以上からとなります。10日間未満の場合でも、10日分のレンタル料金 をご請求させていただきます。
料金:物流機器やパレットのレンタル料金は(お取引日よりご返却までの日数)× (使用数量)×(単価1日)にて算出させていただきます。
【ご発注】
商品、数量、期間によって異なります。お見積もり後、ご発注となります。
発注の際はレンタル商品、数量、期間、料金、およびお受け渡しデポ、お受け渡し日等をご確認ください。
【お受け渡し】
近隣のデポで受け渡しいたします。弊社にて運賃をいただいてお送りすることも可能です。
デポでの在庫が流動的ですので、ご利用時には必ず2・3日前に弊社にお問い合わせください。

パレットラックの設置例

建材関連を扱う倉庫では、在庫品を分別しながらピッキング及び出荷に時間がかかっていたため、資材ごとに分類して保管できるパレットラックを導入しました。資材を縦置きに保管管理することで、見つけやすく、取り出しやすくなり、作業生産性が向上しました。また、不良在庫を減らすことができ、倉庫内のスペースも向上しています。

また、機械部品をフリーロケーションで収納する倉庫では、収納物の大きさがまちまちで重量物であったためパレットラックを導入。イレギュラーの大きな貨物を収納に対応、フリーロケーションの棚として活用されています。

まとめ

パレットラック、ネステナーとも保管に適した物流機器として、多くの倉庫で採用されています。整然と貨物を保管することができるため管理面でも大変有利で、労働力不足に対応することも期待されています。

 


物流のお問い合わせはこちら

物流機器のレンタルや販売、物流効率化ならお任せください!
お客様のニーズに合わせた製品をご提案します。
製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

物流のお問い合わせはこちら

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > パレットラックとネステナーの違いとは?特徴や相場、設置例を紹介