アシスト
スーツ
MENU

アシストスーツ導入事例

CASE STUDY

島田療育センター

導入商品
アシストスーツ

オンライン体験会のトライアルを経て、サポートジャケットBb+FITを導入

島田療育センター

オンライン体験会に参加し「サポートジャケットであれば、日頃行っているケア場面で使用できる」と手ごたえを感じ導入を決意。ケア場面に合わせて柔軟に活用している。

島田療育センター
課題
  1. 利用者の日常生活全てに職員の援助が必要であり、職員の身体的負担(腰痛など)を軽減したい
  2. 利用者の身体の変形・拘縮など個別性に合わせた援助が必要であり、特に移乗援助は職員2名で援助している
  3. 職員に対する事前アンケートでは、腰痛や身体的負担を感じている職員が6割と多い結果であった
導入効果
  • 良い姿勢に導いてくれるため、職員自身が姿勢を意識でき身体の負担を感じにくい
  • ユニホームの上から簡単に装着でき、移乗援助や他の日常生活のケア場面で活用している
  • 現在、各職場でお試し導入しているが、装着に慣れて自分に合った使い方を見つけている職員もいる

お客様の声

その他事例

内山農園

年齢的な体力低下等を見越してサポートジャケットを導入。様々な動きでもサポートでき、腰の負担軽減に成功

内山農園 様

  • 業種: 米、野菜等全体で約50品目を栽培
詳しく見る

こと京都株式会社

中腰姿勢で行う収穫作業や、最大90kgの製品の積み下ろし作業にサポートジャケットBb+FITを活用

こと京都株式会社 様

  • 業種: ねぎの生産・加工
詳しく見る

大高建設株式会社

5年間のアシストスーツ検討の末に、サポートジャケット Ep+ROBOで腰の負担軽減に成功

大高建設株式会社 様

  • 業種: 総合建設会社
詳しく見る

物流や製造業の作業現場だけではなく介護や農業などあらゆるシーンで活躍

CONTACT

本製品に関するお問い合わせ

ユーピーアール株式会社が提案する腰負担を軽減するアシストスーツについて
まずはお気軽にお問い合わせください。