物流コラム

INFORMATION

POSとは

パレット
物流コラム

POSとは

小売店舗のレジで、商品に貼付されたバーコードをスキャンする精算方式が主流となりました。POSシステムの普及により、商品単位で金額を打ち込むことなく、スピーディーな精算が実現しています。今や流通業界で、さまざまな業種の小売店レジで導入が進み、幅広く活用されています。

小売店舗のレジを通し、販売実績や販売商品の情報をリアルタイムに集計できる機能を持つシステムがPOS(Point of Sales)です。コンビニエンスストア、スーパーマーケットほか、さまざまな業態で導入が進み、レジに設置された専用のPOSレジを用いて、クラウド上のシステムに情報をアップすることができます。

POSレジシステムには据え置き型、タブレット端末、パソコンを使ったものなど、多様なシステムがあります。大規模チェーン店では据え置き型の「レガシーPOS」が導入される事例が増える一方で、小規模店や個人経営店には導入コストの安価な「タブレットPOS」の普及が進んでいます。

近年は大型スーパーで導入が進む「セルフレジ」機能や、居酒屋やファミリーレストランでタブレットを使った注文方式もPOSシステムの一種です。

POS導入のメリット

POSレジが普及されない時代には、「キャッシュレジスター」が主に使われていました。販売される商品金額を打鍵や印字、レジ内の計算機に金額を記録し、一定期間の売上金額を集計して印字する方式が一般的でした。

その後、さまざまな機能が進化を遂げたPOSシステムの登場で、4点のメリットを享受できるようになりました。

  • 1)作業効率化、ミス削減、スピード化などのレジの「作業性」
  • 2)過剰在庫や欠品を防ぐバックヤード「適正在庫」
  • 3)売上、商品情報などの販売データをシステム上の分析から得ることができる「販売戦略」
  • 4)ポイントカードなどの利用や顧客をセグメント化した「顧客管理」

1.作業性

レジで会計処理を行う際、作業が簡略化された結果、生産性が大幅に向上します。レジに買い物客が行列する時間帯でもスムーズな客さばきができ、打ち込みミスが削減されます。これにより、慣れないスタッフでもレジでのさまざまな機能を作業標準化ができるようになり、レジでの不正も防止でき、セキュリティ面でも強化することができます。

2.適正在庫

売れる傾向にある商品の欠品を出さない機能は、POSシステムが販売促進面で支援されます。バックヤードの商品在庫数はシステム上、本部や店内のPCからリアルタイムで確認できるため、適正数投入に貢献します。また、レジで商品バーコードのスキャン機能を活用すれば在庫数がシステム上で自動計算され、在庫数が一定数を切った場合は自動で発注データを作成され、本部の物流センターから必要な商品が店舗へ配送される機能も有効でしょう。 このようにPOSシステムで店舗での付帯業務の工数削減や棚卸精度も上げる機能を活かし、販売機会の損失や売上拡大のチャンスロスを防ぐことができます。

3.販売戦略

POSレジは小売店舗のレジと本部が情報システムで結ばれることで、売上管理のデータを蓄積できる機能を持ちます。どの商品を、いくつ、何時に、購入したのか――といった売り上げに関するデータは、同じチェーン店でも時期や立地条件によって、データが大幅に変わるケースは珍しくありません。POSレジで吸い上げた売上等のデータに基き、マーケティングで活用すれば、最適販売戦略を採用することができます。また、店舗ごとに異なる売行商品をもとにした店舗レイアウト変更などの現場改善にも役立ちます。

4.顧客管理

POSレジシステムは顧客情報を登録することで、接客やサービス向上に活かす機能を持ちます。たとえば、誕生月の割引クーポンなど、リピート率のアップにつなげられ、飲食店では顧客のアレルギー情報登録や、美容室ではカルテ作成にも活用できます。 
ポイントカードシステムもその一環です。POSレジシステムの機能を活かし、顧客をセグメント化することで、顧客にもお得な情報を配信しながら、来店促進の施策を実施することができ、売上アップにつながります。

POSシステムの仕組み

チェーン店のPOSレジシステムは、レジに接続されたネット回線を通じてサーバと通信し、データをやりとりすることができます。

1)レジでのバーコードの読取情報はサーバへ送信され、バーコードと一致する商品の価格情報などをPOS端末へ返送、価格表示やレシート発行ができます。

2)システムに商品在庫数を登録し、販売するたびにレジからサーバに対し、売上データ・販売データを送信されます。それら情報を記録することで、レジでの販売数と在庫数が紐づけられ、補充タイミングを判断することができます。

3)各店舗の売上などをPOSレジに蓄積したデータはシステムを通して売上データを分析することで商品開発等に活用できます。

UPRのレンタルパレットサービスについて

サイズはJIS11型から14型、仕様はプラスチックパレットや木製パレット、保管効率を上げるネスティングラック、カゴ車など多種多様なレンタルアイテムを取り揃えお客様の様々なニーズにお応えします。

全国13ヶ所の営業所で地域密着型のきめ細かいサービスをご提供。また、パレットの保管基地であるデポを全国170ヶ所に配備し、急な需要にも、整備された良質なパレットをご提供致します。弊社デポとご利用先が近いとレンタル時、返却時の輸送コスト削減にも繋がります。