アシスト
スーツ
MENU

マッスルスーツEvery

マッスルスーツEvery

人工筋肉をバネとして使い作業を補助

特徴

  • 人工筋肉を空気式バネとして使用
  • 腰の角度がバネの範囲内で有効
  • 手動ポンプで空気注入、調整可能
  • 一定姿勢維持に効果大
  • 補助力は最大25.5kg

価格

販売価格 149,600円(税込)
レンタル価格 33,000円(月・税込)

マッスルスーツEveryのタイプ

●ソフトフィット
太ももと腿パットの間に余裕があるため、歩く時に邪魔にならずスムーズです。
35度以上屈む姿勢になった際に補助力が作用するので、雪かきや農場での収穫作業等に向いています。
また、歩きやすいタイプのため、重いものを持ち運ぶ現場での使用もおすすめです。

●タイトフィット
ソフトフィットと比較し、軽く屈んだ状態でも補助力が働きます。
太ももと腿パットの間に隙間がなく密着するので、介護での排泄介助や移乗介助など、中腰姿勢を維持する作業にぴったりです。
重いものを上げ下げする際にも活用いただけます。
※重いものを持ったまま移動する作業にはおすすめしません。

※弊社では両タイプの販売を行っています。(レンタルはタイトフィットのみ可能)

仕様

製品名称 マッスルスーツ Power マッスルスーツ Every
マッスルスーツ Power マッスルスーツ Every
販売価格 149,600円(税込)
レンタル価格 x 33,000円(月・税込)
サイズ S-Mサイズ、M-Lサイズ S-Mサイズ、M-Lサイズ
本体寸法高さ×幅×奥行 S-Mサイズ:

810㎜×450㎜×200㎜

M-Lサイズ:

900㎜×500㎜×220㎜

S-Mサイズ:

805㎜×465㎜×170㎜

M-Lサイズ:

840㎜×465㎜×170㎜

本体重量(※1) 6.6㎏ 3.8㎏
駆動源 圧縮空気 圧縮空気
アクチュエータ McKibben型人工筋肉 4本 McKibben型人工筋肉 2本
圧縮空気供給源 0.8MPa(※2) 手動式空気入れ 手動式空気入れ
補助力 最大35.7kgf(140Nm) 最大25.5kgf(100Nm)
補助部位
使用環境温度 5℃~35℃ -30℃~50℃
適用身長(推奨) S-Mサイズ:

150cm~165cm

M-Lサイズ:

160cm~185cm

S-Mサイズ:

150cm~165cm

M-Lサイズ:

160cm~185cm

インタフェース 呼気スイッチ
サウンドレベル(※3) 70dBA未満

(※1)カバーを含まない。
(※2)コンプレッサーによる外部供給時。本体駆動圧力は0.5MPaだが、スムーズな動作を実現するために0.8MPaを推奨。
外部供給される空気の吸排気をコントロールする電磁弁稼動用のモバイルバッテリーを利用。
(※3)コンプレッサー稼働時。

【マッスルスーツEveryの装着方法】

  • ①マッスルスーツを背負います
  • ②肩ベルトのアジャスタを引っ張り、腰ベルトが腰の高さにくるように調整します
  • ③腰ベルトをしめ、左右のアジャスタを引っ張り、しっかりと締めます
  • ④お尻ベルトを引き上げます
  • ⑤ももパッドを前にまわし、ももに当たるようにしてください
  • ⑥左側にあるポンプを取り出し、30~45回程度空気を入れ、補助力の具合を調整します
    (空気は排気弁から抜くことができます)
  • ⑦背中とジャケットの間を調整します。こぶしが一つ入る程度余裕を持たせてください
  • ⑧胸のベルトを締める
  • ⑨完了!

※かがんだ姿勢でご利用いただく方は、⑥以降はかがんだ姿勢でご調整ください

よくある質問

導入効果はどのようなものがありますか?
空気圧を利用した人工筋肉が収縮することで、腿パッドを押し、物を上げ下げする際の腰負担を軽減します。
エアーコンプレッサーは使用時必要ですか?
エアーコンプレッサーは必要ございません。
付属の手動空気入れで数十回ポンピングすることで、空気を入れることで使用できます。
どのくらい空気を入れる必要がありますか?
製品左側にあるポンプで、30~45回程度空気を入れてください。
空気圧が0.5MPa以上になると、安全弁より空気が抜けるようになっていますので、空気の入れすぎで製品が破損する心配はございません。
空気を入れたらどのくらい持続しますか?
注入量によって変動しますが、数時間はご使用いただけます。
補助力が弱くなった場合は、必要に応じてまたポンピングして空気を補充してください。

その他不明点がございましたら、以下のよくあるご質問よりご確認ください。

よくある質問

CONTACT

本製品に関するお問い合わせ

ユーピーアール株式会社が提案する腰負担を軽減するアシストスーツについて
まずはお気軽にお問い合わせください。