物流コラム

INFORMATION

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > パレット > 物流コラム > 3温度帯、4温度帯とは?それぞれの特徴と違いを説明!

3温度帯、4温度帯とは?それぞれの特徴と違いを説明!

パレット
物流コラム

特に食品物流を中心とした輸配送、保管時の温度指定に使われ、常温(ドライ)・冷蔵(チルド)・冷凍(フローズン)の「3温度帯」が一般的となりますが、これに定温を加えたのが「4温度帯」となります。

3温度帯とは

食品物流において、基本となるのは3温度帯です。3温度帯における、一般的な温度管理の基準・温度指定は、次のとおりです。

  • ・常温(ドライ):10℃~20℃
  • ・冷蔵(チルド):-5℃から5℃
  • ・冷凍(フローズン):-15℃以下

3温度帯の温度基準

3温度帯を食品に細分化してみると、以下のように分類されます。

  • ・加温・・・20℃以上 ピザ、フライ類など
  • ・常温(夏場の高温期は「定温」と呼ばれる)・・・10~20℃ チョコレート菓子、米、マヨネーズ、ドレッシングなど
  • ・冷蔵・・・ 5~マイナス5℃ 乳製品、精肉など
  • ・氷温・・・ 0~マイナス3℃ 鮮魚、漬け物など
  • ・パーシャル・・・ マイナス3℃ 鮮魚類

倉庫業法ではC3級(0~10℃)、C2級(0~マイナス10℃)、C1級(マイナス
10~マイナス20℃)に区分されています。

  • ・冷凍 C1級・・・マイナス10~マイナス20℃ パン生地、調理用冷凍食品
  • (マイナス18℃)
  • ・F1級・・・マイナス20~マイナス30℃ アイスクリーム類(マイナス25℃)
  • ・F2級・・・マイナス30~マイナス40℃
  • ・超冷凍 F3級・・・ マイナス40~マイナス50℃ 冷凍マグロなど
  • ・F4級 マイナス50℃以下

4温度帯とは

上記3温度帯に、10℃から20℃の一定の温度と湿度が保たれた温度帯を加えたものが4温度帯です。

定温は取り扱う商品によって、指定の定温温度が変わる場合があり、配送業者で定義されている温度が異なる場合もあります。

商品、配送業者様、それぞれの指定の温度をしっかり確認して「定温」で扱いましょう。

3温度帯との相違点

定温の温度帯指定で取り扱われる食品は、冷蔵ほど冷やさず、一定の温度での保管が望ましいものです。ワインやチョコレートなど、デリケートな食材に定温が重要です。

記事まとめ

「定温」と「低温」は、温度帯が違いますので注意が必要です。具体的な相違点は以下の通りです。

定温…10℃から20℃の中で一定に定められて管理された環境
低温…冷凍に近い温度帯。また、0℃以下を低温と言うことが多く、マグロなど鮮魚の輸送や保管するのに「低温」という表現が使われる場合があります。読み方は同じ「ていおん」のため、くれぐれもご注意ください。