アクティブRFIDで医療現場に
おける医療機器や医療備品の所在管理

医療現場における
医療機器や医療備品の
所在管理

アクティブRFIDで医療現場における医療機器や医療備品の所在管理

病院で利用されている医療機器を目視不要で所在管理可能! ユーピーアールのアクティブRFIDで機器の所在がリアルタイムで掌握できます。

課題

多くの大規模病院では、多数の医療機器や医療備品を使用しておりますが使用後に
複数棟・複数フロアへ散在してしまっています。

 

そのため
・必要な時に見つからない為、関係者が大勢で探すことがある
・所在管理ができてないので、適正数以上の備品を在庫してしまっている
・棚卸にかなりの時間がかかっている
・稼働率の低い機器を把握できなかったため、不使用機器がフロアを占有している

などといった問題があります。

 

効果

医療機器や医療備品にアクティブRFIDを取り付けることで、どのフロアのどのエリアにあるかが一目で把握できるようになります。
また、振動センサによりどれくらい利用されていないかも一覧で確認できるようになります。

 

それにより
・必要な時に見つからない為に探していた時間は無くなる
・効率的な運用により、医療機器の適正台数の維持が可能になる
・所在管理ができるようになり、戻し忘れが発生しているか確認できる
・目視や近距離にてバーコードスキャンする等の実地棚卸の必要がなく、システム上で実在庫数が自動で分かり、履歴確認もできる

 

上記のように、機器・備品管理のお悩みを解決することができます。

お気軽にお問い合わせ下さい

製品についてのお問い合わせはこちら

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > アクティブRFIDで医療現場における医療機器や医療備品の所在管理