なんモニのカスタマイズ| 遠隔監視・環境計測 |upr

サービス概要

カスタマイズ

お客様のご要望に応じて開発いたします。

【よくあるご要望】

○計測間隔を10分よりも短くしたい ○計測監視点数を増やしたい ○見慣れた画面で運用したい

業務に最適なWebアプリケーションの開発

お客様のご要望に応じた通信ドライバの開発ができるM2Mシステムを導入される多くのユーザーは、データを収集することそのものが目的ではありません。
収集したデータを分析し、「業務の見直し」「顧客満足度の向上」「新製品の開発」など、「売上拡大」「コスト削減」「新規市場の開拓」を最大の目的としています。
M2Mシステム導入により目的を達成するには、効率的なアプリケーションは不可欠です。
御社のビジネスに必要な情報を、効率的に収集できるアプリケーションのご提案と開発をすることで、御社のビジネスの拡大に貢献します。

通信ドライバーの開発

いろいろな機器に接続が可能M2Mシステムは、よりデータを効率的に収集するために、対象機器をIPネットワークに対応させることから始まります。
対象機器がIPネットワークに対応していない場合、なんモニ専用通信機器との連携により、IPネットワークに対応させることが可能となります。
しかし、対象機器となんモニ専用通信機器は、お互いのコミュニケーション方法を知らないため、単に線を繋ぐだけでは通信は出来ません。
お互いのコミュニケーション方法を理解し、通訳する役割を担うのが、通信ドライバーとなります。
なんモニとの連携を可能とする通信ドライバーの開発をサポートし、御社のビジネスにM2Mシステムを導入することで、御社のビジネスの拡大に貢献します!

【導入までの流れ】

導入までの流れ

カスタマイズ事例

  • ボンベ残量検知
  • コインパーキング
  • 太陽光発電