アシスト
スーツ
MENU

アシストスーツ導入事例

CASE STUDY

さわらびグループ

導入商品
アシストスーツ

介助時の身体への負担軽減のためにアシストスーツを導入!

さわらびグループ

さわらびグループ(医療法人・社会福祉法人・学校法人)は病院、老人保健施設、医学研究所、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、ケアハウス、サービス付き高齢者向け住宅、介護付き有料老人ホーム、障がい者支援施設、学校法人などを運営している

さわらびグループ
課題
  1. 介護福祉士の多くが腰痛に悩対策の費用や時間が大きな負担になっていた
  2. 従業員の殆どが慢性的な腰痛に苦しんでいた
  3. コルセットやサポーター等複数の対策をしなければならなかった
導入効果
  • 様々な腰痛対策がサポートジャケット1着で済むようになった
  • 作業中に着用することでサポートジャケットのみで体の負担を軽減させることができるようになった
  • 作業終了後の腰の痛みが低減、疲労感も少なくなった

お客様の声

その他事例

内山農園

年齢的な体力低下等を見越してサポートジャケットを導入。様々な動きでもサポートでき、腰の負担軽減に成功

内山農園 様

  • 業種: 米、野菜等全体で約50品目を栽培
詳しく見る

こと京都株式会社

中腰姿勢で行う収穫作業や、最大90kgの製品の積み下ろし作業にサポートジャケットBb+FITを活用

こと京都株式会社 様

  • 業種: ねぎの生産・加工
詳しく見る

島田療育センター

オンライン体験会のトライアルを経て、サポートジャケットBb+FITを導入

島田療育センター 様

  • 業種: 医療型障害児入所施設
詳しく見る

物流や製造業の作業現場だけではなく介護や農業などあらゆるシーンで活躍

CONTACT

本製品に関するお問い合わせ

ユーピーアール株式会社が提案する腰負担を軽減するアシストスーツについて
まずはお気軽にお問い合わせください。