お問い合わせ
LOGISTICS IoT SOLUTION
物流IoTソリューション
【IoT活用事例】IoTモニタリングによる防災対策

【IoT活用事例】
IoTモニタリングによる
防災対策

防災・減災対策の必要性が叫ばれる現在。従来の取り組みのみでは、その実現は難しいと言わざるを得ません。こうした状況に最適なソリューションとして、当社はIoTモニタリングによる防災対策をご提案いたします。

イメージ画像

想定される課題

近年、災害の発生は前例では予想出来ない様なものが頻発するようになっております。各地で起こる大規模な地震災害だけでなくゲリラ豪雨や集中豪雨、台風などから発生する風水被害が非常に多くなってきました。


風水被災によって引き起こされる、洪水、河川の氾濫、土砂崩れなどは、市民が直接的にダメージを被る災害です。そういった災害が増えるということは自治体の防災対策への責任というのは重くなっていく傾向にあります。

自治体における災害・防災対策の要は、災害状況・地域の確認とその共有です。ただし、一言に災害状況・地域の確認とその共有、といってもそれは容易ではありません。避難警報を出すようなところに、自治体職員が実際に現場に赴き確認した災害関連のデータを紙の地図に落とし込んでいき、リアルタイムで自治体のホームページに随時手動で災害情報として更新していく――災害・防災対策は、こうした非常に危険かつ手間のかかることを、自治体職員が担わなければならない運用になってしまいます。

そこで災害状況の確認と共有を簡単に行うことができるIoTソリューションの必要性がでてくるのです。

課題への取り組み

IoTソリューションの高価を最大化するためには、事前の準備が必要です。ここでポイントになるのは住民と自治体・防災関係機関の職員の意識と訓練です。住民に対しては、避難情報がどのように周知されるのかを知ってもらい、かつ被災時にどのような対応をすればいいのかを伝えます。

次に自治体・防災関係機関の職員に対しては、災害対応時の訓練を実施しましょう。加えて、避難所や備蓄品管理がスムーズに行えるような環境整備も必要です。


前述したとおり、災害時の情報収集を自治体職員のみで行うのは限界があります。とくに、災害発生直後は、災害対策室に十分な情報が入ってこない可能性も考えられるでしょう。また、アナログな情報共有手段のみでは、被害全体把握に時間がかかりすぎてしまうかもしれません。

IoTソリューションの導入は、こうした情報収集における課題解決にも役立ちます。詳細については後述しますが、IoTモニタリングによって正確かつスピーディな情報収集が実現し、減災につながります。


何とか情報が収集できたとしても、その整理には多大な労力と時間がかかります。避難者や救援物資がどこにどれだけあるのか?を把握するには、電話等を使ったアナログな情報共有手段では不十分です。

IoTソリューションによって持ち込まれたデータはクラウド上に記録されます。かつ、プラットフォームによって情報の分析が行われるため、しっかりと整えられた情報を、インターネットを通じて共有できるのが大きなメリットです。


災害対策室のみで情報が留まってしまっては、被災された住民に対しての十分なケアができているとは言えません。今後、どのような被災行動をすべきかなどを、住民に対して迅速かつ確実に伝達する必要があります。また、防災関連機関へ迅速に情報を伝達・結果報告することは、その後の判断をスムーズにするでしょう。

前項でも触れたとおり、IoTソリューションは情報伝達の要となるツールです。“迅速”という点はもちろんのこと、何より確実性が高いのは大きな利点です。確かな情報を、それを求める人に対して迅速に伝えられることは、防災・減災に大きく貢献するでしょう。


上記で触れた取り組みのカギとなるのは、災害情報の見える化です。防災・減災を可能な限り実現するには、準備から復旧にいたるまでの道筋をトータルかつ計画的に進めていくことが大切と言えます。

なお、IoTソリューションの導入はその一助とはなりますが、あくまで道具であることを忘れてはいけません。システムのあり方について事前に議論し、自治体内部でそれを共有すること。加えて、住民および防災関連機関と強固な連携体制をとり、エリア全体で防災・減災対策に臨むことが求められます。


システム構成・要素技術

こちらでは災害時の被害状況の確認・共有を行うためのIoTモニタリングシステムのシステム構成・要素技術について考えてみます。

イメージ画像

デバイス

ネットワーク

クラウド

予想される導入効果

先で少し触れた災害・防災対策としてIoTモニタリングシステム導入には、どのような効果が期待できるのかを詳しく見ていきましょう。

川

IoTモニタリングシステムの様な遠隔地の状況を自動で検知するようなシステムが無い場合は、自治体職員が災害地に赴き、電話や写真といった手段で本部にいる職員宛に情報を集約します。本部の職員は集約した情報を地図等に落とし込み、広域放送やホームページ上などで災害情報を発表します。
想定するだけでも莫大な自治体職員の労力と、ある程度の時間が必要になります。
IoTモニタリングシステムの導入により、災害発生時にすぐにデータと映像により、状況が把握でき情報共有はWEBアプリケーションにより自動的に行わせることもできるようになります。

河川の氾濫・沼や池の増水などを確認するために実際に災害地に行く、という手法をとっていますが危険な地域に人員を投入する、ということと同義である状況も存在します。

IoTモニタリングシステムの導入により、危険な状況かもしれない場所に実際に人が確認に行く、といった行為が無く災害状況が把握できるため自治体職員の安全を確保することが出来ます。

IoTモニタリングシステムによる災害状況の共有を迅速に行うことによって危機意識の共有もでき、正しい対策を講じることが可能になります。

水難事故や二次災害は、災害状況に対する認識の甘さや、災害状況を正しく把握していないことによって引き起こされることもあります。情報共有を恙なく行われる、ということはそういった被害を未然に防止することにもつながります。

ユーピーアールの提案・強み

ユーピーアールは、古くはユビキタス、M2M等の言葉の時代から遠隔監視・遠隔制御などのIoTソリューションのご相談を受けてきました。
そのため「IoT導入による効率化をしたいけど、どうしたら良いかわからない」といった企業様のお悩みを多数お受けしてきております。

専門性の高い内容をお伝えするのではなく、お客様の情報・技術・予算的な様々なお悩みに対してどのように解決すべきかご相談に乗ることが出来ます。

ユーピーアールの独自IoTプラットフォームである「UPR OCEAN」によってIoTシステムの構築の負担を大幅に低減できます。

IoTシステム構築の際に手間がかかる、それぞれのセンサーとシステムの接続のためのインターフェース開発、どのような機能を実装するかのアプリケーション構築等、IoTシステムの構築の際には非常に大きなコストを負担する可能性があります。
「UPR OCEAN」であれば、そういった一からのシステム構築の負荷を軽減し、作業を短縮することができます。

長年のIoTソリューション提供による、多数のパートナーと協業してまいりました。

1社の川上から川下まで全て提供する、ワンストップのIoTソリューションではデバイス開発、アプリケーション開発、システム設計など多数の役目を1社で行わなければならなくなります。
ユーピーアールでは自社で全てをご提案できるワンストップのソリューション・パッケージをご用意しながらもお客様のご要望に合わせて最適なデバイス、設備、パートナーを選び、満足度の高いシステム構築を行うことが可能です。

ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ

RELATED SERVICES