お知らせ
アシストスーツコラム

INFORMATION

アシストスーツ購入後のよくある間違い!アシストスーツの効果を最大にする方法

お知らせ
アシストスーツコラム
2022/3/4 | アシストスーツ購入後のよくある間違い!アシストスーツの効果を最大にする方法

アシストスーツ購入後のよくある間違い

アシストスーツが普及してきている昨今、ご利用いただいている方々から様々なご感想をいただいております。
その中でよくお聞きするご感想として「利用してみたけど、効果がある人とない人がいる」「思ったより腰が楽にならない」といったようなものがあります。一方でたくさんのご利用者様から「テキメンに効果があった」「腰が楽になった」「腰の痛みを翌日に引きずらなくなった」といったご感想も多くいただきます。
どうしてこのような違いがでたのでしょうか?それは、アシストスーツをご購入いただいた後によくある間違いに陥っていることが考えられます。

アシストスーツの効果を最大にする秘訣は着用方法にあり

アシストスーツには無動力タイプのアシストスーツがあります。どのタイプであっても、間違った位置に装着してしまうと、効果を感じにくいという点があります。
そのため、アシストスーツの効果を最大限に引き出すためには、正しい着用方法で装着することが重要になります。せっかくご購入いただいたアシストスーツを最大限活用できるようにぜひ正しい着用方法で装着していただきたいと思います。

アシストスーツの着用方法【よくある間違い】

以下では、過去にご利用いただいた方からお聞きした、着用時に「よくある間違い」をご紹介いたします。みなさまはいかがでしょうか。

【よくある間違い】①-腰ベルトをお腹に巻いてしまう
当社の無動力タイプのアシストスーツSUPPORT JACKET Bb+シリーズには膝ベルト、腰ベルト、肩ベルトがあります。膝ベルトは膝の皿の上下辺り、肩ベルトは肩に、といった形で直感的にご認識いただいているようですが腰ベルトだけは、なぜか直感的にお腹周りに巻いてしまう方が非常に多いようです。
ですが、当社のSUPPORT JACKET Bb+シリーズは、腹圧を上げるためには腰ベルトを「骨盤」に巻くことが重要になります。具体的にはズボンのベルトの少し下くらいの位置です。体形によっては腰ベルトがクロス型(×型)になってしまうこともありますが問題ありません。腰ベルトは骨盤に巻きましょう!
wear_point_1awear_point_1b

【よくある間違い】②-各部のベルトを締めすぎてしまう
アシストスーツをご利用いただくにあたって、身に着けるときに各部のベルトを作業に応じて締める必要があります。よくある間違いとして、この時に各部のベルトを「締めすぎ」てしまうことがあります。やはり直感的に「締めれば締めるほど良いだろう」と考えられて、つい締めすぎてしまうといったようなことがあるようです。

アシストスーツは体の各部にサポート力を正しく伝達することが重要ではありますが、ベルトを締めすぎてしまうと動きづらくなるなど、かえって負荷になることもあります。肩ベルトは指2本分入るくらい、マッスルベルトは若干余裕があるくらいほどほどに締めましょう。
wear_point_2awear_point_2b

参考動画

体験会のご案内

ユーピーアールではWEBにて毎週体験会を実施しております。当社SUPPORT JACKET Bb+シリーズをご利用中の皆様でも体験会に参加していただき正しい着用方法をレクチャーすることも可能でございます。「アシストスーツを導入したものの着てくれない人がいる」「アシストスーツを上手く使いこなせない」といった悩みを抱えている方は是非お申し込みください。
webtaikenkai5-scaled

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまでお読みいただき、心当たりがある場合は、ぜひ各ポイントを思い出しつつ、再度正しく装着してみてください。いままでよりさらに体の負担を軽減できるかもしれません。
無動力タイプのアシストスーツは安価である点も大きな魅力の一つではありますが、せっかくご購入いただいた資産を活用しないのはもったいないですよね。当社SUPPORT JACKET Bb+シリーズはいろいろな業界、利用シーンで導入頂き、ご好評を頂いています。ぜひ皆様の現場やご利用シーンでも効果を実感していただきたいと思っております。
ユーピーアールはアシストスーツで様々な現場の方の労働環境を改善するために日々研究しております。皆様のお悩みに関しても是非ご意見をお聞かせください!ご意見はこちらpas_info@upr-net.co.jp

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > アシストスーツ購入後のよくある間違い!アシストスーツの効果を最大にする方法