物流コラム

INFORMATION

物流倉庫とは サービス内容やメリットを紹介|【物流用語】 物流倉庫とは、さまざまな貨物を保管し、必要なモノを必要な時期に出荷する役割を持つ建物です。

詳しく見る

リーファーコンテナの特徴・種類・用途【物流用語】 リーファーコンテナ(Reefer Container)とは、コンテナ内部に備え付けられた冷却装置により、内部の温度調整を可能とするコンテナです。

詳しく見る

入荷とは 【物流用語】 「入荷」とは、荷物が他の出荷元から受け入れ側の物流施設などの敷地に到着することを指します。

詳しく見る

倉庫業について解説 【物流用語】 倉庫業とは「寄託を受けた荷物を倉庫で保管する」営業形態」を指します。

詳しく見る

クロスボーダーとは【物流用語】 クロスボーダーとは国際間の取引や国際間輸送のことを指します。

詳しく見る

FAZ(foreign access zone)について解説【物流用語】 FAZとは「foreign access zone」の略称で日本では輸入促進地域と呼ばれています。

詳しく見る

ウィング車とは?種類やメリット・デメリットを解説【物流用語】 ウイング車とは、バン型車の荷室側面から天井部分まで一体的に跳ね上げて、側面から積み下ろしを容易にする方式のトラックです。

詳しく見る

リーチ式フォークリフトとカウンター式フォークリフトの違いは? フォークリフトは荷物やパレットを載せて移動させたり、パレットの荷姿のまま上段に重ねて保管するために使われる荷役機械です。

詳しく見る

RORO船とは?特徴やメリット・デメリットを解説【物流用語】 RORO船とは、トラックが自走で船に乗り込み、貨物をトラックやトレーラーに積載したままの状態をはじめ、フォークリフトを用いて岸壁から船舶、船舶から岸壁に積み下ろしを行い、車両をそのまま運搬できる貨物用の船舶を指します。

詳しく見る

検品の重要性とは?企業が抱える検品の問題点と対策方法を紹介 検品とは、主に納品された商品を入庫する際、商品の品質・数量・性能・規格などが発注時の取り決めを満たしているかを確認する作業です。

詳しく見る

CtoCとは?BtoBとの違いや市場規模について CtoC(Consumer to Consumer)とは、日本語で「個人間取引」といい、サービスやプラットフォームを通じ、消費者(Consumer)から消費者(Consumer)へモノやサービスを販売するビジネスモデルを意味します。

詳しく見る

トランジットとは?【物流用語】 トランジットとは、出発した空港から中継空港を経て引き続き仕向地の空港に向かう貨物ことをいいます。

詳しく見る