お問い合わせ
LOGISTICS IoT SOLUTION
物流IoTソリューション
パレットの位置管理におけるIoT導入事例(物流向け)

【導入事例】
物流向け在庫管理・パレットの
位置管理におけるIoT導入

IoT導入以前の課題

パレットの紛失管理・入出庫管理・棚卸に多大な労力がかかっていた

要素技術・役割分担

イメージ画像

ユーピーアール選定ポイント

IoT導入の効果

IoTを在庫管理に導入するメリットデメリット

工場や倉庫内の在庫管理にIoTを導入することは、多大なメリットをもたらすでしょう。

ハンディなどの情報から商品在庫数、ピッキング作業の状況をリアルタイムで管理することができるほか、その情報をもとにした作業員の業務効率化、発注量・タイミングの最適化も実現することが可能に。さらに、業務のクオリティや精度の向上、人材不足の解消=コスト削減と、様々な面から効果が見込めます。

とはいえ、やみくもに導入するだけでは、期待を裏切ってしまうことになりかねません。当然、導入にはコストがかかるため、まずは費用対効果を意識するのが大前提です。そのうえで、新たな仕組みを取り入れることにより生じる設備メンテナンス、それを担当する人材への教育・マニュアル作成も必要となります。また、何よりIoTの特性上、情報漏洩などのセキュリティ対策は最重要になるでしょう。

IoTを在庫管理に導入することには、メリットもデメリットもあります。ただ、前者が非常に大きいのは事実です。十分に検討する価値のあるシステムですし、体制さえ整えれば、期待以上に効果を生み出すことは難しくありません。在庫管理の効率化、最適化を考えている方には、ぜひ選択肢に入れていただきたいと思います。

ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ

RELATED SERVICES