コラム
IoTコラム

COLUMN

   

RFIDリーダーとは?機能と特徴をタイプ別に徹底解説!

RFIDリーダーとは?
機能と特徴をタイプ別に徹底解説!

RFIDリーダーとは?機能と特徴をタイプ別に徹底解説!

 

RFIDリーダーとは?

RFIDリーダーとは、RFタグをスキャンしたり、内蔵メモリにデータを書き込んだりする機器です。RFタグはICタグや電子タグのことで、電波(電磁波)を使ってデータ通信を行う機能を持っています。これまで使われてきたバーコードリーダーと違い、RFIDリーダーは複数枚のRFタグを同時に読み取ることができます。そのため、小売店舗のレジ会計や物流倉庫の検品・ピッキングなど、さまざまなシーンでRFIDリーダーが活躍しています。

 

RFIDリーダーライターとの違い

RFIDリーダーとよく似た言葉に「RFIDリーダーライター」があります。RFIDリーダーライターは、RFタグのデータの読み取り/書き込みを同時に行うことができる機器です。正確には、RFIDリーダーにはデータの読み取り機能(リーダー)しかありません。しかし、実務上はRFIDリーダーライターを「RFIDリーダー」と呼ぶケースがあります。RFIDリーダーライターが「RFIDリーダー」と呼ばれるのは、RFタグの書き込み機能(ライター)よりも、読み取り機能(リーダー)の方が使われることが多いからです。

 

RFIDリーダーのメリット

複数枚のタグを同時に読み取れる

RFIDリーダーのメリットは「複数枚のタグを同時に読み取れる」点にあります。これまで小売店舗や物流倉庫では、バーコードタグを利用するケースが多く、バーコードリーダーをかざしてタグを一枚ずつ読み取る必要がありました。しかし、RFタグを導入すれば、RFIDリーダーを付近にかざすだけで、数十枚から数百枚のタグを同時にスキャンすることができます。従来の業務フローと比較して、およそ10分の1の時間でタグを読み取ることが可能です。

距離が離れたタグを読み取れる

また、RFIDリーダーはバーコードリーダーよりも通信可能な距離が長いため、ある程度遠い場所にあるタグを読み取ることも可能です。距離が離れたタグだけでなく、高いところのタグもRFIDリーダーをかざすだけでスキャンできます。バーコードリーダーを利用する場合、高所の商品のタグを読み取るため、作業者が脚立やハシゴで登る必要がありました。RFIDリーダーなら階下からそのままタグをスキャンできるため、従業員がより安全に作業を行うことができます。

遮蔽物に覆われたタグを読み取れる

RFIDリーダーはバーコードリーダーと通信方式が異なり、電波を用いてRFタグとワイヤレス通信を行います。そのため、RFタグが段ボール箱などの遮蔽物に覆われていても、通常通りスキャンすることが可能です。この特徴を活かせば、物流倉庫の検品・ピッキング作業を効率化できます。バーコードリーダーの場合、段ボール箱を開けなければタグを読み取れません。しかし、RFIDリーダーなら商品が箱の中に入ったままスキャンすることが可能です。そのため、物流倉庫の作業効率を大きく改善することができます。

表面が汚損したタグを読み取れる

同様にして、RFIDリーダーはRFタグとワイヤレス通信を行うため、タグの表面が汚れていても読み取りに支障がありません。一方、バーコードリーダーやQRコードリーダの場合は光センサーでタグの表面をスキャンするため、「テープが貼られたタグ」「汚れや染みが付着したタグ」などは読み取りできない可能性があります。そのため、タグが汚れやすい作業環境でも、RFIDリーダーなら高い精度でタグを読み取ることが可能です。

 

タイプ別 RFIDリーダーの特徴と機能

セパレート型

RFIDリーダーにはさまざまなタイプがあります。そのなかでも、もっとも汎用性が高く、携帯性に優れるRFIDリーダーが「セパレート型」です。セパレート型のRFIDリーダーは、RFタグの電波を受け取るアンテナとリーダー本体が一体化しています。また、セパレート型のRFIDリーダーにはバッテリーが内蔵されているため、給電設備がない屋外でも長時間使用することが可能です。ただし、RFタグから読み取ったコードを処理する機能はないため、PCやスマホなどの端末とペアリングする必要があります。

ライドオン型

「ライドオン型」のRFIDリーダーも、セパレート型と同様に持ち運びが可能なハンディタイプの機器です。ライドオン型の特徴は、リーダー本体の上部にスマホなどのモバイル端末を取り付けられる点にあります。端末を必要に応じて取り替えることで、さまざまな作業内容に対応できるのがライドオン型の強みです。一方、セパレート型のリーダーよりもサイズが大きく、上部に別の端末を取り付ける必要があるため、一定程度の重量があるのがデメリットです。

モバイル搭載型

「モバイル搭載型」のRFIDリーダーは、ライドオン型と違って最初からモバイル端末がリーダー本体に付属しています。そのため、スマホなどの端末を別途用意しなくても、RFIDリーダーだけでRFタグを読み取り、データ処理を行うことが可能です。また、モバイル搭載型はバーコードタグをスキャンすることもできます。RFタグとバーコードタグを併用している場合は、モバイル搭載型のRFIDリーダーを導入するのが一般的です。

デスクトップ型

これまで紹介してきた3つのタイプのRFIDリーダーは、いずれも持ち運びが可能でした。「デスクトップ型」のRFIDリーダーは、机やカウンターの上に置いて使用する据え置きタイプの製品です。ハンディタイプのRFIDリーダーと比較して、ハンズフリーで利用できるのがデスクトップ型のメリットです。そのため、小売店舗のレジ会計システムや図書館の蔵書管理システムでは、主にデスクトップ型のRFIDリーダーが使われています。

固定型

「固定型」のRFIDリーダーも、デスクトップ型と同様に据え置きタイプの製品です。机やカウンターの上に置いて使うデスクトップ型と違い、固定型のRFIDリーダーは、施設内の天井や壁などに取り付けて使います。RFタグの読み取り範囲を事前に調整する必要がありますが、他のタイプのRFIDリーダーよりも読み取り精度が優れているのが固定型の特徴です。ただし、バッテリーを内蔵していないため、リーダー本体に給電する必要があります。

 

UPRのDXタグで業務を改善

UPRはRFIDリーダーを活用し、さまざまな業務改革を実現する「DXタグ」を提供しています。DXタグを導入すれば、小売店舗や物流倉庫の経営課題を解決することが可能です。

  • ◯商品の場所を探すのに時間がかかる
  • ◯商品の保管場所を最適化したい
  • ◯商品の数量を把握し、在庫管理に活用したい
  • ◯機器の使用状況をリアルタイムに把握したい

 
UPRのDXタグなら、こうした悩みを解決し、在庫確認や機器の使用状況をリアルタイムに把握することができます。DXタグは最大300mまで読み取り可能なため、広い施設でも利用可能です。

 

まとめ

RFIDリーダーは、ICタグの読み取り・書き込みが可能な機器です。RFIDリーダーは、遠く離れたタグや箱の中に入ったままのタグをまとめてスキャンできるため、作業効率が高いのが特徴です。RFIDリーダーには、「セパレート型」「ライドオン型」「モバイル搭載型」「デスクトップ型」「固定型」の5種類の製品があります。それぞれメリットやデメリットがあるため、作業内容に合わせてリーダーのタイプを選びましょう。

その他のコラム

RFIDの導入ステップは?特徴、価格、メリット、問題点まで解説

RFIDの導入ステップは?特徴、価格、メリット、問題点まで解説

詳しく見る

製造業のデータ活用事例15選!他社事例から学ぶ成功のポイント

製造業のデータ活用事例15選!他社事例から学ぶ成功のポイント

詳しく見る

工場の生産ライン自動化における課題とは?基礎知識から成功のポイントまで解説!

工場の生産ライン自動化における課題とは?基礎知識から成功のポイントまで解説!

詳しく見る

物流の効率化に対する取り組みについて解説!業界全体での取り組みや自社でできる方法も紹介

物流の効率化に対する取り組みについて解説!業界全体での取り組みや自社でできる方法も紹介

詳しく見る

HACCPとは?衛生管理計画の記録簿の書き方は?一般衛生管理チェックリスト・手順書・様式を解説!

HACCPとは?衛生管理計画の記録簿の書き方は?一般衛生管理チェックリスト・手順書・様式を解説!

詳しく見る

~SERVICE~ 関連サービスの御紹介

  • モノならなんでも追跡システム【なんつい】
  • IoT/M2Mプラットフォーム【UPR OCEAN】

サービス一覧

IoT/ICTのお問い合わせはこちら

物流IoT、HACCP対応システム、温湿度管理やコインパーキング等の遠隔監視など
豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決します
ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

IoT/ICTのお問い合わせはこちら

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

ご導入の流れ

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > RFIDリーダーとは?機能と特徴をタイプ別に徹底解説!

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > > IoTソリューション > IoTコラム >