コラム
IoTソリューション

COLUMN

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > IoTソリューション > IoTコラム > 倉庫管理と在庫管理の違いは?物流コストを減らすには3つのポイントが重要

   

倉庫管理と在庫管理の違いは?物流コストを減らすには3つのポイントが重要

倉庫管理について在庫管理との違いやコスト削減のポイントを徹底解説

倉庫管理と在庫管理の違いは?物流コストを減らすには3つのポイントが重要

倉庫管理とは?物流の効率化に欠かせない「在庫」と「入出庫」の管理

物流の効率化に欠かせないのが倉庫管理です。倉庫管理はさまざまな業務を含みますが、倉庫内の「入出庫」と「在庫」の管理が主たる業務です。

荷卸から仕分けまで行う「入庫」

倉庫管理の「入庫」においては、下記の4つの作業を行います。

*荷卸

*入庫伝票の照合

*検品

*仕分け

 

まず、倉庫に搬入された原料や商品の荷卸を行い、入庫伝票と一致しているか一つひとつ確認する必要があります。伝票の確認後、実際の荷物の中身をチェックし、検品作業を行います。これらの作業に問題がなければ、倉庫のレイアウトに従い、荷物の保管場所ごとに仕分けを行います。

 

品出しから出荷まで行う「出庫」

倉庫管理の「出庫」においては、下記の4つの作業を行います。一般的には、倉庫に荷物を搬入する入庫作業とは逆の流れです。

・ピッキング

・検品

・梱包

・出庫伝票の照合

まずは品出し(ピッキング)をし、出荷したい原料や商品を倉庫の保管場所から取り出します。その際、荷物の中身が実際に出荷すべき対象であるか、検品作業が必要です。問題がなければ、緩衝材やダンボールなどを使い、一つひとつ梱包を行います。梱包作業後に出庫伝票を貼り付け、入庫時と同様に伝票との照合作業を行います。入庫・出庫ともに手間やコストがかかる作業のため、近年の物流ソリューションにおいて業務効率化が試みられています。

 

倉庫内にある荷物の在庫を管理

倉庫に原料や商品を保管する以上、荷物の在庫を適切に管理することも重要です。倉庫内の在庫がどれくらいあるのか、適正な在庫量と比べてどれだけ不足しているかを確認し、発注の量やタイミングをコントロールします。余剰在庫を減らし、機会損失を避けることで、利益の最大化につながります。

 

倉庫管理と在庫管理の違いは「目的」と「管理の対象」

倉庫管理とよく似た業務として、「在庫管理」が挙げられます。倉庫管理でも在庫管理でも、倉庫や物流センターの荷物の在庫を「見える化」し、在庫量を適切に管理することが大切です。しかし、倉庫管理と在庫管理は、それぞれ管理する「目的」と「対象」の2点で異なっています。

 

倉庫管理の目的はあくまでも倉庫内業務の効率化

在庫管理では、倉庫以外の荷物の在庫もトータルで管理することを目的としています。たとえば、倉庫に入荷する前や、倉庫から出荷された後も荷物を追跡し、移動情報をもとに在庫量を可視化する必要があります。倉庫管理においては、あくまでも倉庫内のラックやパレットを調べ、在庫データを適正化することが目的です。倉庫管理も在庫管理も、適切な在庫量の維持が目的ですが、在庫の把握に使う業務システムは別のものを使用することが一般的です。

 

倉庫管理では倉庫内の人員や資材の管理も重要

在庫管理の場合は、管理対象は荷物の在庫データにほぼ集約されています。しかし、荷物の入庫・ピッキング・出庫などの業務も含む倉庫管理では、業務効率化を目指すうえで、在庫データだけでなく倉庫内の人員や資材の管理も必要です。たとえば、倉庫内の通路の幅や、ラックやパレットの配置を工夫し、効率的に作業しやすいレイアウトを構築する問題解決方法があります。入出庫作業や発想時間の短縮、ひいては物流コストの削減のため、倉庫内業務をトータルで効率化する必要があるのが倉庫管理です。

 

倉庫管理のコストを削減するための3つのポイント

wms001

倉庫管理で頭を悩ませるのが、肥大する物流コストの問題です。物流コストを削減するためには、無駄な作業を減らし、人的コストや運用コストを抑制する必要があります。倉庫内の整理整頓を行い、作業しやすい倉庫レイアウトを構築するのはもちろん、「マテハン機器の活用」、「WMS(倉庫管理システム)の導入」、「倉庫管理のアウトソーシング」の3つの施策が効果的なソリューションです。

 

1.WMS(倉庫管理システム)を導入する

物流コストの低減のため、多くの倉庫や物流センターが導入をはじめているのが、WMSWarehouse Management System:倉庫管理システム)です。倉庫管理システムと、物流業務で使われる基幹システムとの違いは、前者が「庫内物流」の効率化に特化した情報システムである点です。WMSには、入出庫管理・在庫管理・商品管理・返品管理・帳票管理・棚卸管理などの倉庫内作業に役立つ機能が数多く備わっています。

 

たとえば、WMSで在庫管理を行う場合、倉庫や物流センター内の実在庫を情報システム上でリアルタイムに管理できます。入出庫による商品数の変化についても、作業員による手作業や、あやふやな記憶に頼らず、システム内で自動的に把握可能です。また、入荷した日付や、製造された年月日も一元的に把握できるため、古い物品が倉庫内に長期滞留することを防止できます。倉庫管理システムを導入すれば、従来手作業で行ってきたオペレーションを見直し、倉庫内業務の大幅な効率化やスピードアップを達成できます。無駄な作業を減らし、人件費と作業工数を抑制できるため、倉庫管理の物流コスト削減につながります。

 

2.スマートなマテハン機器を駆使して業務効率化

マテハン機器とは、物流業務の効率化に使われる作業機械の総称です。フォークリフト、パレット、ラック、コンベア、ハンディターミナルなどが挙げられます。倉庫内の荷物の在庫量の把握や、検品作業、入出庫伝票との照合作業を一つひとつ手作業で行っていると、手間や人的コストがかかりますし、作業ミスも増加します。

 

パレット単位で荷卸を行い、ハンディターミナルでバーコードを読み取るなど、マテハン機器を駆使することで、入出庫作業や在庫管理を正確かつ迅速に行えます。また、近年ではIoT技術を活用したパレットも登場しています。一つひとつのパレットにICタグが搭載されているため、WMSを通じて手作業によらない在庫の「見える化」が可能です。また、パレット単位で入出庫管理を自動化できるため、人的コストと運用コストを圧縮できます。スマートなマテハン機器を活用することが、倉庫管理のコスト削減の近道です。マテハン機器は購入だけでなくレンタルも可能なため、初期費用を抑えたい方も安心です。

 

3.物流のプロに倉庫管理をアウトソーシングする

物流業務のうち、大きなコストのかかる倉庫管理をアウトソーシングするのも効果的な物流ソリューションの1つです。特に自社倉庫を持たない企業や、自社物流を行う人的資源が乏しい企業に有効です。倉庫管理には倉庫はもちろん、倉庫管理システムの導入費用や、ラック、パレット、フォークリフトなどの資材を購入・維持管理する固定費がかかります。

 

倉庫管理のアウトソーシングであれば、新規に設備投資するよりもコストを抑えられます。月額の入出庫料や管理費用を支払う形のため、なかなか目に見えづらい物流コストを見える化できます。また、物流業務にかかっていた労力を販促や営業などのコア業務に集中させられるため、人的資源の有効活用にもつながります。物流コストの増大にお悩みの企業は、一度アウトソーシングを検討してみてください。

 

倉庫管理ならWMSの導入やアウトソーシングで物流コストを最小化

今回は、倉庫管理と在庫管理の違いや、物流コストを抑えるポイントを解説しました。倉庫管理とは、入出庫作業や在庫の管理だけでなく、人員や資材の管理も含む倉庫内マネジメントの総称です。WMSやスマートなマテハン機器を導入することで無駄な作業を減らし、人的コストを抑えられます。自社倉庫がなく、人的資源が乏しい場合は、倉庫管理のアウトソーシングがおすすめです。固定費を抑え、コア業務に人材を集中できます。

その他のコラム

IoTプラットフォームとは?種類や選び方のポイントを解説

IoTプラットフォームとは?種類や選び方のポイントを解説

詳しく見る

トレーサビリティとは?製品やサービスの品質管理に欠かせない「追跡システム」

トレーサビリティとは?製品やサービスの品質管理に欠かせない「追跡システム」

詳しく見る

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)とは?IoTも含めた3つの活用事例を紹介

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)とは?IoTも含めた3つの活用事例を紹介

詳しく見る

IoTシステムで実現できることとは?適用シーンと併せて解説

IoTシステムで実現できることとは?適用シーンと併せて解説

詳しく見る

IoTソリューションの意味や導入事例を詳しく紹介

IoTソリューションの意味や導入事例を詳しく紹介

詳しく見る

~SERVICE~ 関連サービスの御紹介

  • モノならなんでも追跡システム【なんつい】
  • IoT/M2Mプラットフォーム【UPR OCEAN】

サービス一覧

ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ