コラム
IoTソリューション

COLUMN

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > IoTソリューション > IoTコラム > IoT機器とは?すべてのモノがインターネットにつながる技術革新

   

IoT機器とは?すべてのモノがインターネットにつながる技術革新

IoT機器の導入でモノやサービスがもっと便利に生まれ変わる

IoT機器とは?すべてのモノがインターネットにつながる技術革新

IoT(Internet of Things)とは?すべてのモノがインターネットにつながる

IoTとは、従来のパソコンやサーバーだけでなく、すべてのモノがインターネットにつながる技術革新のことです。すでに導入が進んでいるIoT機器の具体例として、スマート家電、自動運転車、産業用ロボットなどがあります。IoT機器は、とりつけたセンサーから情報やデータを集めたり、リモコンで遠くから機械を操作したりするために使われています。

そのため、新規ビジネスの創出や、生産性の向上が期待されています。総務省の試算では、2030年までにIoTの導入が進んだ場合、実質GDPを132兆円増加させる効果があります。[注1]

IoTによって実現できる2つのこと

IoT技術を利用することで、次の2つのことが実現可能です。

遠くからモノの状態を知る

IoT機器にセンサーをとりつけることで、その場にいなくても多くの情報やデータを自動で収集することができます。たとえば、気温・湿度・気圧などの気象状況や、騒音、放射線量などを観測するセンサーをとりつければ、屋内外を問わず環境モニタリングが可能です。

IoTの農業分野への応用では、土壌の状態をセンサーでモニターし、成分や水分量の管理に役立てる事例があります。身近な例では、児童や高齢者を人感センサーによって検知し、不在時に安心・安全に過ごせているかどうかを確認する「見守りサービス」があります。

遠くからモノを操作する

遠く離れたところにいても、無線通信機能のあるワイアレスタグをとりつけたIoT機器なら、リモコンなどで簡単に遠隔操作できます。インターネットとつながったスマート家電が代表例です。

たとえば、スマートフォンのアプリなどを使い、外出先からお風呂を沸かしたり、ご飯を炊いたりすることができます。IoT機器の導入によって、身近な暮らしがもっと便利に変わります。

[注1]総務省:第5節 第4次産業革命の総合分析[pdf]

IoTの導入でモノやサービスに新たな付加価値が生まれる

従来インターネットに接続されていなかったものをIoT化すれば、新たな付加価値が生まれます。IoTの導入には132兆円の経済効果があると予測されています。生産性の向上や新規ビジネスの創出が期待されます。

その他のコラム

飲食店のIT活用による業務効率化

飲食店のIT活用による業務効率化

詳しく見る

HACCP(ハサップ)とは?認証のメリット

HACCP(ハサップ)とは?認証のメリット

詳しく見る

飲食店におけるHACCPへの対応

飲食店におけるHACCPへの対応

詳しく見る

駐車場の防犯・セキュリティ対策

駐車場の防犯・セキュリティ対策

詳しく見る

駐車場の稼働率向上・計算方法

駐車場の稼働率向上・計算方法

詳しく見る

~SERVICE~ 関連サービスの御紹介

  • モノならなんでも追跡システム【なんつい】
  • IoT/M2Mプラットフォーム【UPR OCEAN】

サービス一覧

ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ