コラム
IoTソリューション

COLUMN

   

食品製造業がIoTを導入するメリットとは?

食品製造業がIoTを導入する
メリットとは?

食品製造業がIoTを導入するメリットとは?

食品製造業がIoTを導入する2つのメリット

食品製造業では、大企業だけでなく、中小企業もIoTを導入する事例が増えています。IoTを導入することで、食品製造業が抱える2つの課題を解決可能です。

作業の安全性を高め、労災の減少につながる

ほかの業種と比較して、食品製造業は労災発生件数が非常に多い業種です。厚生労働省の調べによると、令和元年度(2018年)に発生した死傷災害26,873件のうち、食料品製造業で発生したものは、全体の約29.6%にあたる7,963件です。2位の金属製品製造業(4,186件)と比べても、2倍近い発生件数です。[注1]

製造業全体の死傷災害の原因で、とくに多いのが「はさまれ・巻き込まれ(6,959件)」「転倒(5,070件)」「高温・低温物との接触(911件)」です。[注1]

製造ラインで働く労働者を守るには、危険な作業をなるべく自動化し、IoTに代替させることが大切です。食品製造業のIoTは、冷蔵室での温湿度管理の自動化や、設備稼働状況の自動監視など、労災につながる可能性のあるさまざまな業務を自動化できます。

[注1]厚生労働省:平成31年/令和元年労働災害発生状況の分析等[pdf]

生産性を高め、人手不足を解消できる

食品製造業のもう1つの課題は、少子高齢化による人手不足です。

2021年6月に完全義務化されるHACCPへの対応など、生産現場の業務負担がますます重くなるなかで、食品製造業は現場の業務効率化に取り組む必要があります。

生産現場にIoTを導入すれば、従来は人手で行っていた業務をIoTに代替させ、現場の業務負担を軽減することが可能です。製造ラインの監視など、すでに多くの食品工場でIoTの導入が進んでいます。

 

食品製造業におけるIoTの導入事例

システムの導入
食品工場のさまざまな作業工程で、IoTシステムの導入が進んでいます。ここでは、「原材料の発注」「原材料の受け入れ」「製造」の3つの作業工程を取り上げ、IoTの導入によって食品製造業がどう変わったかを事例付きで解説します。

原材料の発注:AI-OCRの導入により、手書き帳票をペーパーレス化

食品製造業では、原材料の発注の際、相手先が帳票の電子化に対応しておらず、まだ手書き帳票を使うケースが少なくありません。

しかし、書類の管理・仕分けを行う際、紙の帳票のままだと手間も時間もかかります。そこで、人工知能を活用し、読み取った文字をデータ化する「AI-OCR」の導入により、課題を解決した事例があります。

AI-OCRで発注の際の手書き帳票を読み取り、データに変換することで、書類の管理・仕分けのペーパーレス化が実現可能です。AIの学習機能により、使えば使うほど読み取り精度が向上するため、読みづらい手書き帳票もデータ化できるようになります。

原材料の受け入れ:在庫管理システムにより、フリーロケーションを実現

フリーロケーションとは、原材料の受け入れの際、倉庫や保管施設の空いた場所に商品を置いていく在庫管理方法です。

倉庫のレイアウトを変更する必要がなく、収納効率が高まる一方で、フリーロケーションには商品の位置がわかりづらくなるという欠点がありました。

しかし、在庫管理システムを導入し、商品の位置や保管状況を一元管理することで、フリーロケーションの欠点を克服可能です。

現場の作業員が行うのは、ハンディターミナルでバーコードを読み取るだけ。これまで、原材料の受け入れや、入出庫にともなうロケーション管理にかかっていた手間を軽減し、在庫管理の生産性向上を実現します。

製造:画像処理システムにより、アナログメーターも自動読み取り

食品工場によっては、製造ラインの温度・湿度の計測に、まだアナログメーターを使うケースが少なくありません。
アナログメーターで温度管理を行う場合、目視で1つひとつ確認・記録する必要があり、現場の業務負担が増加します。

しかし、工場施設内のアナログメーターをすべて交換するとなると、一定の設備投資が必要です。
既存の工場施設を変更しなくても、アナログメーターを読み取る画像処理システムを導入することで、温度管理を効率化できます。

ネットワークカメラを工場内に設置すれば、アナログメーターの画像をシステム上で読み取り、数値データ化できます。これまで人力で行っていた巡回業務をなくし、IoTシステム上で一元管理できるため、現場の業務負担の軽減が期待できます。

IoT/ICTのお問い合わせはこちら

物流IoT、HACCP対応システム、温湿度管理やコインパーキング等の遠隔監視など
豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決します
ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

IoT/ICTのお問い合わせはこちら

衛生管理システム「UPR HACCP」でHACCP対応を

uprが提供するHACCP対応パッケージ「UPR HACCP」は高額な初期投資を必要とせず、身近なパソコン・スマホ・タブレットを使って簡単にできる衛生管理システムです。
UPR HACCP:https://www.upr-net.co.jp/iot/service/haccp.html

システム導入で簡単に衛生管理・データを記録

・一般衛生管理に必要なチェック項目を記載した標準テンプレート搭載!
・PC、スマホ、タブレットから簡単に衛生管理対応をスタートすることができます。

現場の作業負担も軽減

・少ない操作で日々のチェック状況をクラウド保存!
・チェック漏れや設定した温度ルールからの逸脱があればアラートメールを飛ばします。

冷蔵・冷凍庫の温度も自動記録

IoTデバイスで温度管理を自動化することでチェック作業の省力化が実現!・通信機器やキャリアの通信サービスもワンストップでご提供可能!面倒なく導入いただけます。

 

生産現場の課題を解決するため、食品製造業はIoTの導入が必要

食品製造業は、製造業のなかでも顕著に多い労災の発生件数や、少子高齢化にともなう人手不足など、さまざまな課題を抱えています。

生産現場へのIoTシステムの導入により、労働者の安全を確保し、業務効率化を実現することが大切です。すでに食品製造業では「原材料の発注」「原材料の受け入れ」「製造」といった作業工程で、IoTシステムの導入が進んでいます。

たとえば、在庫管理システムによるフリーロケーションの実現や、食品の温度・湿度の自動監視など、IoTシステムの導入により、生産現場の生産性を大きく高めることが可能です。生産現場の課題にお悩みの場合は、IoTシステムの導入を検討しましょう。

その他のコラム

HACCPの読み方や正式名称について

HACCPの読み方や正式名称について

詳しく見る

HACCP義務化の罰則について

HACCP義務化の罰則について

詳しく見る

HACCPのCCPとは?

HACCPのCCPとは?

詳しく見る

温度管理とは 食品衛生管理における重要性を解説

温度管理とは 食品衛生管理における重要性を解説

詳しく見る

HACCP(ハサップ)義務化を徹底解説

HACCP(ハサップ)義務化を徹底解説

詳しく見る

~SERVICE~ 関連サービスの御紹介

  • モノならなんでも追跡システム【なんつい】
  • IoT/M2Mプラットフォーム【UPR OCEAN】

サービス一覧

IoT/ICTのお問い合わせはこちら

物流IoT、HACCP対応システム、温湿度管理やコインパーキング等の遠隔監視など
豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決します
ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

IoT/ICTのお問い合わせはこちら

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

ご導入の流れ

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > IoTソリューション > IoTコラム > 食品製造業がIoTを導入するメリットとは?