新着情報

MR.スミスのIoTコラム 大型連休にIoTのおさらいを!

  • 2016年04月28日

MR.スミスのIoTコラム 大型連休にIoTのおさらいを! アメリカーーーン!!!

ゴールデンウィークがいよいよ目前に迫ってきたね!5月2日と6日の平日をどうにかすれば、10連休だよっていうラッキーな人もいるんじゃないかな?イエス!スミスはもちろん10連休さ!そろそろ着ぐるみ着てると汗ばむ季節になってきたから、しっかり陰干ししてメンテしとかないとレディが寄り付かなくなっちゃうんだ。Hahaha!おっと誰だい?メンテしても寄り付かないだろうなんて言ってる奴は!(upr注:……。)

そんな大型連休だけど、みんな一斉に休んじゃうもんだから、どこに行っても人・人・人で余計に疲れちゃうよね。そんな時は、家でどっぷりIoTの世界に浸ってみるのもいいんじゃないかな?

—————————————————————–
IoT にどっぷりはまるGWのおすすめ
—————————————————————–

というわけで、スミスから読者のみんなに宿題を3つ出してあげよう。連休中に是非じっくり取り組んでみて欲しいな。

1.  まずは改めてIoTのことを知るためのおすすめ読書3冊
   『2時間でわかる図解「IoT」ビジネス入門』小泉耕二 著
   『IoTとは何か 技術革新から社会革新へ』坂村健 著
   『シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法』サリム・イスマイル 他著

2.  みんな大好きTED
   情報源:The top 5 TED Talks on the Internet of Things

3.  自作IoTキット
   情報源:Raspberry Pi 2を使った自作IoT体験キット「KURO-IOTEXP/KIT」(玄人志向)

いやー、そんな時間ないぜっていう人、読書だけでも取り組んで欲しいな。どれか一冊だけでもいい。スミスの独断でそれぞれ簡単に紹介するから参考にしてくれよな。


■まずはオススメ読書3冊から

『2時間でわかる図解「IoT」ビジネス入門』小泉耕二 著

最近飛ぶ鳥を落とす勢いで読者数を伸ばしている、IoT News 代表の小泉氏によるIoT解説本。IoTを改めてちゃんと知りたい、入門書を探してるんだけど、今さら人に聞けないよなぁ、改めてIoTと自分の身の回りのビジネスがどう繋がっているのか整理したい!という方なんかにオススメ。技術先行になりがちなIoT本の中で、きちんとIoTビジネスや事例などに焦点を当てて丁寧に解説しているから、IoTの概要を俯瞰的に掴むには最適な一冊と言えるね。
ちなみに著者の小泉氏はイケメン好青年で、いかにも高級外国産車に乗ってそうな風貌なんだけど、実際は色々苦労しながらこのニュースサイトを運営してるんだ!だからみんなで応援しようぜ!


『IoTとは何か 技術革新から社会革新へ』坂村健 著

30年に渡り、IoTの概念を提唱し続けてきた坂村健氏による、IoT解説本の決定版といってもいいかな。新書版でとても読みやすいし、これまでの「モノが繋がる」という歴史も俯瞰できて、IoTの過去から今までを理解するのにとても参考になる一冊。是非読んで欲しいな。スミス的に目からウロコが落ちたのは、欧米と日本のIoTの進み具合の違いの背景にある理由。ネタバレになるから詳しくは書かないけど、なるほど言われてみれば確かに日本のIoTの進み具合が遅いのは、そういう理由ですっきり説明ができるなと思ったよ。
著者の専門性から、IoTへのアプローチはどちらかというと組み込みサイドからになっているけど、データアナリティクスや機械学習、ビッグデータなど上位側からのIoTへのアプローチが主流になりつつある中で、非常に地に足の着いた現実的なIoT解説本だと思うね。


『シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法』サリム・イスマイル 他著

良書。しかし邦題がよろしくないね。原題は「Exponential Organizations(飛躍的に成長する組織)」となっているんだ。つまり、これまで指数関数的に飛躍的な成長を見せてきた企業のケースを分析し、そこからどうすれば自社を成長軌道に乗せられるかを研究する内容になっている。邦題は何か妙な自己啓発本のようになっていて、ちょっとイマイチな印象だけど、中身はとても参考になるものだ。特にIoTだけに絞って書かれているわけではなく、近年急激に成長を遂げている Uber や Air BnB、そして大御所の Google フェイスブックなどに共通する項目を上げて、世界で今どういうことが起きているのか、丁寧に事実を紹介してくれているんだ。IoTを考える上でもきっと役に立つと思う。みんなのIoTに対する視野を広げてくれる良書だよ、これは。


■お次はTEDから

みんな、TEDは知ってるよね?その道の第一線の人がスピーカーとして招待され、みんなの前で15分程度のプレゼンを行う。一流の人の体験や経験がギュッと凝縮された話が聞けるなんて、ワンダホー!
そのTEDにもIoTの波が確実に押し寄せている。リンク先にはTEDのIoTに関するプレゼンのトップ5を集めたもの。全て英語だけど、IoTのおさらいをするついでに英語の勉強までできちゃうから、まさに一石二鳥だよね!それぞれは20分弱と短いものだから、是非聞いてみて欲しい。


■最後は自分で作るIoT

本を読んで、第一線の人達の話を聞いたら、やっぱり実際に自分で体験してみないとね、IoT。ここでは「玄人志向」の体験キットを紹介しているけど、探せば他にも色々あるから、是非検索してみて欲しい。基本的にはラズパイを利用して、スマホによる遠隔操作で自宅のPCを起動するといったような事が可能になるんだ。キットには温湿度センサーも同梱されているから、工夫次第では面白いこともできそうだよね。アプリには IFTTTblynk といったフリーで使える仕組みが利用できるようになっているぞ。
例えば、温湿度センサーの値をIFTTTで拾って、「(IF)もしPCの温度が○○度以上になったら」「(Then action)スマホにプッシュ通知する」といったような、シンプルなアラームなんかも自作できちゃうんだ。Cooool!!
オープンであってこそIoTだと言えるとスミスは思っているから、こういう汎用的な仕組みで色々できるというのは素晴らしいね!
実際に手を動かしてIoTの仕組みを体験すれば、一気に理解も深まるんじゃないかな。もちろんここでできることは限られたことだけど、原則的には同じことだよね。センサーで拾った値をクラウドに集めて、何らかの処理をして適切なアクションに繋げるというのが、IoTの骨格部分だからね。


読書に工作、TEDの鑑賞。GWだからってオチオチ休んでられないぜ!

じゃあ今日はこの辺で!
アメリカーーーン!!!

一覧へ戻る