スマートパレット導入事例

CASE STUDY

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > スマートパレット > 導入事例 > パレットの紛失抑制・滞留抑制を実現

パレットの紛失抑制・滞留抑制を実現

導入商品
スマートパレット

資材の入出庫・受払いを自動管理し、パレットの紛失・滞留抑制に成功した飼料系会社の事例

利用目的

飼料を納入する物流現場におけるパレットの流出・滞留が頻発。
どこの協力会社がいつ流失させているかをつきとめ、
運用方法の見直し、返却スキームを講じることでコストを削減する。

利用効果

1.紛失防止によるパレット新規補充コストの削減
2.各拠点からのパレット回収率の向上(運送コスト削減)
3.遠回りルート修正(運送コスト削減)
4.環境負荷低減(資源保護、CO2削減)

【費用】

リーダー利用料(レンタル) 9拠点   45千円/月

スマートパレット(レンタル)1,300枚  350千円/月

【削減コスト】

パレット補充費用(年/千枚削減を12ヶ月で案分) -  350千円/月

運送費用A(滞留場所からの回収)        -  100千円/月

運送費用B(遠回りルートの修正)        -   100千円/

計                          -   550千円

利用方法

1.プラスチックパレットの一部をスマートパレットで運用

2.web画面から各拠点のパレットの管理状態を監視

3.データをCSV形式でダウンロードし、分析資料作成

その他事例

鋼製パレットにアクティブRFIDタグを搭載し、工場から物流センター、建設現場までの一貫した製品輸送を自動管理

詳しく見る

カゴ車の入出庫を自動管理し、運用効率の向上と引っ越し荷物の保管状況可視化を実現

詳しく見る

パレットの動きを監視し、正確な輸配送と某市場内の作業効率化を実現

詳しく見る

スマートパレット導入事例