M2Mとは

M2M(Machine to Machine)とは

M2M(Machine to Machine)とはM2Mとは「Machine to Machine」の略であり、通信ネットワークに繋がれた機器同士が、人手を介すことなく情報伝達を行い、管理・制御を実現するシステムを示します。

機器同士の通信には多くの方法がある中で、他の通信方法と比較し、簡単・安価に広域通信網を利用できる携帯電話を利用してM2Mを実現する、いわゆるモバイルM2Mの事例が増加傾向にあります。

M2Mシステムに繋がれた機器は、リアルタイムで稼働状態や、異常検知が可能となり、予防保全やCRMの向上に役立ち、通信ネットワークを利用して自動的に収集された情報は、商品やサービスの品質向上にも役立てることが出来ます。

近年は、センサーや通信機器の小型・高性能・低価格化が凄まじいスピードで進み、益々多くの機器を通信ネットワークに接続することが容易になり、今後より多くの分野におけるM2Mの活用が予想されています。

なんモニの特長

注目される理由

日本では、約1億3000万人の人口に対し、携帯電話の契約数は既に1億4000万件を超え、人が使う携帯電話は飽和状態と考えられています。
一方で、日本国内にある機器は、人口よりもはるかに多く、仮にこれらに通信機能を持たせることが実現すれば、通信事業者は更なる事業の拡大が期待出来ます。

そこで、多くの携帯電話事業者は、M2M事業の拡大を目指し、積極的に普及拡大に向けた提案活動を行ったことから、多くの分野においてM2Mの導入検討が増加し、今後ますます大きな市場となることが期待されています。 (※図:拡大するM2Mの市場規模 参照)

また、販売戦略の意思決定に利用されるデータ等の収集などで今まで利用していなかったデータ等もM2Mと他の技術の融合によって進化しつつあります。
例えば、大手ネット販売サイトで行われているリコメンド機能も、顔から年齢・性別を認識する事により駅の自動販売機等でこのリコメンド機能が実装されていたりという事もこのM2Mが密接に関連しているといえます。

今後の課題

M2Mを利用した管理・制御を実現することで、業務の効率化による即効性の高いコスト削減は最も期待されることですが、同時に、迅速な顧客対応、商品力の向上という即効性の低い効果も期待出来ます。
しかし、M2Mの導入に際しては、「機器選定」「ソフトウェア開発」を始め、あらゆる要素をトータルでコーディネイトする必要があり、多額の費用を要することも珍しくありません。

さらに、運用面に関しても、多くのスキルとノウハウを求められ、高度な専門知識を有する人材の確保を検討しなければなりません。
つまり、「費用対効果」「多額の投資」「開発期間の長期化」等が障壁となり、導入に踏み切れない事態に直面することも多いようです。

なんモニのご提案

「なんモニ」で解決!

  • ・M2Mシステムの導入に必要な要素をワンストップでご提供
  • ・通信回線が敷設されていない場所でもM2Mをスピーディーに構築
  • ・ご契約法人様毎の専用Webサイトで複数拠点を一元管理
  • ・IP-VPN、SSLによる秘匿性の高いデータ送受信
  • ・RS232C、Ethernetを実装。様々な機器との連携が可能

標準パッケージの他にも、多く分野での導入で培った経験を基に、お客様のご要望に応じたカスタマイズにも柔軟に対応させていただきます。
お気軽にお問い合わせください!

なんモニの特長