アクティブRFIDで空港手荷物カートの
偏在管理・回収業務効率化

アクティブRFIDで
空港手荷物カートの
偏在管理・回収業務効率化

アクティブRFIDで空港手荷物カートの偏在管理・回収業務効率化

"空港で利用されている手荷物カートがどこのカート置き場に何台置かれているかが一目で確認可能! ユーピーアールのアクティブRFIDで手荷物カート回収業務の工数を大幅削減します。"

課題

空港では、空港利用者が手荷物カートを自由に利用できるようになっているので常に適正なカート数をそれぞれのカート置き場に配置させるのが困難です。

そのため
・カート数量が偏るのを避けるために、百数十か所あるカート置き場を頻繁に確認して回る必要がある
・カート回収・移動業務を行う為に相当数のスタッフが常に確保されている
・空港カートの稼働率も分からないため、長く使われず放置されているカートがある
・個々の修復履歴や製造日を把握できない
・カート置き場のカートが不足していても、巡回するまで気づかず利用者に迷惑を掛けてしまう

などといった問題があります。

効果

uprのアクティブRFIDをカートに取り付けることによって、
カート置き場に何台ずつあるのかリアルタイムで分かります。

 

それにより
・各カート置き場に何台あるのかが分かるため回収作業の効率化を実現でき、人的工数の削減に役立つ
・GPSでは取りづらい屋内での位置情報をアクティブRFIDでは取得できるので空港内や駐車場でもカートの所在管理に有効
・振動センサ内蔵により動きが把握できるためカート稼働率の監視ができる
・修理や購入日もタグごとに入力可能、個体ごとに管理できる
・タグの電池寿命は長期間に渡るので、充電や電池取替が不要

上記のように、空港カート管理のお悩みを解決することができます。

お気軽にお問い合わせ下さい

製品についてのお問い合わせはこちら

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > アクティブRFIDで空港手荷物カートの偏在管理・回収業務効率化