アシスト
スーツ
MENU

アシストスーツ導入事例

CASE STUDY

大高建設株式会社

導入商品
アシストスーツ

5年間のアシストスーツ検討の末に、サポートジャケット Ep+ROBOで腰の負担軽減に成功

大高建設株式会社

作業者の高齢化や、25キロのセメント袋運搬作業における腰の負担が課題。長期間の比較検討の末にサポートジャケット Ep+ROBOを導入。

大高建設株式会社
課題
  1. 建設業界で高齢化が進んでいる中で、ベテラン技術者から若手技術者や外国人技能実習生に技術継承する必要がある
  2. トンネルで25kgのセメント袋を運搬する作業があり、腰が痛くなることが多い
  3. 今回の建設現場でのセメント運搬作業の担当は2名のみ。2週間~1か月ほどの作業になり身体的負担が大きい
  4. 新しい技術を活用することで、建設業のイメージである3K(きつい・汚い・危険)を一新し、若者たちに「魅力ある建設業」をアピールしたい
導入効果
  • 腰が断然楽になった
  • 作業後の痛みや疲れがかなり軽減された
  • アシストスーツ自体が軽く、着心地が良いため装着時の違和感もなく、長時間の作業でも暑さや負担を感じなかった。

お客様の声

その他事例

サントリーロジスティクス株式会社

働き方改革で労働者の確保

サントリーロジスティクス株式会社 様

  • 業種: 飲料メーカーグループの物流企業
詳しく見る

さわらびグループ

介助時の身体への負担軽減のためにアシストスーツを導入!

さわらびグループ 様

  • 業種: 医療・介護
詳しく見る

農事組合法人岩木営農

ベテラン社員の体の負担軽減のためにサポートジャケット導入

農事組合法人岩木営農 様

  • 業種: 農業法人
詳しく見る

アシストスーツ導入事例


物流や製造業の作業現場だけではなく介護や農業などあらゆるシーンで活躍

CONTACT

本製品に関するお問い合わせ

ユーピーアール株式会社が提案する腰負担を軽減するアシストスーツについて
まずはお気軽にお問い合わせください。