物流コラム

INFORMATION

フォークリフトとは

パレット
物流コラム

フォークリフトとは

フォークリフトとは、トラックやラックからの荷下ろし、積み込み、収納、また荷物の運搬に幅広く用いられる産業車両。荷役機能と小回りが利く旋回性能を兼ね備え、工場や倉庫内で極めてポピュラーな、荷役・搬送機器の代名詞的存在です。

フォークリフトの特徴

日本工業規格(JIS)によると「動力を用いてフォークなどを昇降させるマスト(柱)を備えた荷役運搬機械」と規定され、運搬の際は、貨物を運ぶための2本のツメである車体前方のフォークを、貨物の下部やパレットに差し込み、動力で持ち上げます。機種により性能は異なりますが、数百kgから数tの貨物を持ち上げたまま走行でき、大量の重量物を移動させる作業などで大幅な作業時間短縮を実現します。さらに、マストを伸ばしてフォークを上昇させれば、車体高よりも高い位置にまで貨物を移動することができます。

フォークリフトの種類

フォークリフトの種類は、JISの機能形式による分類では、積載物との重量バランスをとるため車体後方にカウンタウェイトを設けた”カウンタバランスフォークリフト”、停車状態でマストまたはフォーク部が前後に移動できる”リーチフォークリフト”、車体前方に張り出したリーチレグで車体の安定性を保てる”ストラドルフォークリフト”、フォークおよびマストを車体側方に備えた”サイドフォークリフト”、荷役装置部と共に運転手を載せた運転台も移動する”オーダピッキングトラック”等、多くのバリエーションがあります。 また動力源形式による分類では、いわゆるエンジンを搭載する①内燃機関(エンジン)式と、電気モータで駆動する②蓄電池(バッテリー)式に大別され、前者は燃料種別によって、ガソリン式、ディーゼル式、液化石油ガス式等に細分化されます。

内燃機関式のフォークリフトは、高負荷の重作業にも適用可能で、燃料を補給すれば稼働時間が制限されない等の長所がある半面、エンジンの騒音と排ガスのため、密閉空間の倉庫内作業には不向きとされます。蓄電池式の特徴はその逆で、排ガスを出さないため屋内・屋外を問わず作業可能で作動音も比較的静かですが、電池残量が減ると稼働できなくなり充電には長時間を必要とする他、高負荷の作業には向きません。

今後のフォークリフトについて

倉庫等の閉鎖環境内であっても、フォークリフトを業務として操作するには、最大積載荷重に応じて「フォークリフト運転特別教育」、「フォークリフト運転技能講習」等の受講・修了が義務付けられており、また、公道を走行するためには、道路交通法に基づく車体寸法や最高速度の区分に応じた特殊自動車の運転免許が必要となります。

この他、ステアリング、走行、リフト操作などをオペレーター不在で行える、無人フォークリフトが注目を集めています。また最近では、電気モータのエネルギー源として蓄電池ではなく、水素と酸素の化学反応で発電するFCスタックを搭載した燃料電池フォークリフトも登場しています。

UPRのレンタルパレットサービスについて

サイズはJIS11型から14型、仕様はプラスチックパレットや木製パレット、保管効率を上げるネスティングラック、カゴ車など多種多様なレンタルアイテムを取り揃えお客様の様々なニーズにお応えします。

全国13ヶ所の営業所で地域密着型のきめ細かいサービスをご提供。また、パレットの保管基地であるデポを全国170ヶ所に配備し、急な需要にも、整備された良質なパレットをご提供致します。弊社デポとご利用先が近いとレンタル時、返却時の輸送コスト削減にも繋がります。